ジェンダー研究

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ジェンダー研究(Gender Studies)とは、ジェンダーセクシュアリティに関する諸問題の研究である[1]

概要[編集]

ウーマンリブ運動を起源に、当初は女性の地位の向上を目的に女性学として発達を遂げてきた。やがて男性学LGBTクィア理論などと合流し、90年代以降、さらに深化・発展させるものとして、ジェンダーを対象にする学際的学問分野として盛んになった[2][3]

「ジェンダー研究」は、女性という主体を無数の性のグラデーションの中に置いてしまうとされ、現在ではフェミニズムの力を希釈化する「バックラッシュ」だとされている。(『フェミニズム理論辞典』)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 早稲田大学ジェンダー研究所HP
  2. ^ 早稲田大学ジェンダー研究所HP
  3. ^ 国際基督教大学CGS HP

参考文献[編集]

  • 『トランスジェンダリズム宣言―性別の自己決定権と多様な性の肯定』社会批評社(2003) ISBN 4916117557
  • 『フェミニズム理論辞典』(明石書店)(1999/07)ISBN 4750311723

関連項目[編集]

概念[編集]

人物[編集]

団体[編集]