ジェライ・アルバレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアルバレス第二姓(母方の)はロペスです。
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • イェライ・アルバレス
ジェライ Football pictogram.svg
SM-AB 2018 (15) (cropped).jpg
アスレティック・ビルバオでのジェライ(2018年)
名前
本名 ジェライ・アルバレス・ロペス
Yeray Álvarez López
ラテン文字 YERAY
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1995-01-24) 1995年1月24日(24歳)
出身地 バラカルド
身長 183cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 アスレティック・ビルバオ
ポジション DF
背番号 5
利き足 右足
ユース
2005-2007 スペインの旗 バラカルドCF
2008-2013 スペインの旗 アスレティック・ビルバオ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013-2014 スペインの旗 CDバスコニア 26 (0)
2014-2016 スペインの旗 ビルバオ・アスレティック 62 (1)
2016- スペインの旗 アスレティック・ビルバオ 64 (0)
代表歴2
2017 スペインの旗 スペイン U-21 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年6月23日現在。
2. 2018年11月2日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジェライYeray)こと、ジェライ・アルバレス・ロペスYeray Álvarez López , 1995年1月24日 - )は、スペインバスク州ビスカヤ県バラカルド出身のプロサッカー選手プリメーラ・ディビシオンアスレティック・ビルバオに所属している。ポジションはDF。「Yeray」は「イェライ」と発音されることもある。

来歴[編集]

2008年にアスレティック・ビルバオカンテラに入団。2013年のNextGen シリーズに出場した後、2013-14シーズンに傘下のCDバスコニアに昇格し、プロデビュー。更に2014年5月にビルバオ・アスレティックに昇格し、2シーズンプレー。2016-17シーズンにトップチームに昇格。すぐさま最終ラインに定着するなど、ジェライのキャリアは順調に進んでいると思われていた。

ところがその矢先、ジェライにまさかの事態に遭遇。2016年12月24日、ビルバオはジェライが精巣癌を患っていたことを発表。すぐさま摘出手術が行われた[1][2]。その後チームメイトらに支えられたジェライは[3]、リハビリなどを経て2017年2月4日のFCバルセロナで戦線復帰[4]。病に冒されながらも、ラ・リーガ1年目は26試合に出場。UEFAヨーロッパリーグにも出場した。

しかし、シーズン終了後の2017年6月に、癌を再発していたことが判明。再び手術とリハビリ生活を強いられることになった[5][6]。そのためクラブはジェライの復帰プランを長期的に見据えることを公表[7]。その後12月に実戦に復帰[8]。2018年2月4日のラ・リーガのジローナFC戦で、公式戦復帰を果たした[9][10]

アトレティコ・マドリードなどへの移籍が噂されたが、2019年7月18日に2026年までの長期契約を終結した。また、契約解除金は7000万€に設定された。

代表経歴[編集]

2017年にU-21のスペイン代表に選出され、同年ポーランドで開催されたUEFA U-21欧州選手権の出場メンバーにも選出されていたジェライだった月、前述の重病発覚により、出場辞退を余儀なくされた。

2018年に行われた2018 FIFAワールドカップでは代表メンバー入りとはならなかったが、6月3日に行われたサッカースイス代表との親善試合に召集された。

脚注[編集]

  1. ^ 21歳のDF、精巣ガンで手術へ スペイン1部で今季10試合出場”. Qoly.jp (2016年12月24日). 2018年11月2日閲覧。
  2. ^ ビルバオの21歳DFジェライが精巣がん、27日に手術へ”. ゲキサカ (2016年12月28日). 2018年11月2日閲覧。
  3. ^ R・ガルシア、精巣がん患ったジェライのためにすべきは「勝つこと」”. goal.com.jp (2017年1月1日). 2018年11月2日閲覧。
  4. ^ 精巣がん患ったビルバオDFジェライ、バルセロナとの大一番で復帰へ”. goal.com.jp (2017年2月4日). 2018年11月2日閲覧。
  5. ^ ビルバオDFが精巣ガン再発…しかし力強く帰還を誓う”. サッカーダイジェスト (2017年6月14日). 2018年11月2日閲覧。
  6. ^ A・ビルバオ、選手全員が丸坊主に!「ガン再発の仲間のため」だった”. Qoly.jp (2017年7月8日). 2018年11月2日閲覧。
  7. ^ 精巣ガンを患っていたビルバオDFジェライの治療が完了…復帰に向けたプログラムへ”. 超ワールドサッカー (2017年9月21日). 2018年11月2日閲覧。
  8. ^ アスレティックDF 癌を克服”. SPORT.ne.jp (2017年12月23日). 2018年11月2日閲覧。
  9. ^ ビルバオDF、がん乗り越え90分間フル出場。「世界がんデー」での復帰果たす”. フットボールチャンネル (2018年2月5日). 2018年11月2日閲覧。
  10. ^ 2度の精巣ガン乗り越えたビルバオDFジェライが9ケ月ぶりの復帰! 「人生で最も幸せな瞬間」”. 超ワールドサッカー (2018年2月5日). 2018年11月2日閲覧。