ジェフ・アグース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジェフ・アグース Football pictogram.svg
Jeff Agoos NYRB.jpg
名前
本名 ジェフリー・アラン・アグース
Jeffery Alan Agoos
ラテン文字 Jeff AGOOS
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1968-05-02) 1968年5月2日(51歳)
出身地 スイスの旗 スイス ジュネーヴ
身長 178cm
選手情報
ポジション DF
ユース
1986-1990 アメリカ合衆国の旗 バージニア大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1991 アメリカ合衆国の旗 メリーランド・ベイズ英語版 5 (0)
1991-1992 アメリカ合衆国の旗 ダラス・サイドキックス英語版 (インドア) 30 (7)
1994 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス・サルサ英語版
1994-1995 ドイツの旗 SVヴェーエン 9 (0)
1996-2000 アメリカ合衆国の旗 D.C. ユナイテッド 158 (7)
2000 イングランドの旗ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン 0 (0)
2001-2004 アメリカ合衆国の旗 サンノゼ・アースクエイクス 98 (6)
2005 アメリカ合衆国の旗 メトロスターズ 27 (0)
代表歴
1988-2003 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 134 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジェフ・アグース(Jeffery Alan “Jeff” Agoos: 1968年5月2日 - )は、スイス生まれの元アメリカ代表のディフェンダーであり、代表チーム史上でも特筆して数多く出場したサッカー選手である。2012年現在のところ、ラジオのサンノゼ・アースクエイクスの試合のピッチコメンターをしている。

アグースは5度のメジャーリーグサッカー(MLS)のチャンピオン(3回はD.C.ユナイテッド、2回はサンノゼ・アースクエイクスで達成)になっている。また、1996年USオープンカップの勝ち取り、2001年にはMLS最優秀ディフェンダーに選ばれている。2009年にはアメリカサッカー殿堂入りを果たしている。

少年期と教育[編集]

愛称がガチョウ(Agoosの読みをもじってGoose)と呼ばれた少年は、スイスのジュネーヴで生まれ、その時にアメリカの外交官の仕事をしていたので、後にアメリカに移住することになった。彼はテキサス州で育ち、リチャードソンのJ.J.ピアーズ高校に入学した。在学中に、パレードマガジン誌の全米高校とダラスの年間トップアスリートとして掲載された。アグースはユダヤ教徒として育ち[1]、1985年の夏季にはユダヤ人で開催されるスポーツの祭典、マカビア競技大会に出場している。[2]

大学キャリア[編集]

1986年から1990年まで、アグースはバージニア大学ブルース・アリーナ監督のもとでプレーした。4年間の中で、全米大学ベストチームに選ばれること2度(1988年と1990年)、そして、4年次にはハーマントロフィー英語版選考で2位だった。

1989年、大学3年次には、バージニア大学は全米大学体育協会(NCAA)選手権決勝では、サンタクララ大学と1-1の引き分け試合を4度演じた。両チームとも再試合を望んでいたが、NCAA側が両校優勝という裁定を下した。その頃にはPK戦での決着はなく、引き分けで終わるのが決まりだった。そのシーズンの終わりに、アグースは再びマカビア競技大会にアメリカ代表として出場している。[2]

プロキャリア[編集]

大学を卒業した後の1991年、アグースはA-リーグ英語版メリーランド・ベイズ英語版でプレーした。直後の同年2月13日、メジャーインドアサッカーリーグ英語版ダラス・サイドキックス英語版が彼をドラフト2巡目で指名した。彼は1991-1992シーズンで30試合に出場し、7得点した。1992年はサイドキックスを去り、全てをサッカーのアメリカ代表に捧げたが、ダラスは、今度は1993年のコンチネンタルインドアサッカーリーグ英語版(CISL)のドラフトでまたも引き当てたが、さすがに契約にサインをしなかった。

1994年6月26日、アグースは1994年ワールドカップの選考から外れ、ロサンゼルス・サルサ英語版と契約し、北米プロサッカーリーグ英語版(APSL)でプレーすることにした。[3] サルサはプレーオフの準決勝まで進み、個人としてもリーグのセカンドチーム表彰がされた。その年の秋、ドイツに渡航し、SVヴェーエンで1994-1995シーズンを過ごしたが、翌シーズンにはアメリカに戻り、メジャーリーグサッカーとサインした。リーグのチーム配属が決まるまで、母校バージニア大学のブルース・アリーナ監督のアシスタントコーチをこなし、リーグが創設されると、契約していた各選手をチームに配分を始め、アグースはD.C.ユナイテッドに配され、さらにはアリーナ監督も同じチームの監督になった。この年、MLSチャンピオンシップとUSオープンカップの2冠を達成し、翌年もMLSチャンピオンシップを連覇した。1998年、D.C.ユナイテッドは、コパ・インテルアメリカーナバスコ・ダ・ガマを破るという大きな偉業を残し、翌年にはMLSチャンピオンも再び獲得した。

