ジェネリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジェネリックとは英語でGenericと表記し、「一般的な」、「ブランドに囚われない」といった意味の言葉である。

医薬品[編集]

  • ジェネリック医薬品 - 特許が切れた医薬品を他社が作成したもの。後発医薬品とも言われている。以前は、先発品が発売された後に、ゾロゾロと発売されることからゾロとも言われていた。

また、最近ではオーソライズド・ジェネリックも発売されている。通常のジェネリック医薬品は先発医薬品と有効成分は同じだが、添加物などは違う事があった。しかし、オーソライズド・ジェネリックは有効成分だけではなく、原薬、添加物、製法なども一緒である。ケースによっては、製造工場や生産ラインも同じ事がある。

  • ジェネリック農薬 - 特許切れの農薬成分を流用した農薬。
  • 医薬品の一般名Generic name、ジェネリック名、ジェネリックネームとも)。有効成分名のこと。

コンピューター[編集]

  • ジェネリック型 - 静的型付け言語において、型とらわれない処理を記述するための仕組み。JavaやC#などに採用されている。
  • ジェネリックドライバー - コンピューターの周辺機器を制御するデバイスドライバーのうち、特定の機種やモデルに最適化されたものではなく、複数のモデルに対応したドライバー。OSに標準で組み込まれていることが多く、安定性は高いが基本的な機能しか使えない場合が多い。

その他[編集]

  • 基盤となる一般的な分野を指して言う。ジェネリックテクノロジーなど。
  • ジェネリック・ブランド - ノーブランド商品のこと。無印品とも。
  • ジェネリックプロダクト - デザイナーズ家具の模造品のこと。
  • ジェネリック家電 - 性能を維持しながら、機能を絞り低価格で売られている家電製品。ジェネリック医薬品になぞらえた造語である。