ジェフ・アボット (作家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ジェフ・アボット
Jeff Abbott
Jeff abbott 2007.jpg
テキサス・ブック・フェスティバル2007にて
誕生 1963年(52–53歳)
アメリカ合衆国の旗 テキサス州ダラス
職業 小説家
言語 英語
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
最終学歴 ライス大学
活動期間 1994年 -
ジャンル ミステリ、サスペンス、スリラー
主な受賞歴 アガサ賞処女長編賞(1994年)
マカヴィティ賞新人賞(1994年)
デビュー作 『図書館の死体』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジェフ・アボットJeff Abbott1963年 - )は、アメリカ合衆国のサスペンス作家。ライス大学で歴史と英語の学位を取得。テキサス州オースティン在住。初期の作品は伝統的な推理小説だったが、近年はスリラーに転向している。作品の傾向は、普通の人々が普通でない危険に巻き込まれ、闘いの末に命を取り戻すというものである。数か国で翻訳・出版されており、イギリスオーストラリアアイルランドフランスでもベストセラーになっている。

図書館長ジョーダン・ポティートが謎を解くシリーズの第1作で処女作『図書館の死体』はアガサ賞処女長編賞(1994年)、マカヴィティ賞新人賞(1995年)を受賞、ディリス賞にノミネートされた。シリーズ第2作『図書館の美女』はテキサス作家リーグヴァイオレット・クラウン賞にノミネート。2002年、フレンドリーなモーズリー判事が活躍する新シリーズ『さよならの接吻』でアンソニー賞ペーパーバック賞にノミネートされた[1]。シリーズ第2作『海賊岬の死体』はエドガー賞、アンソニー賞、バリー賞のそれぞれのペーパーバック部門にノミネートされた[2][3]。シリーズ第3作"Cut and Run" も同じくエドガー賞にノミネートされた[2]2005年に上梓したシリーズものでない『パニック!』で国際スリラー作家協会賞にノミネートされ、ワインスタイン・カンパニーによる映画化が進行している。

作品リスト[編集]

シリーズ[編集]

ジョーダン・ポティート シリーズ The Jordan Poteet mysteries
テキサスの小さな町ミラボーで図書館長ジョーダン・ポティートが活躍する伝統的なミステリ作品。
# 邦題 原題 アメリカ合衆国の旗
刊行年
日本の旗
刊行年月
日本の旗
訳者
日本の旗
出版社
1 図書館の死体 Do Unto Others 1994年 1997年3月 佐藤耕士 早川書房
〈ハヤカワ文庫〉
2 図書館の美女 The Only Good Yankee 1995年 1998年2月
3 図書館の親子 Promises of Home 1996年 1998年12月
4 図書館長の休暇 Distant Blood 1996年 1999年12月
モーズリー判事シリーズ The Whit Mosley series
テキサス州の判事兼検死官のモーズリーが探偵のクラウディアと組んで調査に乗り出す。ポティートシリーズと比べるとよりダークでスリラー系のストーリーである。
# 邦題 原題 アメリカ合衆国の旗
刊行年
日本の旗
刊行年月
日本の旗
訳者
日本の旗
出版社
1 さよならの接吻 A Kiss Gone Bad 2001年 2004年3月 吉澤康子 早川書房
〈ハヤカワ文庫〉
2 海賊岬の死体 Black Jack Point 2002年 2004年7月
3 逃げる悪女 Cut and Run 2003年 2005年1月
サム・カプラ シリーズ
CIAの優秀なエージェント、サム・カプラが罠に嵌り大切なものを全てを失ってしまう。それまでに培ったスキルで無力で何も知らない人々を守り、奪われた家族を取り戻す。
  • Adrenaline (2010)
  • The Last Minute (2011)
  • Sam Capra's Last Chance (2012) - 短編
  • Downfall (2013)
  • Inside man (2014)

その他[編集]

出典[編集]