ジェフ・キング (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジェフ・キング
Jeff King
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 インディアナ州グラント郡マリオン英語版
生年月日 (1964-12-26) 1964年12月26日(54歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手一塁手二塁手
プロ入り 1986年 MLBドラフト1巡目
初出場 1989年6月2日
最終出場 1999年5月21日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴

ジェフリー・ウェイン・キングJeffrey Wayne King, 1964年12月26日 - )は、アメリカ合衆国インディアナ州グラント郡マリオン英語版出身の元プロ野球選手内野手)。右投右打。

経歴[編集]

1983年MLBドラフト23巡目(全体573位)でシカゴ・カブスから指名されたが、この時は契約せずにアーカンソー大学へ進学した[1]

1986年MLBドラフト1巡目(全体1位)でピッツバーグ・パイレーツから指名され、プロ入り。

1989年にメジャーデビューし、1990年からの地区3連覇の一員にもなるが、腰痛の影響で完全なレギュラーとなれないなど伸び悩んだ。しかし、1993年に打率.295、35二塁打、98打点を挙げ、守備でもナショナルリーグ最多の353補殺を記録した。1996年には30本塁打、111打点を記録した。

カンザスシティ・ロイヤルズへ移った1997年も.238の低打率ながら28本塁打、自己最多の112打点を稼いだ[2]。その後、34歳だった1999年5月を最後に引退したが、これについては実は野球が大嫌いで、年金満額受給の資格を得たためにそうしたとも言われている[3]

詳細情報[編集]

表彰[編集]

背番号[編集]

  • 7(1989年 - 1999年)

脚注[編集]

  1. ^ 「ジェフ・キング」『パンチョ伊東のMLB名鑑1999』ベースボール・マガジン社 238頁
  2. ^ 出野哲也『改訂新版 メジャー・リーグ人名事典』言視舎、2013年、144頁。ISBN 978-4-905369-67-7。
  3. ^ 「歴代ドラフト全体1位名鑑」『月刊スラッガー』2012年8月号 日本スポーツ企画出版社 23頁

関連項目[編集]