ジェームズ・カプリーリアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ジェームズ・キャプレリアン
ジェームズ・カプリーリアン
James Kaprielian
オークランド・アスレチックス #75
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州オレンジ郡ラグナヒルズ英語版
生年月日 (1994-03-02) 1994年3月2日(25歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2015年 MLBドラフト1巡目
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジェームズ・ダグラス・カプリーリアンJames Douglas Kaprielian, 1994年3月2日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州オレンジ郡ラグナヒルズ英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBオークランド・アスレチックス所属。

メディアによっては「キャプレリアン」と表記されることもある。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2012年MLBドラフト40巡目(全体1211位)でシアトル・マリナーズから指名されたが、この時は契約せずにカリフォルニア大学ロサンゼルス校へ進学した。

プロ入りとヤンキース傘下時代[編集]

2015年MLBドラフト1巡目(全体16位)でニューヨーク・ヤンキースから指名され、プロ入り。契約後、ルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ヤンキース2でプロデビュー。A-級スタテンアイランド・ヤンキースでもプレーし、2球団合計で5試合(先発3試合)に登板して0勝1敗、防御率3.97、14奪三振を記録した。

2016年はA+級タンパ・ヤンキースでプレーし、3試合に先発登板して2勝1敗、防御率1.50、22奪三振を記録した。オフにはアリゾナ・フォールリーグに参加し、スコッツデール・スコーピオンズに所属した。

2017年4月にはトミー・ジョン手術を受けた[1]

アスレチックス時代[編集]

2017年7月31日にソニー・グレイとのトレードで、ダスティン・ファウラーホルヘ・マテオと共にオークランド・アスレチックスへ移籍した[2]。この年は手術の影響で登板しなかった。

2018年もプレーしなかった。オフの11月20日にルール・ファイブ・ドラフトでの流出を防ぐために40人枠入りを果たした[3]

脚注[編集]

  1. ^ Bryan Hoch (2017年4月13日). “Surgery set for Yanks prospect Kaprielian” (英語). MLB.com. 2019年6月23日閲覧。
  2. ^ Bryan Hoch (2017年7月31日). “Nifty trade of Gray to Yanks creates buzz” (英語). MLB.com. 2019年6月23日閲覧。
  3. ^ Jane Lee (2018年11月20日). “A's acquire Bucs righty, add 4 to 40-man roster” (英語). MLB.com. 2019年6月23日閲覧。