ジェフ・イーズリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジェフ・イーズリー
Jeff Easley.jpeg
Jeff Easley in 2014
生誕 1954年????
アメリカ合衆国ケンタッキー州ニコラスビル
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
著名な実績 ファンタジーアート英語版イラストレーション
配偶者 シンシア

ジェフ・イーズリー、(英語: Jeff Easley1954年 - 、ケンタッキー州ニコラスビル生まれ[1])はフランク・フラゼッタの伝統を受け継ぐファンタジーアートの油絵画家である。

生い立ち[編集]

イーズリーは1954年ケンタッキー州ニコラスビルで生まれた。彼は幼少の頃にとりわけ幽霊や怪物のようなクリーチャーの絵を大量に描いた。「私は深夜に大量の怪物映画を見て、そして手に入れる事ができた怪物のモデルをいつも組み立てていた。」[1]彼はニコラスビルの高校に出席し、そして後にマリー英語版マリー州立大学英語版に行った。イーズリーは1976年に[要出典]大学から美術学士の学位を獲得した。[2]一方、彼は妻シンシアと出会い結婚し、主要な芸術仲間とした。子供にはキャシー、クリストファー、カラ[1]そしてチャールズがいる。[要出典]

経歴[編集]

シンシアが学校を卒業した後、カップルは何人かの友人とともにマサチューセッツ州に引っ越し、イーズリーはプロアーティストとしての経歴を始めた。「私はフリーランスで ウォーレン・パブリッシング英語版の仕事を持ち、『クリーピー英語版』、『イーリー英語版』そして『ヴァンピレラ』向けのカバーや漫画、そしてマーベル・コミック向けに『サヴェッジ・ソード・オブ・コナン英語版』と『ビザール・アドベンチャーズ英語版』を描いた。しかし自分の仕事で本当に収入が得られたのはOkey-Doke Popcorn Company英語版だった。」[1]イーズリーは、地元のケンタッキー州の同郷の画家ラリー・エルモアに、共通の友人を通じて出会った。「ラリーがフォート・ノックス英語版を辞めてTSRに入社する計画を私が聞いたとき、私は彼と連絡を取り、そこに他の雇用機会があるかもしれないことを発見した。」[1]彼は人気ロールプレイングゲームダンジョンズ&ドラゴンズ』の出版元であるTSR社に仕事を求めた:「私が...仕事を始めたのは1982年3月だった。私の最初のプロジェクトは『エンドレス・クエスト英語版』の最初の4冊の本の背表紙に宝石を描く仕事だった。それは間違いなくそこから仕事は上り坂だった。」[1]

彼は1980年代から1990年代にかけて、人気シリーズである『アドバンスト・ダンジョンズ&ドラゴンズ』のハードカバールールブックの、フロントカバーのアートワークの多くを描くようになった。時代から、AD&Dの『プレイヤーズ・ハンドブック英語版』、『ダンジョンマスターズガイド英語版』、『トーム・オブ・マジック英語版』、『モンスター・マニュアル(Monstrous Manual)』などの彼の作品のいくつかは本のカバーで特色になり、そして『モンスター・コンペンディウム英語版』のサプリメントやベーシックD&Dボックスなどの数十以上の製品の表紙を飾った。[2]彼の著名な作品のいくつかには、AD&D第1版の『モンスター・マニュアル英語版』、『モンスター・マニュアルII』、『Legends & Lore英語版』、『アンアースド・アルカナ英語版』、『オリエンタル・アドベンチャー英語版』そして『ダンジョニアーズ・サバイバル・ガイド英語版』、AD&D第2版の基本ルールブック(『プレイヤーズ・ハンドブック英語版』、『ダンジョン・マスターズ・ガイド英語版』そして『モンスター・マニュアル(Monstrous Manual)』)が含まれる。彼はまた『バトルシステム英語版』初版のカバーを描き、改訂版『ガンマ・ワールド英語版』のカバー、そして多数のモジュールとエンドレス・クエストのブックカバーと『ドラゴンランス』カレンダーの絵も描いた。[1]彼は『ドラゴンランス・アドベンチャーズ英語版』のカバーやドラゴンランスシリーズの他のアートワークも手がけた。[3][4] 彼のアートワークのひとつ『レッド・ドラゴン』は、1983年から1989年までのAD&Dの『モンスター・マニュアル英語版』の表紙になった。[5]

TSR社がウィザーズ・オブ・ザ・コーストに買収されたとき、イーズリーは『マジック:ザ・ギャザリングトレーディングカードゲームの拡張カードセット『メルカディアン・マスクス英語版』から『イーブンタイド英語版』までに、49枚のカードのイラストレーションを提供した。[6]フリーランスで働いていた時、イーズリーは金と象牙のドラゴンをはめ込んだ特別限定版のギターをデザインした。[2]彼はまたイタリアのパワーメタルバンドであるラプソディー・オブ・ファイアの2006年のアルバム『トライアンフ・オア・アゴニー』にアートワークを提供した。[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g “TSR Profiles”, Dragon (Lake Geneva, Wisconsin: TSR, Inc.) (#109): 60, (May 1986) 
  2. ^ a b c Varney, Allen (December 1998), “ProFiles: Jeff Easley”, Dragon (Renton, Washington: ウィザーズ・オブ・ザ・コースト) (#254): 120 
  3. ^ Loohauis, Jackie (August 4, 1996). "A guide to the Gen Con galaxy", Milwaukee Journal Sentinel英語版, p. 10.
  4. ^ D'Ammassa, Don (January 2003). "Masters of Dragonlance Art", Chronicle英語版 25 (1): 30.
  5. ^ "Monster Manual printing history", http://www.acaeum.com/ddindexes/setpages/monster.html
  6. ^ [%22Jeff%20Easley%22 Magic: The Gathering Gatherer]”. ウィザーズ・オブ・ザ・コースト (2010年5月4日). 2010年5月4日閲覧。