ジェラッド・アイコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。 (Template:表記揺れ案内)
  • ジェラッド・アイクホフ
  • ジェラッド・エイックホフ
ジェラッド・アイコフ
Jerad Eickhoff
テキサス・レンジャーズ (マイナー)
Jerad Eickhoff on July 16, 2016 (cropped).jpg
フィラデルフィア・フィリーズ時代
(2016年7月16日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 インディアナ州バンダーバーグ郡エバンズビル
生年月日 (1990-07-02) 1990年7月2日(30歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
240 lb =約108.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 MLBドラフト15巡目
初出場 2015年8月21日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジェラッド・ジョゼフ・アイコフJerad Joseph Eickhoff, 1990年7月2日 - )は、アメリカ合衆国インディアナ州バンダーバーグ郡エバンズビル出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBテキサス・レンジャーズ傘下所属。愛称はエイックEick[1]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2010年MLBドラフト46巡目(全体1390位)でシカゴ・カブスから指名されたが、この時は入団しなかった。

プロ入りとレンジャーズ傘下時代[編集]

2011年MLBドラフト15巡目(全体474位)でテキサス・レンジャーズから指名され、7月3日に契約。契約後、傘下のルーキー級アリゾナリーグ・レンジャーズでプロデビュー。A-級スポケーン・インディアンス英語版でもプレーし、2球団合計で14試合に登板して1勝2敗3セーブ、防御率2.37、22奪三振を記録した。

2012年はA級ヒッコリー・クロウダッズでプレーし、26試合(先発25試合)に登板して14勝7敗、防御率4.69、奪三振を記録した。

2013年はA+級マートルビーチ・ペリカンズとAA級フリスコ・ラフライダーズでプレーし、2球団合計で27試合に先発登板して8勝4敗、防御率4.22、93奪三振を記録した。

2014年はAA級フリスコでプレーし、27試合(先発26試合)に登板して10勝9敗、防御率4.08、144奪三振を記録した。

2015年は開幕をAAA級ラウンドロック・エクスプレスで迎え、7月末まで18試合(先発17試合)に登板して9勝4敗、防御率4.25、93奪三振を記録した。

フィリーズ時代[編集]

2015年7月31日にコール・ハメルズジェイク・ディークマンとのトレードで、マット・ハリソンニック・ウィリアムズホルヘ・アルファーロジェイク・トンプソンアレク・アッシャー英語版と共にフィラデルフィア・フィリーズへ移籍[2][3]。移籍後は傘下のAAA級リーハイバレー・アイアンピッグスへ配属され、同球団では3試合に登板して2勝1敗、防御率2.49、19奪三振を記録した。8月21日にメジャー初昇格を果たし、同日のマイアミ・マーリンズ戦で先発してメジャー初登板。6回を無失点に抑え、勝利投手となった(最終スコアは7 - 1)[4]。そのまま先発ローテーション入りし、この年メジャーでは8試合に登板して3勝3敗、防御率2.65、49奪三振を記録した。

2016年は年間通じて先発ローテーションに定着し、33試合に先発登板した。登板試合数とほぼ同等の30被弾したが、11勝14敗、防御率3.65、WHIP1.16と好成績を残し、ローテーションの中心的存在の1人として躍動した。33先発登板はナショナルリーグ3位タイの数字である。

2019年オフの11月4日にマイナー契約でAAA級リーハイバレーへ配属され、同日中にFAとなった[5]

パドレス傘下時代[編集]

2019年12月27日にサンディエゴ・パドレスとマイナー契約を結び、2020年スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった。

2020年8月2日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[6]。8月24日に再びマイナー契約となり、[5]26日に自由契約となった。

レンジャーズ傘下時代[編集]

2020年8月30日にテキサス・レンジャーズとマイナー契約を結んだ[7]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2015 PHI 8 8 0 0 0 3 3 0 0 .500 203 51.0 40 5 13 0 0 49 1 0 16 15 2.65 1.04
2016 33 33 0 0 0 11 14 0 0 .440 811 197.1 187 30 42 2 8 167 6 2 88 80 3.65 1.16
2017 24 24 0 0 0 4 8 0 0 .333 576 128.0 142 16 53 4 5 118 6 1 74 67 4.71 1.52
2018 3 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 26 5.1 10 1 0 0 0 11 0 0 4 4 6.75 1.88
MLB:4年 68 66 0 0 0 18 26 0 0 .409 1616 381.2 379 52 108 6 13 345 13 3 182 166 3.91 1.28
  • 2019年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 48(2015年 - 2019年)

脚注[編集]

  1. ^ Breakdown of Phillies' Players Weekend names MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月19日閲覧
  2. ^ 6対2の大型トレード成立へ! レンジャーズ、先発左腕C.ハメルズらを獲得”. ISM (2015年7月30日). 2015年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月2日閲覧。
  3. ^ Rangers get Cole Hamels, reliever for lefty Matt Harrison, 5 prospects”. ESPN (2015年7月29日). 2015年12月2日閲覧。
  4. ^ Eickhoff strong in MLB debut for Phillies in 7-1 win
  5. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2020年8月25日閲覧。
  6. ^ Mark Polishuk (2020年8月2日). “Padres Place Eric Hosmer On 10-Day Injured List; Select Jerad Eickhoff’s Contract” (英語). MLB Trade Rumors. 2020年8月3日閲覧。
  7. ^ Rangers Sign Jerad Eickhoff To Minors Deal” (英語). MLB Trade Rumors. 2020年8月31日閲覧。

関連項目[編集]