ジェフリー・オズボーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジェフリー・オズボーン
Jeffrey Osborne
Jeffrey Osborne.jpg
ジェフリー・オズボーン(2008年)
基本情報
出生名 Jeffrey Linton Osborne
生誕 (1948-03-09) 1948年3月9日(72歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロードアイランド州プロビデンス
ジャンル リズム・アンド・ブルースソウルミュージッククワイエット・ストームアダルト・コンテンポラリー・ミュージックディスコ
職業 シンガーソングライターミュージシャンドラマー
担当楽器 ボーカル、ドラム
活動期間 1970年 -
レーベル A&Mレコード
アリスタ・レコード
Hip-O Records
Private Music
Koch Entertainment
共同作業者 L.T.D.
公式サイト jeffreyosborne.com

ジェフリー・オズボーンJeffrey Osborne)は、アメリカ合衆国ロードアイランド州出身のソウル歌手、作曲家。L.T.D.英語版のボーカル。

プロフィール[編集]

ジェフリー・オズボーンはロードアイランド州プロビデンスに生まれた。父はデューク・エリントンカウント・ベイシーライオネル・ハンプトンらと共演したジャズ・ミュージシャンだった。やがてオズボーンはノース・キャロライナ州グリーンズボロで、L.T.D.の結成に参加する。彼は「ラヴ・バラッド」や「バック・イン・ラヴ・アゲイン」[1]などのヒット曲でボーカルをつとめた。1980末にはグループを離脱し、ソロとして「I Really Don't Need No Light」「On the Wings of Love」などのヒットを放った。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • 『フー・フー・フー』 - Jeffrey Osborne (1982年、A&M)
  • 『ステイ・ウィズ・ミー・トゥナイト』 - Stay With Me Tonight (1983年、A&M)
  • 『ドント・ストップ』 - Don't Stop (1984年、A&M)
  • 『エモーショナル』 - Emotional (1986年、A&M)
  • 『ワン・ラヴ — ワン・ドリーム』 - One Love: One Dream (1988年、A&M)
  • 『オンリー・ヒューマン』 - Only Human (1990年、Arista)
  • Something Warm for Christmas (1997年、Modern)
  • 『ザッツ・フォー・シュア』 - That's for Sure (2000年、Private Music)
  • 『ミュージック・イズ・ライフ』 - Music Is Life (2003年、Koch)
  • From the Soul (2005年、Koch)
  • A Time for Love (2013年、Saguaro Road)
  • Worth It All (2018年、Artistry)

シングル[編集]

  • "I Really Don't Need No Light" (1982年) ※featuring リン・デイヴィス
  • "On the Wings of Love" (1982年)
  • 「フー・フー・フー」 - "Who You Talkin' To?" (1982年)
  • "Eenie Meenie" (1983年)
  • "Don't You Get So Mad" (1983年)
  • "Stay with Me Tonight" (1983年)
  • "Plane Love" (1984年)
  • "We're Going All the Way" (1984年)
  • 「愛のラストシーン」 - "The Last Time I Made Love" (1984年) ※with ジョイス・ケネディ
  • 「ドント・ストップ」 - "Don't Stop" (1984年)
  • "The Borderlines" (1984年)
  • 「レット・ミー・ノウ」 - "Let Me Know" (1985年)
  • 「君だけに愛を」 - "You Should Be Mine (The Woo Woo Song)" (1986年)
  • 「ソエト」 - "Soweto" (1986年)
  • "Room with a View" (1986年)
  • 「イン・ユア・アイズ」 - "In Your Eyes" (1986年)
  • 「ラブ・パワー」 - "Love Power" (1987年) ※with ディオンヌ・ワーウィック
  • "She's On the Left" (1988年)
  • "Can't Go Back on a Promise" (1988年)
  • "All Because of You" (1989年)
  • 「ふたりのハーモニー」 - "Take Good Care of You and Me" (1989年) ※with ディオンヌ・ワーウィック
  • "Only Human" (1990年)
  • "If My Brother's in Trouble" (1991年)
  • "The Morning After I Made Love to You" (1991年)
  • "Far Longer than Forever" (1994年) ※デュエット with レジーナ・ベル
  • "Yes I'm Ready" (2000年)
  • "The Rest of Our Lives" (2003年)
  • "Yes I'm Ready" (2005年)

参照[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]