ジェンキンス (DD-447)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
DD-447 ジェンキンス
メア・アイランド海軍造船所沖のジェンキンス (1945年1月15日)
メア・アイランド海軍造船所沖のジェンキンス
(1945年1月15日)
基本情報
建造所 フェデラル・シップビルディング・アンド・ドライドック
運用者  アメリカ海軍
艦種 駆逐艦
級名 フレッチャー級駆逐艦
愛称 Jerky Jenkins(頓馬なジェンキンス)
Mighty J(強力なJ)[1]
艦歴
起工 1941年11月27日
進水 1942年6月21日
就役 1942年7月31日
1951年11月2日
退役 1946年5月1日
1969年7月2日
除籍 1969年7月2日
除籍後 1971年2月17日にスクラップとして売却
要目
排水量 2,100 トン
全長 376 ft 4 in (114.7 m)
39 ft 5 in (12.0 m)
吃水 13 ft (4.0 m)
機関 蒸気タービン、2軸推進 60,000shp(45MW)
最大速力 36ノット(67km/h)
航続距離 6,500海里 (12,000 km)
15ノット(30km/h)時
乗員 士官、兵員273名
兵装 竣工時:5インチ砲×5門
40mm機関砲×10門
20mm機関砲×7門
21インチ五連装魚雷発射管×2基
爆雷投下軌条×2基
爆雷投射機×6基
搭載機 QH-50 DASH無人対潜ヘリコプター×2機(FRAM II改装後)
テンプレートを表示

ジェンキンス (USS Jenkins, DD-447) は、アメリカ海軍駆逐艦フレッチャー級駆逐艦の一隻。艦名はソーントン・A・ジェンキンス海軍少将に因む。その名を持つ艦としては2隻目。

艦歴[編集]

ジェンキンスは太平洋戦争開戦前の1941年11月27日ニュージャージー州カーニーフェデラル・シップビルディング・アンド・ドライドック社で起工され、1942年6月21日にマリオン・パーカー・エンブリー夫人によって、姉妹艦のラ・ヴァレット(USS La Vallette, DD-448)と同時に進水。同年7月31日に艦長H・F・ミラー少佐の指揮下就役した[2]

第二次世界大戦[編集]

就役後、1942年の夏を慣熟訓練で過ごしたジェンキンスは10月24日にメイン州カスコ湾を出発し、北アフリカへの上陸作戦(トーチ作戦)に参加する船団を護衛した。11月8日にカサブランカ沖に到着後、ジェンキンスはカサブランカ沖海戦に参加した。作戦成功後、11月19日にニューヨークへ戻ったジェンキンスは太平洋艦隊に配属され、対日作戦に参加することになった[2]

年が明けた1943年1月4日にニューカレドニアヌーメアへ到着後、ジェンキンスは直ちにソロモン諸島珊瑚海で哨戒活動を開始。6月29日にジェンキンスはニュージョージア島への上陸で支援砲撃を行った。さらに、ヴォールデン・L・エインスワース少将率いる第36.1任務群に加わったジェンキンスは7月5日にツラギを出撃しコロンバンガラ島沖海戦に参加した[2]

7月18日、ジェンキンスは損傷した水上機母艦チンコテーグ英語版(USS Chincoteague, AVP-24)を支援するためにサンタクルーズ諸島南方160kmの海域へ派遣された。日本軍の空襲を受けたものの、ジェンキンスはチンコテーグを無事にエスピリトゥサント島へ到着させることができた[2]

続く4ヶ月間、ジェンキンスは護衛任務、演習をこなすと共にギルバート・マーシャル諸島の戦いへ参加する。ジェンキンスは11月5日にマキンの戦いタラワの戦いの支援を行うアーサー・W・ラドフォード少将の空母群の護衛を行い、続いてジェンキンスと空母群は12月4日からマーシャル諸島クェゼリン環礁ウォッジェ環礁への空襲のため移動した。作戦中に空襲によって空母レキシントン(USS Lexington, CV-16)が被雷したため、ジェンキンスはレキシントンを護衛して12月9日に真珠湾に到着した[2]

1944年1月25日、ジェンキンスはマーシャル諸島で支援を行っている空母その他艦艇への給油を行うタンカーと共にハワイを出発する。2月を通じてタンカーと行動を共にした後、3月にブーゲンビル島を艦砲射撃した。4月下旬にはホーランジアの戦いアイタペの戦いを支援する第77任務部隊を護衛、6月にはビアク島沖海戦にも参加している。その後も夏の間、ジェンキンスはヌンホル島の戦い英語版サンサポールの戦いモロタイ島の戦いの支援や哨戒・護衛といった様々な活動を行った[2]

ジェンキンスはレイテ島の戦いに参加するため10月12日にマヌス島を出発、レーダーピケット艦及び戦闘機管制艦として活動する。レイテ沖海戦中も11月27日までレーダーピケット任務を継続した。12月28日からはルソン島の戦いで沿岸砲撃を実施したほか、1945年1月下旬からはリンガエン湾で対潜哨戒に従事した[2]

