ジェレミー・ステーシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジェレミー・ステーシー
Jeremy Stacey
Jeremy Stacey (percussionist).jpg
ジェレミー・ステーシー(2007年)
基本情報
生誕 (1963-09-27) 1963年9月27日(55歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル ポップ・ミュージックロックジャズプログレッシブ・ロック
職業 ミュージシャン
担当楽器 ドラムキーボード
共同作業者 キング・クリムゾン
ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ
シェリル・クロウ
クリス・ロビンソン
ザ・ウォーターボーイズ
ユーリズミックス
ジョー・コッカー
パトリシア・カース
ロビー・ウィリアムズ
レモン・トゥリーズ
エコー&ザ・バニーメン
スティーヴン・ウィルソン

ジェレミー・ステーシー[1]Jeremy Stacey1963年9月27日 - )は、英国のドラマー、キーボード・プレイヤーである。

経歴[編集]

彼の関わった活動初期の作品には、1990年代のバンド、レモン・トゥリーズ(The Lemon Trees・ギターに彼の双子の兄弟であるポール・ステーシー、元ワールド・パーティーのガイ・チェンバースらを擁した)や、デンジル(Denzil)といったバンドが含まれていた。彼はまた、シェリル・クロウ[2]、フィン・ブラザーズ、ニック・ハーパー、ノエル・ギャラガーザ・ウォーターボーイズトーマス・アンダースエコー&ザ・バニーメンユーリズミックスジョー・コッカーブラック・クロウズのクリス・ロビンソン、アダムF、アンドレア・ボチェッリパトリシア・カーススザンナ・ホフスマイク・スコットロビー・ウィリアムズアズテック・カメラシャルロット・ゲンズブール、ネリーナ・パロット、クレア・マーティン(1999年のアルバム『Take My Heart』のドラム)、マーク・ウィングフィールド、イアン・バラミー、クリス・スクワイア(アルバム『Chris Squire's Swiss Choir』)、シン(The Syn・2005年のアルバム『Syndestructible』ポール・ステーシーと共に)、シーア(アルバム『Colour the Small One』)、ローレンス・コットル、ジェイソン・リベイロ、Zero 7、マルコム・マクラーレン、ボリス・ グレベンシコフ、スティーヴ・ハケットといった面々と演奏した。

2011年にはライアン・アダムスとアルバム『アッシズ&ファイア』を録音し、2014年にはライアン・アダムスと再び録音を行った。

彼はノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズの一角を担った[3]

スクアケット(Squackett)のアルバムで演奏した(クリス・スクワイア、スティーヴ・ハケットと一緒に)。

2016年3月7日、彼は2016年のキング・クリムゾン・ヨーロッパ・ツアーにおける中央のドラマーとして、ビル・リーフリンに替わって参加することとなったとアナウンスされた[4][5]。リーフリンがバンドに戻った後も、彼が保持していたポジションをとることになった[6]

彼はまたスティーヴン・ウィルソンのアルバム『トゥ・ザ・ボーン』で演奏した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ジェレミー・ステイシーの表記もある。
  2. ^ Thompson, Bill (2008年5月26日). “Crow gets old-school”. Cincinnati.Com. p. 2. 2010年5月18日閲覧。
  3. ^ McCormick, Neil (2015年2月3日). “Noel Gallagher’s High Flying Birds, The Dome, Tufnell Park, review: 'reliable' Noel Gallagher and his band delivered a night of big, solid songs with massive singalong choruses, says Neil McCormick”. The Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/culture/music/live-music-reviews/11387020/Noel-Gallaghers-High-Flying-Birds-The-Dome-Tufnell-Park-review-reliable.html 2016年5月30日閲覧。 
  4. ^ Smith, Sid (2016年3月7日). “New Drummer for KC”. DGMLive.com. 2016年3月7日閲覧。
  5. ^ Munro, Scott (2016年3月7日). “King Crimson call up drummer Jeremy Stacey—King Crimson bring in sticksman to replace Bill Rieflin for 2016 tour dates”. TEAMROCK.COM. http://teamrock.com/news/2016-03-07/king-crimson-call-up-drummer-jeremy-stacey 2016年5月30日閲覧。 
  6. ^ Robert Fripp's Diary”. DGM Live. 2017年2月13日閲覧。