ジェーシードゥコー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジェーシードゥコー
JCDecaux S.A.
JCDecaux logo.svg
種類 株式会社
市場情報 EuronextDEC
本社所在地 フランスの旗 フランス
ヌイイ=シュル=セーヌ
設立 1964年
業種 媒体社
事業内容 空港交通機関、屋外における広告パネルの設置など
代表者 ジャン・クロード・ドコー
資本金 340万ユーロ
売上高 19億4600万ユーロ(2006年度)
従業員数 約13,000名
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

ジーセードコーフランス語: JCDecaux S.A.)は、フランスイル=ド=フランスヌイイ=シュル=セーヌに本社を置き、世界70ヶ国以上に拠点を持つ広告代理店。デジタルサイネージやビルボードなどの屋外広告分野における世界最大手である。日本では、三菱商事との合弁企業であるエムシードゥコー株式会社が事業を行っている。ユーロネクスト・パリ上場企業(EuronextDEC )。

沿革[編集]

1964年、創始者であるジャン-クロード・ドゥコー(Jean-Claude Decaux)が、バス待合所の看板を利用した広告事業を興したことからスタート、2年後にはブリュッセルなどフランス国外への進出を開始し、1980年代に入ると、ニュースを流せる電子広告看板や、限られたスペースに複数の広告を掲載できるスクロール看板を投入していった[1]。1990年代には1994年サンフランシスコを皮切りに、アメリカ合衆国での広告事業を開始、1997年シドニー1999年シンガポールに進出した[1]。1999年に同業大手のHavas Media Communicationを買収し空港における看板広告の分野でシェアを拡げ[2]2001年に株式を上場した[3]

2010年、売上における世界最大の屋外広告事業者となった[4]

日本における事業[編集]

日本では、2000年10月、三菱商事との合弁企業であるエムシードゥコー株式会社が設立され、広告付きバス停留所などを含むシティスケープ®事業、モールスケープ®事業を展開している。2014年以降、ジェーシードゥコーが85%、三菱商事が15%の株式保有比率となっている。

関連項目[編集]

  • ヴェリブ - パリ市当局との契約により、ジェーシードゥコーがパリ市内で優先的に広告を設置できる権利と交換に、システム運営に掛かる経費を負担している自転車貸出システムである。同社はパリ市以外に世界約70都市で同様の事業を展開している。
  • アヴィレ - 富山県富山市で、ジェーシードゥコーの子会社であるシクロシティが運用している自転車貸出システム。シクロシティがヨーロッパ以外にコミュニティサイクルシステムを導入した初の事例となった[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b History” (英語). JCDecaux S.A.. 2019年7月30日閲覧。
  2. ^ JC Decaux to buy Havas' outdoor advertising divisiond” (英語). campaign.co.uk (1999年4月27日). 2019年7月30日閲覧。
  3. ^ France's JCDecaux Will Float 20%-22% of Firm in June IPO” (英語). ウォール・ストリート・ジャーナル (2001年5月30日). 2019年7月30日閲覧。
  4. ^ JCDecaux: number one outdoor advertising company in the world” (英語). JCDecaux S.A. (2011年2月9日). 2019年7月30日閲覧。
  5. ^ ついに日本上陸!!ヴェリブ型レンタサイクルは革命を起こすか? 前編