ジェントリフィケーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ニューヨークソーホーでかつて倉庫や工場に使われていたキャストアイアン建築。都心の廃屋となっていたが、1950年代以降の画家・ミュージシャン・詩人などの流入でカウンターカルチャーの中心地となった。彼らの文化やボヘミアニズムにあこがれたヤッピーなど若い富裕層の流入で高級アパートや高級レストランが増え家賃が上がり、1980年代以降高級住宅地と化し古くからの住民も芸術家も転出を余儀なくされた。
Before shot of Berlin Mitte
都心の廃屋を芸術家や運動家が不法占拠した時代のベルリン・ミッテ区の一角。
After shot of Mitte
ジェントリフィケーション後の同じ場所。
ベルリンのマインツァー通りにある建物
メキシコシティコロニアローマにある新しいロフトタワーの隣にある20世紀初頭の損傷した建物
ワルシャワでのジェントリフィケーション

ジェントリフィケーション(英語:Gentrification、紳士化)とは、地域における居住者の階層の上位化とともに、建物の改修やクリアランス(再開発)の結果としての居住空間の質の向上が進行する現象のことである[1]。より裕福な居住者や企業の流入を通じて、近隣の性格を変えるプロセスで [2]これは、政治や都市計画において一般的で物議を醸すトピックである。ジェントリフィケーションはしばしば近所の経済的価値を高めるが、結果として生じる人口動態の変化はしばしば論争の原因となるが、ジェントリフィケーションされた建築様式で新しい、より高価な住宅やビジネスを開発し、リソースを改善することによって、近隣の人種/民族構成と平均世帯収入を変えることがよくある [3] [4] [5]

ジェントリフィケーションのプロセスは、通常、近隣の都市、町、または近隣からこぼれる高収入の人々による地域への魅力の増加の結果で、さらなるステップは、不動産開発事業、地方自治体、またはコミュニティ活動家によるコミュニティおよび関連インフラストラクチャの社会的責任投資の増加とその結果としての経済発展、ビジネスの魅力の増加、および犯罪率の低下がある。これらの潜在的な利点に加えて、ジェントリフィケーションは人口移動と移動につながる可能性がある。しかし、一部の人々にとっては[誰?]、ジェントリフィケーションに関する議論を支配している避難の恐れを、都市再開発戦略の利益を分配するための真の進歩的なアプローチについての議論を妨げるものとしてみられる[6]

経緯[編集]

ジェントリフィケーションはロンドンで初めて確認され[7]、1964年にルース・グラス英語版により初めて言及された[注釈 1][1]。その地域では居住者の階層が労働者階級から中間階級に移行するとともに、伝統建築物の価値上昇や、粗末な住宅の高級な住宅への建て替えなどが起こっていた[8]

ジェントリフィケーションという用語名は、イギリスにおいて環境悪化の影響で都心から転出していたジェントルマンが再転入したことに由来する[9]。日本では「紳士化」と和訳されたこともあった[9]

その後世界中でジェントリフィケーションが発生していった[10]

起源と語源[編集]

ベルリンのプレンツラウアーベルクにおける象徴的なジェントリフィケーション

ジェントリフィケーションという用語は、さまざまな方法で定義できる多面的な現象を指すようになる。ジェントリフィケーションとは、「住宅ストックの物理的改善、賃貸から所有への住宅所有権の変更、価格の上昇、労働者階級の人口の新しい中産階級への移動または置き換えを含む複雑なプロセス」である [11]

原因[編集]

ジェントリフィケーションの発生原因として、新中間階級の都心回帰と地代格差論が挙げられる[1]。原因が新中間階級の都心回帰なのか地代格差論なのかはジェントリフィケーション研究において論争の対象となっている[12]

新中間階級の都心回帰[編集]

今まで郊外に居住していた新中間階級がインナーシティの伝統的な建築物を再評価し、現代的な建築物に改修しつつ環境を改善し、居住していく動向が発生原因とされる[13]。このとき、新中間階級がジェントリファイヤーとなっている[14]。この理論は、デイヴィッド・レイ英語版などが主張している[注釈 2][1]

地代格差論[編集]

