ジェラルドのゲーム (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジェラルドのゲーム
Gerald's Game
監督 マイク・フラナガン
脚本 マイク・フラナガン
ジェフ・ハワード
原作 スティーヴン・キングジェラルドのゲーム』(文春文庫
製作 トレヴァー・メイシー
製作総指揮 D・スコット・ランプキン
出演者 カーラ・グギノ
ブルース・グリーンウッド
キアラ・オーレリア
カレル・ストレイケン
音楽 ザ・ニュートン・ブラザーズ
撮影 マイケル・フィモナリ
編集 マイク・フラナガン
製作会社 イントレピッド・ピクチャーズ
配給 世界の旗Netflix
公開 世界の旗2017年9月29日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ジェラルドのゲーム』(原題:Gerald's Game)は2017年に配信されたアメリカ合衆国ホラー映画である。監督はマイク・フラナガン、主演はカーラ・グギノが務めた。本作はスティーヴン・キング1992年に発表した同名小説を原作としている。

ストーリー[編集]

バーリンゲーム夫妻はアラバマ州の人里離れた湖の畔にある家にやってきた。夫のジェラルドがバイアグラを服用している間、妻のジェシーは迷子の犬と戯れていた。その後、新しいネグリジェに着替えたジェシーは鏡の前でセクシーなポーズを取っていた。バイアグラの効きが悪かったので、ジェラルドはもう1錠服用することにした。性的に興奮してきたジェラルドはジェシーを手錠でベッドに緊縛した。ジェシーは夫の振る舞いに驚きを見せたが、ジェラルドは意に介することなく作業を続けた。マニアックな性癖があるジェラルドは疑似レイプを楽しむべく、ジェシーに叫び声を上げてくれと頼み込んだ。ジェシーは真に迫った演技を披露したが、面倒になったのでプレイをやめてくれと言った。ところが、ジェラルドは「もしプレイを続行したらどうなるだろうね」などと言い放った。当然の如く2人は口論になった。バイアグラの過剰服用が祟ったのか、激高したジェラルドはそのまま心臓発作で亡くなってしまった。その結果、ジェシーはベッドに縛り付けられたまま身動きが取れない状態に陥った。

しばらくして、迷子の犬が室内に入ってきたため、ジェシーは脅かして退散させようとした。犬はひるむことなく、そのままジェラルドの遺体を食い散らかした。その直後、死んだはずのジェラルドが立ち上がってジェシーに話しかけてきた。ジェラルドは夫婦間が冷え切っていたという事実と自身の勃起不全を自嘲気味に語り出すのだった。手錠を外す方法を思いつけないまま、時間だけが徒に過ぎていき、ジェシーは疲労感と脱水症状に苦しむようになった。

ほどなくして、ジェシーは幸運にも手錠を外すことができた。ジェシーはジェラルドの幻影に向かって勝ち誇ろうとしたが、そこにいたのはベッドに縛り付けられた自分自身であった。2体に増えた幻影はジェシーの勇気のなさを嘲笑する一方で、近くの棚に水の入ったコップがあることを教えてくれた。身のまわりにある物を駆使して、ジェシーはやっとの思いで水を飲むことができた。

疲れ果てたジェシーは眠りに落ちたが、真夜中に目を覚ました。ふと周囲を見廻すと、そこには背の高い謎の男性が佇んでおり、彼が持っているバッグには骨や小物が多数入っていた。怪物を幻覚だと思ったジェシーは目を閉じたまま「あれは幻覚よ」と何回も唱え続けたが、ジェラルドに「あれは死神だ」と告げられる。間もなくして、ジェラルドはジェシーをネズミ呼ばわりし始めたが、それ原因でジェシーは一層落ち着かなくなった。というのも、父親のトムのことを不意に思い出したからである。トムは親しみを込めてジェシーをネズミと呼ぶことがあった。12歳の頃、ジェシーは家族旅行で湖の畔にある家にいた。そんなある日、ジェシーはトムの膝の上に座りながら日食を眺めていた。その最中、トムは唐突に自慰を始めた。

ここまで思い出したところ、ジェシーは激しい痛みで目を覚ました。手首がこむら返りを起こしたのである。ジェラルドとジェシーの幻影は「トムのことがトラウマだったのではないか」「ジェラルドと結婚したのは、彼がトムと似ていたからだろう」などとジェシーを問い詰めてきた。ジェシーはトムの行為を誰にも告げなかったが、それが記憶に焼き付いてしまったことは否定できなかった。

こうしてジェシーは12歳の頃の忌まわしき記憶との対決を迫られるのだった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

日本語版スタッフ:演出:安江誠、翻訳:有馬康永、録音・調整:吉田佳代子/大谷征央、日本語版制作:BTI Studios/グロービジョン

製作[編集]

2014年5月19日、マイク・フラナガンが本作の監督に起用されたと報じられた[1]2016年9月、Netflixが本作の配給権を獲得していたとの報道があった[2]。10月、カーラ・グギノ、ブルース・グリーンウッド、キアラ・オーレリアらの出演が決まった[3]。17日、本作の主要撮影がアラバマ州モービルで始まった[4]

評価[編集]

本作は批評家から絶賛されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには57件のレビューがあり、批評家支持率は91%、平均点は10点満点で7.6点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「カーラ・グギノのキャリア随一の演技によって、『ジェラルドのゲーム』は小規模のサスペンスを観客に届けている。」となっている[5]。また、Metacriticには12件のレビューがあり、加重平均値は77/100となっている[6]。なお、原作者のスティーヴン・キングも本作を絶賛している[7]

出典[編集]