ジェームス滝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジェームス滝(ジェームスたき)は、元グループ・サウンズミュージシャン。本名:相良直嗣。別名:滝良二。

ミュージカルにも出演していた。森山良子の2度目の夫(後に離婚)、森山直太朗の実父、森山奈歩の元継父。現在は、1970年代のスタンダードジャズとポップスを中心に、ライブハウスなどで活動を行っている。

プロフィール[編集]

経歴[編集]

  • 18歳よりナイトクラブにてジャズ歌手としてスタートし、22歳で「横田年昭とリオフラウティスト」のソロボーカリストとして参加。その後、キングレコードよりソロデビュー。現在は、S&S(シンプル&ソフト)のヴォーカルを担当している。

エピソード[編集]

  • 息子である森山直太朗の誕生日にライブを行い、「今日は特別な日でして、息子の誕生日なんです」とMCをする直太朗ファンっぷり。しかしその後「メールの返事がこない」と、寂しい父親の姿も見せる。
  • 直太朗は、赤シャツに白ダブルスーツの衣装を着た自身の姿を「若かりし日の父親と瓜二つ」と表現した。[1]

脚注[編集]