地代格差論rent gap theory)によると、地代が低下したインナーシティにおいて開発を行い利潤を得ようとする動向が発生原因とされる[1]。インナーシティでの環境低下により次第に資本化地代(capitalized ground rent)が低下していくが、これにより、最適な土地利用がなされたときの地代、すなわち潜在的地代(potential ground rent)との差異が拡大し、地代格差が形成される[15]。こののち、利潤率が高くリスクが低い状況として金融資本の投資先として選定されていくことで、ジェントリフィケーションが発生すると説明される[15]。この理論はニール・スミスが主張した[注釈 3][1]

影響[編集]

1970年代ではインナーシティの再生と言われ[7]、ジェントリフィケーションに対する期待も高かった[16]。富裕層や経済活動が郊外移転していた先進国の大都市中心部では低所得者、高齢者、移民が集中していたことから、ジェントリフィケーションに伴う都心回帰の結果、都心部の人口のバランスの改善や地域の再活性化が起こった[17]。しかし、問題点として立ち退きがあり、特に低所得者や高齢者などがその対象となった[18]。ジェントリフィケーションに伴う家賃上昇の結果、居住環境の悪い場所への転居を余儀なくされ、地域コミュニティの崩壊やホームレスの発生を引き起こすこともある[19]。通常、ジェントリフィケーションされる領域は、構造的には健全ですが、劣化して古くなり、潜在的なジェントリフィケーションを引き付ける歴史的重要性など、あいまいなアメニティが含まれていることがよくある [20]ジェントリーは、主に一戸建て住宅のために、これらの家を購入して復元。場合によっては、2つ以上の隣接する不動産区画が1つのロットに統合される。もう1つの現象は「ロフトコンバージョン」で、多目的エリア、多くの場合、廃墟となった工業ビルや荒廃したアパートを、次のジェントリフィケーション用の住宅にリノベーションし 衰退する近隣のそのような安定化とそれに対応するそのような近隣のイメージの改善は、ジェントリフィケーションを支持するために使用される議論の1つでもある[21]

形態の変化[編集]

香港・湾仔区の利東街
印刷業者が立ち並んでいた、再開発前の利東街(2006年)
高級マンションやショッピング街として再開発された後の利東街(2016年)

2000年代以降、ジェントリフィケーションの形態が変化し、新築のジェントリフィケーション、商業のジェントリフィケーション、観光のジェントリフィケーションが発生するようになってきた[22]

新築のジェントリフィケーション[編集]

既存住宅の改修に限らず、既存住宅の建て替えを伴う再開発に関してもジェントリフィケーションに含まれるようになってきた[22]新築のジェントリフィケーションnew-build gentrification)は、新たに高級な住宅や商業施設を建設する場合のジェントリフィケーションのことを指す[23]。新築のジェントリフィケーションは2000年代にロンドンのテムズ川沿いで発生し[24]、これが最初の報告とされる[23]

新築のジェントリフィケーションにおいては直接的な立ち退きは発生しない[23]。しかし、高所得者の転入の結果、周辺住民との所得格差が拡大したことで、低所得者向けの商店の喪失や住宅供給不足などが発生する形で間接的な立ち退きが進行する[25]

商業のジェントリフィケーション[編集]

商業のジェントリフィケーションcommercial gentrification)とは、土地利用が宅地から商業地に変化する場合のジェントリフィケーションである[23]。商業のジェントリフィケーションにより、ジェントリファイヤーの消費ニーズを満たせるが、既存の低所得者に対しては排除的な空間にも変化し得る[23]

観光のジェントリフィケーション[編集]

観光のジェントリフィケーションtourism gentrification)とは、観光地におけるジェントリフィケーションである[26]。当該地域では富裕となるが、一方で排除的な空間にもなる[26]

[編集]

日本においては、2000年代以降の東京都の都心部や湾岸地区で顕著である。再開発により旧来の住宅地が再開発され、高級マンションや高層オフィスに変貌している。

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ Glass, R. (1964). “Aspects of change”. In Centre for Urban Studies. Aspects of Change. MacGibon. pp. 13-42 
  2. ^ Ley, D. (1996). The new middle class and the remaking of the central city. Oxford University Press 
  3. ^ Smith, N. (1996). The new urban frontier: Gentrification and the revanchist city. Routledge 