個人成績[編集]

[4]

クラブ成績 リーグ カップ リーグカップ 大陸大会 通算
シーズン クラブ リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ドイツ リーグ DFBポカール その他 欧州 通算
1994–95 SVヴェーエン レギオナルリーガ 9 0
USA League USオープンカップ リーグカップ 北中米カリブ海 通算
1996年 D.C.ユナイテッド MLS 32 1
1997年 29 1
1998年 21 1
1999年 30 2
2000年 23 1
2001年 サンノゼ・アースクエイクス 20 2
2002年 12 0
2003年 28 2
2004年 24 1
2005年 メトロスターズ 25 0
通算 ドイツ 9 0
USA 244 11
総通算 253 11

アメリカ代表チーム[編集]

アグースのアメリカ代表デビュー戦は、1988年1月10日に行われたグアテマラ戦である。[5]代表初ゴールは、直後の13日、同じくグアテマラ戦であった。彼は最終選考で1994年ワールドカップのメンバーから滑り落ち、その知らせを受けたとき、ユニフォームを焼いてしまうほどのショックを受けた。1998年のフランスワールドカップでは、メンバー入りしていたものの、デイヴィッド・レジスの後塵を拝することとなり、1分の出場もならないままで終わってしまった。34歳で迎えた2002年日韓ワールドカップではグループリーグ3試合に出場したが、衝撃的なポルトガル戦でのオウンゴールを決めてしまい、その後、ポーランド戦では太ももの負傷をしてしまった。そのため、その後の決勝トーナメントには出場していない。彼は、代表通算134試合に出場し、最後の試合は2003年5月26日のウェールズ戦だった。

また、アグースは1992年のフットサルアメリカ代表としてもプレーし、香港での大会で銀メダルを獲得している。フットサルでは10試合2ゴールの記録を残している。

代表戦ゴール[編集]

# 日時 場所 対戦相手 スコア 最終結果 大会
1 1988年1月13日 グアテマラシティ,グアテマラ グアテマラの旗 グアテマラ 1–0 1–0 親善試合
2 1993年11月13日 ミッションビエホ,カリフォルニア州 ケイマン諸島の旗 ケイマン諸島 4–0 8–1 親善試合
3 1996年1月20日 ロサンゼルス,カリフォルニア州 グアテマラの旗 グアテマラ 2–0 3–0 1996 CONCACAFゴールドカップ
4 2002年2月2日 パサデナ, カリフォルニア州 コスタリカの旗 コスタリカ 2–0 2–0 2002 CONCACAFゴールドカップ

引退後のキャリア[編集]

アグースは2006年9月28日にニューヨーク・レッドブルズのテクニカルダイレクターの職に就き、再びアリーナ監督と仕事をしている。彼は公式には2007年1月1日にレッドブルズ組織に入っている。[6]2008年1月7日、スポーティングダイレクターに昇格した。[7]

2011年3月28日、彼はMLSの大会テクニカルダイレクターとして招聘を受けた。現在は大会運営や分析を行っている。[8]

脚注[編集]

  1. ^ The Jewish Earthquake”. JewishJournal.com. 2011年3月29日閲覧。
  2. ^ a b Jeff Agoos”. Jewish Virtual Library. 2009年4月11日閲覧。
  3. ^ Nigeria's Foul Act Merits Fair Punishment
  4. ^ ジェフ・アグース”. World-soccer.org. 2011年1月25日閲覧。
  5. ^ http://www.ussoccerplayers.com/player/agoos-jeff
  6. ^ [1][リンク切れ] Technical director, Bulls
  7. ^ [2][リンク切れ] Sporting Director promotion
  8. ^ Goff, Steven. “[Tuesday kickaround: USA-Paraguay, USA-Spain, Marcelo Bielsa, Jeff Agoos, Chad Ochocinco, TV listings Tuesday kickaround: USA-Paraguay, USA-Spain, Marcelo Bielsa, Jeff Agoos, Chad Ochocinco, TV listings]”. Soccer Insider. Washingtonpost.com. 2011年3月29日閲覧。