1943年頃のジェンキンス。

1945年1月31日、フィリピンミンドロ島北西沖でオバノン(USS O'Bannon, DD-450)、ベル英語版(USS Bell, DD-587)、米護衛駆逐艦ウルヴァート・M・ムーア英語版(USS Ulvert M. Moore, DE-442)と共にミンドロ島ルソン島の間を通過する日本の輸送船がいないか哨戒していた。1955、ルソン島の戦いを支援していた米軽巡洋艦ボイシ(USS Boise, CL-47)がレーダーで船を探知。その後ベルも9250ヤードの距離で船をレーダー探知。確認のためベルとオバノンが現場に向かった。その後、レーダーから反応が消えたため潜水艦と判断した2隻はソナーで潜水艦を探知し、爆雷を投下したが効果はなかった。その後、ウルヴァート・M・ムーアが支援のために合流。ベルは再度潜水艦をソナー探知。爆雷投下により、重油が浮かび上がってくるのを確認した。2122、ジェンキンスが合流し、爆雷攻撃を行った。1時間後、ウルヴァート・M・ムーアがヘッジホッグ24発を投下。その後もヘッジホッグ攻撃を行った。2月1日0015、ウルヴァート・M・ムーアが最後のヘッジホッグ攻撃を行い、その結果潜水艦を撃沈した[3][4]。この潜水艦は呂号第百十五潜水艦であった。

ジェンキンスは2月13日にコレヒドール島の沿岸砲撃と掃海活動に従事、以降も4月下旬まで各地での砲撃支援や対潜哨戒を継続した[2]。ジェンキンスは4月24日にスービック湾を出撃し、ボルネオ島近海のセレベス海で掃海と上陸援護に向かったが、4月30日にタラカン島で触雷してしまい乗員1名が戦死。損傷したジェンキンスはスービック湾へ後退し浮きドックに入渠して応急修理を行った[5]

ジェンキンスは6月18日に本格的な修理を実施するため出港、7月8日にカリフォルニア州サンペドロへ到着する。そのまま西海岸で終戦を迎えたジェンキンスは1946年5月1日に退役した[2]

朝鮮戦争[編集]

FRAM改装後、護衛駆逐艦(DDE)となったジェンキンス。1953年1月14日撮影。

朝鮮戦争の勃発により1951年11月2日、ジェンキンスは DDE-447 (護衛駆逐艦)として、艦長C・F・マクギヴァーン中佐の指揮下再就役する。1952年2月25日にサンディエゴを出航し、真珠湾での訓練期間に入る。訓練が完了すると6月12日に日本に到着し、その年の夏は、朝鮮半島の地上部隊に航空支援を行う第77任務部隊と共に作戦活動に従事する。ジェンキンスはさらに韓国沖合、台湾での偵察任務を行い、12月5日に母港の真珠湾に帰還した[2]

真珠湾での活動後、1953年11月10日に再び極東に配備される。韓国および台湾海域の偵察を行い、6月15日に真珠湾に帰還した。1954年から1963年までジェンキンスは第7艦隊とともに平和維持活動のため毎年巡航を行う。1958年の配備では人民解放軍金門島馬祖島国民党軍に対して示威活動を行い、第7艦隊は警戒態勢に入った[2]

ベトナム戦争[編集]

FRAM II改装後のジェンキンス。QH-50 DASH用の格納庫と飛行甲板がよくわかる。1964年頃。

1960年代初め、ジェンキンスにはニコラスUSS Nicholas, DD-449)とラドフォードUSS Radford, DD-446)と同様に更なる改装(FRAM II)が行われた。1962年6月30日にジェンキンスは DD-447 (駆逐艦)に艦種が戻された[6]

ラオスベトナムにおける共産勢力の攻勢により、1960年代の第7艦隊の配備は重要な意味を持った。ジェンキンスは1964年1965年の大半は真珠湾を拠点として作戦活動に従事した[2]

1966年2月9日に再び極東へ出航し、21日にはベトナムの海兵隊を支援するため支援艦砲射撃を行う。日本とフィリピンでの休養後、ジェンキンスは任務を再開し、7月22日に真珠湾に帰還した[2]

その後ハワイ海域で作戦活動に従事し、9月11日にオーバーホールのため真珠湾海軍造船所入りする。作業は1967年初めに完了し、ベトナム周辺での新たな任務のための準備を行った[2]

ジェンキンスはその後1969年7月2日に退役し、1971年2月17日にスクラップとして売却された[2]

栄典[編集]

ジェンキンスは第二次世界大戦の戦功で14個の、朝鮮戦争の戦功で1個の従軍星章を受章した。

脚注[編集]

  1. ^ Ship Nicknames”. www.zuzuray.com. 2019年11月12日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Jenkins II (DD-447)”. Naval History and Heritage Command. 2019年11月12日閲覧。
  3. ^ 『日本海軍史』第7巻、379頁。
  4. ^ 『日本海軍の潜水艦 - その系譜と戦歴全記録』163頁。
  5. ^ USS Jenkins DD 447”. www.destroyerhistory.org. 2019年11月12日閲覧。
  6. ^ USS JENKINS (DD-447 / DDE-447)”. Navsource.org. 2019年11月12日閲覧。

参考文献[編集]

  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第一法規出版、1995年。
  • 勝目純也『日本海軍の潜水艦 - その系譜と戦歴全記録』大日本絵画、2010年。

関連項目[編集]