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 藤塚 2014a, p. 118.
  2. ^ Gentrification”. Dictionary.com. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。Lees, Slater & Wyly 2010[要ページ番号] define gentrification as "the transformation of a working-class or vacant area of the central city to a middle class residential and/or commercial use".
  3. ^ West, Allyn (2020年3月5日). “Baffled City: Exploring the architecture of gentrification”. Texas Observer. オリジナルの2020年6月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200622141519/https://www.texasobserver.org/gentrification-architecture/ 2020年6月21日閲覧。 
  4. ^ Harrison, Sally; Jacobs, Andrew (2016). “Gentrification and the Heterogeneous City: Finding a Role for Design”. The Plan 1 (2). doi:10.15274/tpj.2016.01.02.03. http://www.theplanjournal.com/article/gentrification-and-heterogeneous-city-finding-role-design. 
  5. ^ Health Effects of Gentrification”. Centers for Disease Control. Centers for Disease Control (2015年3月24日). 2015年3月24日閲覧。
  6. ^ Morisson & Bevilacqua 2018[要ページ番号]
  7. ^ a b 藤塚 1994, p. 496.
  8. ^ 藤塚 1994, p. 497.
  9. ^ a b 藤塚 2014b, p. 48.
  10. ^ 藤塚 1994, p. 512.
  11. ^ Hamnett, 2000[要文献特定詳細情報]; Freeman (2006) "The significant gaps in our understanding of gentrification persists despite a voluminous literature developed over several decades that perhaps reflects the chaotic nature of gentrification as a concept (Beauregard 1986). As such it means different things, under different circumstances, to different people. This chaos results from the different manifestations of gentrification and its different ways of impacting people in its wake."
  12. ^ 藤塚 2013, p. 376.
  13. ^ 藤塚 1994, p. 506.
  14. ^ 藤塚 1994, p. 505.
  15. ^ a b 藤塚 1994, p. 503.
  16. ^ 藤塚 1994, p. 501.
  17. ^ 藤塚 1994, pp. 497-498.
  18. ^ 藤塚 1994, pp. 498-499.
  19. ^ 藤塚 1994, pp. 499-500.
  20. ^ Smith & Williams 1986[要ページ番号]
  21. ^ Murdie & Teixeira 2009[要ページ番号]
  22. ^ a b 黄 2017, p. 60.
  23. ^ a b c d e 黄 2017, p. 61.
  24. ^ 藤塚 2014b, p. 49.
  25. ^ 藤塚 2014b, pp. 49-51.
  26. ^ a b 黄 2017, p. 62.

参考文献[編集]

  • 黄幸「ジェントリフィケーション研究の変化と地域的拡大」『地理科学』第72巻第2号、2017年、 56-79頁、 doi:10.20630/chirikagaku.72.2_56
  • 藤塚吉浩「ジェントリフィケーション 海外諸国の研究動向と日本における研究の可能性」『人文地理』第46巻第5号、1994年、 496-514頁、 doi:10.4200/jjhg1948.46.496
  • 藤塚吉浩「ジェントリフィケーション」『人文地理学事典』人文地理学会 編、丸善出版、2013年、376-377頁。ISBN 978-4-621-08687-2。
  • 藤塚吉浩 (2014a). “ジェントリフィケーション”. In 藤井正・神谷浩夫. よくわかる都市地理学. ミネルヴァ書房. pp. 118-119. ISBN 978-4-623-06723-7 
  • 藤塚吉浩 (2014b). “ジェントリフィケーションの新たな展開”. 地理 59 (4): 48-53. 
  • Freeman, Lance (2006). There Goes the 'Hood: Views of Gentrification from the Ground Up. Philadelphia, PA: Temple University. ISBN 978-1-59213-437-3. https://archive.org/details/therego_fre_2006_00_1751 
  • The Gentrification Reader. London: Routledge. (2010). ISBN 978-0415548403 
  • Murdie, R.; Teixeira, C. (2009). “The impact of gentrification on ethnic neighbourhoods in Toronto: A case study of Little Portugal”. Urban Studies 48 (1): 61–83. doi:10.1177/0042098009360227. PMID 21174893. http://neighbourhoodchange.ca/wp-content/uploads//2011/06/Murdie-Teixeira-2011-Gentrification-Toronto-Little-Portugal-UrbStud.pdf. 
  • Morisson, Arnault; Bevilacqua, Carmelina (16 May 2018). “Balancing gentrification in the knowledge economy: the case of Chattanooga's innovation district”. Urban Research & Practice 12 (4): 472–492. doi:10.1080/17535069.2018.1472799. 
  • Smith, Neil; Williams, Peter (1986). Gentrification of the City. Boston: Allen & Unwin. ISBN 9780043012024