ジェシー・ボチコー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ジェシー・ボチコー
Jesse Bochco
本名 Jesse John Bochco
生年月日 1975年3月2日(41歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
職業 テレビ監督、プロデューサー
配偶者 ケイト・ダンソン (2009年 - 継続中)
著名な家族 スティーヴン・ボチコー英語版(父)
バーバラ・ボッソン英語版(母)

ジェシー・ジョン・ボチコーJesse John Bochco)は、アメリカ合衆国のテレビ監督、プロデューサーである。父はテレビプロデューサーで脚本家のスティーヴン・ボチコー英語版、母は女優のバーバラ・ボッソン英語版である。

キャリア[編集]

1982年に彼は父が製作したテレビシリーズ『ヒルストリート・ブルース』にフランク・フリロ・Jr役で出演する。彼にとってこれが唯一の俳優経験であり、母バーバラ・ボッソン英語版演じるフェイ・フリロの息子という役柄であった。

スタッフとしてのキャリアの始まりは、父のテレビシリーズ『Philly』(2001-2002年)のアソシエイト・プロデューサーとしてであった。ボチコーは2002年に同番組のエピソード「Tall Tales」で監督デビューした。他に父がプロデュースした番組では『NYPDブルー』、『Over There』、『マダム・プレジデント 〜星条旗をまとった女神英語版』、『レイジング・ザ・バー 熱血弁護人英語版』のエピソードを監督した。この他にも、『ダート』、『Lincoln Heights』、『交渉人 〜Standoff英語版』、『John from Cincinnati』、『クローザー』、『プリズン・ブレイク』、『NIP/TUCK マイアミ整形外科医』、『エージェント・オブ・シールド』、『ダラス英語版』のエピソードを監督している[1]

私生活[編集]

2009年に俳優のテッド・ダンソンの娘で女優のケイト・ダンソンと結婚した[2]

参考文献[編集]

  1. ^ Jesse Bocho credits, Yahoo! TV
  2. ^ Ted Danson Says Comedy Is Harder Than Drama | HairBoutique.com Blog”. Blogs.hairboutique.com (2009年2月1日). 2012年6月15日閲覧。