ジェラール・エッキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジェラール・エッキング
Gérard Hekking
Gérard Hekking 1919.jpg
1919年頃
基本情報
生誕 1879年6月12日
フランスの旗 フランス ナンシー
死没 (1942-06-05) 1942年6月5日(62歳没)
フランスの旗 フランス パリ
ジャンル クラシック
職業 チェリスト

ジェラール・エッキング[1]Gérard Hekking 1879年6月12日 - 1942年6月5日)は、フランスチェリストチェロ教師。

生涯[編集]

エッキングはナンシーに生まれた。彼は1903年から1914年までアムステルダムロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席チェロ奏者を務め、演奏家としての活動の傍らアムステルダム音楽院でチェロの教授として教鞭を執った。第一次世界大戦の最中に親交を結んだジョゼフ・ブノワは、1917年にチェロソナタを彼のために作曲した。彼は同年にガブリエル・フォーレの『チェロソナタ第1番』、また1921年には同『第2番』をアルフレッド・コルトーと共に初演している[2]1927年からはパリ音楽院の教壇に立ち、ここでライネ・フラコット、モーリス・ジャンドロンポール・トルトゥリエらを育てた。彼は生涯この職に留まった。

エッキングはパリで62年の生涯を閉じた。彼はチェリストのアンドレ・エッキングアントン・ヘッキング[1]兄弟とは従兄弟の関係にあたる。

脚注[編集]

出典

  1. ^ a b カナ転写に関しては右記資料を参照した。Pronouncing Dictionary of Music and Musicians, IOWA PUBLIC RADIO (PDF)”. 2013年12月16日閲覧。
  2. ^ NAXOS, FAURE: Cello Sonatas Nos.1 and 2”. 2013年12月16日閲覧。 ただし、文献によっては第1番の初演者は兄のアンドレであるとされる。

参考文献[編集]

  • David Ewen, Encyclopedia of Concert Music. New York; Hill and Wang, 1959.