ジェリー・ゴフィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジェリー・ゴフィン
出生名 Gerald Goffin
生誕 (1939-02-11) 1939年2月11日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク市ブルックリン
死没 (2014-06-19) 2014年6月19日(75歳没)
職業 作詞家
活動期間 1959年 - 2014年
共同作業者 キャロル・キング

ジェリー・ゴフィン(Gerry Goffin、本名:ジェラルド・ゴフィン (Gerald Goffin)、1939年2月11日 - 2014年6月19日)は、アメリカ合衆国作詞家ニューヨークブルックリン区にユダヤ系ロシア人移民の両親の元に生まれた[1]1990年に、かつての作詞作曲のパートナーで、最初の妻でもあったキャロル・キングとともに、ロックの殿堂入りを果たした[1]。2008年現在までに、ゴフィンは Billboard Hot 100 の首位へ7曲、トップ40には59曲を送り込んでいる。

経歴[編集]

ブルックリン実業高等学校 (Brooklyn Technical High School) を卒業後、徴兵されてアメリカ海兵隊予備役に編入された。その後、海軍兵学校で1年間学んだが、海軍を辞め、ニューヨーク市立大学クイーンズ校に入学して化学を専攻した。

1959年8月に、ゴフィンはキャロル・キングと結婚し、夫妻でチームを組んで作詞作曲で成功し、有名なブリル・ビルディングソングライター集団の一角を占めるようになった。最初のヒット曲「ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー」は、シュレルズが吹き込み、1961年1月にBillboard Hot 100の首位に達した。スティーブ・ローレンスが歌った「ゴー・アウェイ・リトル・ガール」は1963年1月に同じく1位を記録した。キング自身が歌った「イット・マイト・アズ・ウェル・レイン・アンティル・セプテンバー」は22位を記録し[2][3]全英シングルチャートの3位を記録した。ザ・モンキーズが吹き込んだ「プレザント・バレー・サンディ (Pleasant Valley Sunday)」は、ビルボード全米3位まで上昇した。

1968年にキングと離婚はしたものの、その後もしばらくは共同での曲づくりが続けられた。2人の間には、後に自身もシンガーソングライターとなったルイーズ・ゴフィン (Louise Goffin) と、シェリー・ゴフィン・コンドー (Sherry Goffin Kondor) が生まれた。キングの回顧録によると、ゴフィンはLSDの服用によって精神疾患を引き起こし、リチウムリチウム塩)の処方や電気けいれん療法を受けるようになり、双極性障害に苦しんでいたという。

キングのほかにも、ゴフィンはバリー・マン (Barry Mann)、ラス・ティテルマン (Russ Titelman)、バリー・ゴールドバーグ (Barry Goldberg)、マイケル・マッサー (Michael Masser) など、何人もの作曲者たちと共同で曲づくりをしている。こうした(キング以外の)作曲家との作品には、以下のようなものがある。

近年の作品としては、以下のようなものがある。 More recent works attributed to Goffin are:

1995年、ゴフィンは再婚した。ゴフィンは、ケリー・クラークソンの才能にいち早く気付いたひとりであり、2001年にクラークソンが『アメリカン・アイドル』のオーディションを受けるよりも前に、彼女を雇い入れてデモ音源を作らせていた。1996年に元妻キャロル・キングの半生を元にした映画「グレイス・オブ・マイ・ハート」用に久しぶりに50年代のスタイルで作詞と作曲を手掛けた。劇中の自らの役はまるでビートニクに描かれていた。

2014年6月19日、カリフォルニア州ロサンゼルスの自宅で死去[4]。75歳没。

ディスコグラフィ[編集]

  • It Ain't Exactly Entertainment (1973)
  • Back Room Blood (1995)[1]

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]

  • "ジェリー・ゴフィン". ロックの殿堂.
  • History of Rock
  • ジェリー・ゴフィン - ソングライターの殿堂(英語)