ジェフ・フェネック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジェフ・フェネック
Jeff Fenech.jpg
基本情報
通称 Marrickville Mauler
Marrickville Mechanic
階級 スーパーウェルター級
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
誕生日 (1964-05-28) 1964年5月28日(54歳)
出身地 ニューサウスウェールズ州シドニーマリックビル
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 33
勝ち 29
KO勝ち 21
敗け 3
引き分け 1
テンプレートを表示

ジェフ・フェネックJeff Fenech、男性、1964年5月28日 - )は、オーストラリアプロボクサー。元IBF世界バンタム級王者。元WBC世界スーパーバンタム級王者。元WBC世界フェザー級王者。世界3階級制覇王者。現役時代は無尽蔵のスタミナと一度打ち出したら止まらない連打、多少の被弾も恐れない強靭な精神力を武器に打ち合いを好む選手。ニックネームの「マリックビルの誘導弾」は、強烈な突進で徹底的に相手を追い回し、激しい打撃戦で多くの選手を沈めたことから名づけられた。プロ20戦目での3階級制覇は井岡一翔が2015年4月22日にプロ18戦目での3階級制覇を果たすまで世界最速記録だった[1]

来歴[編集]

1984年ロサンゼルスオリンピックボクシングフライ級に出場し、準々決勝で敗退した。

1984年10月12日、プロデビュー。

1984年11月30日、3戦目でオーストラリアスーパーフライ級王座を獲得。

1985年4月26日、7戦目でIBF世界バンタム級王者新垣諭(奈良池田ジム)に挑戦し、9回TKO勝ちで世界王座を獲得した。

1985年8月23日、新垣諭と再戦し、4回TKO勝ちで初防衛に成功した。

1986年4月11日、元WBC世界バンタム級王者ダニエル・サラゴサメキシコ)とノンタイトルマッチで対戦し、3-0の判定勝ち。

1986年7月18日、スチーブ・マクローリー(アメリカ合衆国)と再戦し、14回TKO勝ちで3度目の防衛に成功した。

1987年3月、階級転向のため、IBF世界バンタム級王座を返上。

1987年4月2日、オーストラリアフェザー級王座を獲得。

1987年5月8日、WBC世界スーパーバンタム級王者サーマート・パヤクァルンタイ)に挑戦。初回にキャリア初のダウンを喫するも、4回KO勝ちで2階級制覇に成功した。

1987年7月10日、グレグ・リチャードソン(アメリカ)と対戦し、5回TKO勝ちで初防衛に成功した。

1987年10月16日、カルロス・サラテ(メキシコ)と対戦し、4回負傷判定勝ちで2度目の防衛に成功。試合後、王座を返上した。

1988年3月7日、WBC世界フェザー級王座決定戦でビクトル・カジェハス(プエルトリコ)と対戦し、10回TKO勝ちで3階級制覇に成功した。

1989年4月8日、マルコス・ビジャサナ(メキシコ)と対戦し、3-0の大差判定勝ちで3度目の防衛に成功した。

1989年11月24日、階級を上げWBC世界スーパーフェザー級王座挑戦者決定戦でマリオ・マルチネス(メキシコ)と対戦し、3-0の判定勝ちで指名挑戦権を獲得した。

1990年5月、WBC世界フェザー級王座を返上。

1991年6月28日、WBC世界スーパーフェザー級王者アズマー・ネルソンガーナ)と対戦し、1-1の判定ドローで4階級制覇ならず。

1992年3月1日、WBC世界スーパーフェザー級王者アズマー・ネルソンと再戦し、8回TKO負けで4階級制覇ならず。キャリア初黒星となった。

1993年6月7日、カルビン・グローブ(アメリカ)と対戦し、7回KO負けを喫した。

1996年5月18日、IBF世界ライト級王者フィリップ・ホリデー南アフリカ)に挑戦し、2回TKO負けで4階級制覇ならず。この試合を最後に引退した。

引退後、ジム「チーム・フェネック」を設立し、ビック・ダルチニアン、フセイン・フセイン、シャノン・テーラー、ダニー・グリーンなどを育てた。

2002年国際ボクシング名誉の殿堂博物館に選出された(世界ボクシング殿堂にも選出されている)。

2008年6月24日、地元オーストラリアメルボルンで12年ぶりに復帰。16年振りにアズマー・ネルソンとスーパーウェルター級契約10回戦で対戦。2-0の僅差判定勝ち。ネルソンも10年ぶりの復帰だった。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

前王者
新垣諭
IBF世界バンタム級王者

1985年4月26日 - 1987年3月(返上)

空位
次タイトル獲得者
ケルビン・シーブルックス
前王者
サーマート・パヤクァルン
WBC世界スーパーバンタム級王者

1987年5月8日 - 1987年10月(返上)

空位
次タイトル獲得者
ダニエル・サラゴサ
前王者
アズマー・ネルソン
WBC世界フェザー級王者

1988年3月7日 - 1990年5月(返上)

空位
次タイトル獲得者
マルコス・ビジャサナ