ジェシカ・マルコス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ジェシカ・マルコス
基本情報
通称 La Leona
El Bombón Asesino
階級 スーパーバンタム級
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
誕生日 (1986-03-05) 1986年3月5日(31歳)
出身地 メンドーサ州サン・マルティン
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 28
勝ち 26
KO勝ち 9
引き分け 2
テンプレートを表示

ジェシカ・パトリシア・マルコス(Yesica Patricia Marcos、1986年3月5日 - )は、アルゼンチン女子プロボクサーメンドーサ州サン・マルティン出身。第5代WBA女子世界スーパーバンタム級王者。第3代WBO女子世界スーパーバンタム級王者。

来歴[編集]

2008年9月5日、クリスティーナ・パチェコ戦でデビューし、判定勝利。

2009年3月14日、アドリアナ・ヘレーラとの南米女子スーパーバンタム級王座決定戦に挑み、9回TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2009年8月20日、イボンヌ・アナイ・コルドバと対戦し引き分けに終わった。

2009年10月2日、マリッサ・ジョアンナ・ポルティージョに判定で勝利し空位のアルゼンチン王座獲得に成功した。

2009年12月18日、ベティナ・カブリエラ・ガリーノとのWBAフェデラテン女子スーパーバンタム級王座決定戦に挑み、判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2010年4月9日、シモーネ・ダ・シルヴァ・ドゥアルテとWBA女子世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦を行い、3-0の判定勝ちを収め王座を獲得した。

2011年、WBA女子世界スーパーバンタム級暫定王座を返上。

2011年10月8日、WBA女子世界スーパーバンタム級暫定王座並びにWBO女子世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦でシモーネ・ダ・シルヴァ・ドゥアルテと対戦し、シモーネの5回1秒棄権によるTKO勝ちを収めWBA暫定王座返り咲き、WBO暫定王座獲得に成功した。

2012年3月16日、アナ・フラトンと王座統一戦を行い、3-0の判定勝ちを収め王座統一に成功した(記録上は暫定王座の初防衛)。

2012年10月6日、ジャッキー・ナバ休養王座認定に伴い空位となったWBA女子世界スーパーバンタム級正規王座決定戦でダイアナ・コルデロと対戦し、6回17秒TKO勝ちを収めWBA女子正規王座に認定。WBO女子王座は2度目の防衛に成功した。

2012年11月10日、パウラ・アンドレア・モラレスとスーパーバンタム級契約8回戦を行い、3-0の判定勝ちを収めた。

2013年1月25日、マルセラ・アクーニャと対戦し、1-1の判定で引き分けたがWBA王座は2度目、WBO王座は3度目の防衛に成功した。

2013年12月13日、アンジェラ・マルシアルと対戦し、3-0の判定勝ちを収めWBA王座の3度目の防衛に成功に成功した。

2014年10月31日、エストレージャ・バルベルデと対戦し、初回1分41秒KO勝ちを収めWBA王座の4度目の防衛に成功した。

戦績[編集]

  • ボクシング:28戦 26勝(9KO)2分 無敗

獲得タイトル[編集]

  • 南米女子スーパーバンタム級王座
  • アルゼンチンFAB女子スーパーバンタム級王座
  • WBAフェデラテン女子スーパーバンタム級王座
  • WBA女子世界スーパーバンタム級暫定王座(防衛2=返上)
  • WBA女子世界スーパーバンタム級暫定王座(2期目・防衛1=正規王座認定)
  • 第5代WBA女子世界スーパーバンタム級王座(防衛3)
  • WBO女子世界スーパーバンタム級暫定王座(防衛1)
  • 第3代WBO女子世界スーパーバンタム級王座(防衛2)

脚注[編集]

関連項目[編集]