ジェイムズ・アリソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジェイムズ・アリソン
James Allison
James Allison in 2018.jpg
メルセデスF1在籍時代(2018年)
生誕 (1968-02-22) 1968年2月22日(51歳)
イングランドの旗 イングランド
リンカンシャー州ラウス
国籍 イギリスの旗 イギリス
教育 ケンブリッジ大学
業績
専門分野 自動車エンジニア
フォーミュラ1カーデザイナー
テクニカルディレクター
勤務先 メルセデスAMG F1(2017 - 現在)
雇用者 ベネトン(1991 - 1999)
ラルース(不明)
フェラーリ(2000 - 2005, 2013 - 2016)
ルノー/ロータスF1(2005 - 2013)
設計 ルノー・R30 ほか
ロータス・E20 ほか
フェラーリ・F14 T
メルセデス・F1 W08 EQ Power+ ほか

ジェイムズ・アリソンJames Allison1968年2月22日- )は、イングランド出身の自動車技術者

主に、モータースポーツの技術者としてF1チームの役職を歴任。特にテクニカルディレクターの要職を長らく務め、F1マシンの設計にも携わっている。父はイギリス空軍大将(Air chief marshal)のジョン・アリソン卿

経歴[編集]

アビングドンスクールケンブリッジ大学で学ぶ。1991年にケンブリッジ大学を卒業後[1]ベネトン・フォーミュラの空力部門に加わる。 その後ラルースの空力責任者を経て1990年代半ばにベネトンに空力責任者として戻る。2000年フェラーリに移籍しチームの黄金期を支える。2005年に副テクニカルディレクターとしてルノーF1(旧ベネトン・ルノー)に再び戻った。

2009年テクニカルディレクターに昇進。2012年にルノーがロータスF1チームとなったが、引き続き在籍した。

2013年5月8日にロータスF1チームを辞任、2013年7月29日、フェラーリにシャシーテクニカルディレクター、その後テクニカルディレクターとして再加入した[2]。2016年7月27日に個人的な理由のためフェラーリを離脱[3]

2017年2月16日、メルセデスAMG F1に、新たに設けたテクニカルディレクターの待遇で加入[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ People: James Allison”. GrandPrix.com. 2017年2月17日閲覧。
  2. ^ Ferrari: James Allison leaves role as technical director”. BBC Sport. 2017年2月17日閲覧。
  3. ^ James Allison leaves Ferrari”. Sky Sports. 2017年2月17日閲覧。
  4. ^ Allison to join Mercedes as technical chief”. gpupdate.net. 2017年2月17日閲覧。