ジェネラル・シャーマン号事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジェネラル・シャーマン号事件
General Sherman incident
戦争:ジェネラル・シャーマン号による交易要求[1]
年月日1866年8月16日
場所朝鮮
結果:ジェネラル・シャーマン号の全焼、全乗員の死亡[2]
交戦勢力
李氏朝鮮の旗 李氏朝鮮 (朝鮮軍) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 (ジェネラル・シャーマン号)
指導者・指揮官
朴珪寿
損害
死傷者 - 不明 死者 - 20名

ジェネラル・シャーマン号事件(ジェネラル・シャーマンごうじけん、英語: General Sherman incident)は、1866年李氏朝鮮暦:高宗3年)にアメリカ合衆国帆船ジェネラル・シャーマン号(1986年刊行の平凡社編『朝鮮を知る事典』では「武装商船」であるとする)が李氏朝鮮後期の朝鮮半島・羊角島に来航した際に起きた一連の事件。この事件によりアメリカ政府が朝鮮に艦隊を派遣し、辛未洋擾が勃発した[3]。北朝鮮では「金日成の曽祖父・金膺禹が率いた朝鮮人民の初の反米闘争」としている[4]

経過[編集]

1866年7月、アメリカのスクーナー型帆船「ジェネラル・シャーマン号」が李氏朝鮮との通商を求めて[5]大同江経由で平壌羊角島に来航した。船の名称は南北戦争の将軍で「近代戦の創始者」とも言われるウィリアム・シャーマンに由来し、アメリカ商人W.B.プレストンとイギリスのメドーズ商会によって共同運航されていた[6]。当時、東アジア周辺の海域には武装商船が頻繁に出没していた[要出典]

来航を受け、平壌の地方官は当初この船を難破船として処理しようとし、朝鮮の慣例に則って食糧や薪・水を支給した上で退去を命じる方針であった[7]。ところが、朝鮮側の伝えるところによれば[要出典]朝鮮側使者の李玄益が乗った小舟はシャーマン号側によって転覆させられ[8]、李玄益は捕縛された[9]。さらにシャーマン号は沿岸に集まっていた住民に砲撃を加えて10名あまりを殺害し河を遡行しはじめた[10]

これに激怒した住民はシャーマン号への攻撃を開始し[11]、数日間の戦闘の末にシャーマン号は座礁した[12]。ここで平壌監司の朴珪寿が指揮を執ってシャーマン号を焼き討ちし、乗組員全員を殺害した[13]

事後[編集]

1871年、アメリカはこの事件の謝罪と通商を求め、アジア艦隊に命じて朝鮮を襲撃した[14]

朝鮮側の記録[編集]

李氏朝鮮の正史である『高宗実録』の高宗三年七月二十七日癸未条に事件の顛末が記録されている。原文は漢文。

原文[編集]

平安監司朴珪壽狀啓。 平壤府所泊異樣船。 益肆猖狂。 轟砲放銃。 殺害我人。 其所制勝之策。 莫先於火攻。一齊放火。 延燒彼船。 彼人崔蘭軒趙凌奉。 跳出船頭。 始請救生。 卽爲擒捉。 縛致岸上矣。 軍民憤忿。 齊會打殺。 其餘殲滅無遺。全城騷擾。 始可鎭定。 兼中軍鐵山府使白樂淵。 平壤庶尹申泰鼎。 親冒銃砲。 心力俱殫。 畢竟勦滅。 可歸全功。 施以褒賞之典。 恐未知如何。當初異船之入境。 旣不能防捍。 至有副將拘執之辱。 終不免廝殺乃已。 有違聖明柔遠好生之德。 臣不勝惶恐待罪。 敎曰。 關西一道。 箕聖故都。服襲八條。 忠義相勉。 朝家之視他有別久矣。 今其西洋醜類。 闖入浿江。 拘執副將。 殺害民人。 小竪跳踉。 本不足血刃。 蓋其稔惡旣久。自干天誅者也。 方伯守宰之整頓紀律。 臨機制勝。 已有全功。 而軍校吏民之爭先勇赴。 殪殄無遺。 忠憤所激。 氣義可尙。 平安監司朴珪壽。特爲加資。 兼中軍鐵山府使白樂淵加資。 許用營將履歷。 平壤庶尹申泰鼎。 限一瓜久任。 道伯與中軍庶尹。 仍施璽書表裏之典。前中軍李玄益雖已責備。 不無奔走之勞。 許用邊地履歷。 其餘校吏。 自本營從厚施賞。 公穀會減道臣勿待罪。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アジア歴史資料センター [jacar.go.jp/jacarbl-fsjwar-j/smart/glossary/g004.html#o005]
  2. ^ アジア歴史資料センター [jacar.go.jp/jacarbl-fsjwar-j/smart/glossary/g004.html#o005]
  3. ^ アジア歴史資料センター[1]
  4. ^ 東亜日報[オピニオン]プエブロ号とニューヨーク・フィル[2]
  5. ^ 水野(2007)[要ページ番号]
  6. ^ 伊藤(1986)[要ページ番号]
  7. ^ 旗田巍(1974)[要ページ番号]
  8. ^ 旗田巍(1974)[要ページ番号]
  9. ^ 旗田巍(1974)[要ページ番号]
  10. ^ 旗田巍(1974)[要ページ番号]
  11. ^ 旗田巍(1974)[要ページ番号]
  12. ^ 旗田巍(1974)[要ページ番号]
  13. ^ 伊藤(1986)[要ページ番号]
  14. ^ 旗田巍(1974)[要ページ番号]

参考文献[編集]

関連項目[編集]