ジェニファー・マロジャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジェニファー・マロジャン Football pictogram.svg
Dzsenifer Marozsán freigestellt by Stepro.jpg
名前
ラテン文字 Dzsenifer marozsan
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
 ハンガリー
生年月日 (1992-04-18) 1992年4月18日(27歳)
出身地 ブダペスト
身長 174cm
選手情報
在籍チーム フランスの旗 オリンピック・リヨン
ポジション MF
背番号 10
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジェニファー・マロジャンDzsenifer Marozsán1992年4月18日 - )は、ハンガリーブダペスト出身のプロサッカー選手ドイツ女子代表オリンピック・リヨン所属。ポジションはMF

経歴[編集]

初期[編集]

ハンガリーの首都ブダペストで生まれた。1996年にサッカー選手である父ヤーノシュが1.FCザールブリュッケンに移籍したため、家族も共にドイツに移住した。ジェニファーもザールブリュッケンの女子チームでプレーを始めた[1]。この頃すでにドイツサッカー連盟から将来を有望視され、ドイツ国籍取得の支援が行われた[2]

クラブ[編集]

2007年、14歳7ヶ月にしてブンデスリーガデビューを果たした。この記録はクラブそしてブンデスリーガの最年少出場記録である。また15歳4ヶ月の最年少得点記録も打ち立てた[3]

2009年、国内屈指の強豪クラブである1.FFCフランクフルトに移籍[4]

2016年7月、オリンピック・リヨンに移籍。

代表[編集]

その出自からハンガリー代表を選択することも出来たが、年代別代表から一貫してドイツ代表に選出されている。2010年10月のオーストラリア戦でA代表初キャップ[5]。2012年2月のトルコ戦で初ゴール[6]

2016年10月の試合ではチームキャプテンを務めた[7]

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ザールブリュッケン
  • 2.ブンデスリーガ: 2008–09
フランクフルト
オリンピック・リヨン

代表[編集]

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Interview mit Dzsenifer Marozsan” (German). fansoccer.de. 2011年3月26日閲覧。
  2. ^ 17 July 2017. “Immer ihrer Zeit voraus” (German). faz.net. 2017年7月23日閲覧。
  3. ^ Dzsenifer Marozsan. – Fußball – ZDF.de Sport” (German). ZDF. 2011年3月26日閲覧。
  4. ^ Twenty for Canada 2015: Germany's Dzsenifer Marozsan”. Soccer America (2015年5月14日). 2017年4月20日閲覧。
  5. ^ Players Info Marozsan Caps”. DFB. 2014年2月3日閲覧。
  6. ^ Players Info Marozsan Goals”. DFB. 2014年2月3日閲覧。
  7. ^ Marozsán neue Spielführerin der DFB-Frauen”. dfb.de (2016年10月21日). 2018年2月22日閲覧。
  8. ^ Silver Ball 2008
  9. ^ Golden Shoe 2008
  10. ^ Golden Ball 2012
  11. ^ IFFHS World's Women Best Playmaker
  12. ^ 2016 FIFPro Award
  13. ^ Philipp Lahm ist Fußballer des Jahres 2016/2017” (German). kicker.de (2017年7月23日). 2017年7月23日閲覧。