ジェームズ・ガーディナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジェームズ・マクドナルド・ガーディナー
James McDonald Gardiner.jpg
生誕 1857年5月22日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 セントルイス
死没 1925年11月25日
日本の旗 日本 東京 聖路加病院
出身校 ハーバード大学
職業 建築家教育者
配偶者 フローレンス・ピットマン
子供 3人

ジェームズ・マクドナルド・ガーディナーJames McDonald Gardiner1857年5月22日 - 1925年11月25日)はアメリカ人建築家教育者[1][2]

生涯[編集]

アメリカ合衆国ミズーリ州東部の都市、セントルイスで生まれる[3]1875年ハーバード大学へ入学するも、1877年に中退。1880年6月チャニング・ウィリアムズの要請により聖公会伝道局から築地立教学校への派遣が決定され、9月20日サンフランシスコを出航して、10月14日横浜へ到着[4]。同年には立教学校第3代校長に就任する[5]翌年に日光でフローレンス・ピットマンに出会い、婚約する[3]。同年から1883年にかけ、築地居留地に立教大学校(St. Paul's College)を建設し、完成後校長に就任した。一時体調を崩して帰米し、故郷で静養するも、1885年に日本へ戻る[4]

1891年、立教大学校長を退任[5]。本格的に建築家としての人生を歩み始める。1894年6月20日明治東京地震で立教学校校舎などの初期作品が被害を受ける。以来、建物の耐震性も考慮した設計を行うようになった[4]。同年、大学時代の旧友と再会するため、また、米国各地を旅行するため再び帰国する。旅行先では日本について講演した。また、旧友の協力により論文を提出、ハーバード大学の学位を取得し卒業する。帰国後、立教大学校英語・英文学教授の地位に再び就く[6]1895年には、小村寿太郎らとともに日本ハーバードクラブを設立する[4]1903年、ガーディナー建築事務所を開業[4]1908年には老衰したウィリアムズとともに帰米し、リッチモンドまで送る[3]1925年11月25日聖路加病院にて死去[1]

設計作品[編集]

築地居留地[編集]

  • 立教女学校校舎(26番地・38番地)
  • 立教大学校校舎(37番地)
  • 聖三一大聖堂(聖三一教会とも、39番地)
  • 三一神学校・寄宿舎・附属図書館(53番地)
  • 三一会館(54番地)

出典[編集]

  1. ^ a b 菊池 1964年
  2. ^ 矢崎 1988年 177頁
  3. ^ a b c 菅原 2002年
  4. ^ a b c d e 松波 2000年
  5. ^ a b 立教学院歴代首脳者 旧制学校・大学”. 立教学院 (2008年9月8日). 2009年12月17日閲覧。
  6. ^ 松波 1993年
  7. ^ 歴史的建造物”. 博物館明治村. 2010年1月28日閲覧。
  8. ^ 望月・角・石本・池上 2003年

参考文献[編集]

  • 松波秀子 「ジェームズ・マクドナルド・ガーディナーの人と作品 宣教師・教育者・建築家として」 『近代文化の原点――築地居留地 Vol.1』 築地居留地研究会、亜紀書房、2000年 ISBN 978-4-7505-0016-4
  • 菅原涼子「J.M.ガーディナーと日光」 『近代文化の原点――築地居留地 Vol.2』 築地居留地研究会、亜紀書房、2002年 ISBN 978-4-7505-0206-9
  • 松波秀子 「James McDonald Gardinerの来日までの経緯:日本聖公会の建築史的研究 2」『日本建築学会大会学術講演梗概集 歴史・意匠分冊』 日本建築学会1993年
  • 望月浩史・角幸博・石本正明・池上重康 「函館遺愛学院(旧遺愛女学校)本館について(近代建築,講演研究論文)」 『日本建築学会北海道支部研究報告集』 日本建築学会、2003年
  • 菊池重郎 「明治13年来日米人建築家J.M.ガーディナーの人と作品」 『日本建築学会論文報告集』 日本建築学会、1964年
  • 矢崎健一 「チャニング・ムーア・ウィリアムズ」 聖公会出版、1988年 ISBN 978-4-88274-051-3