ジェームズ・キャラハン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ジェームズ・キャラハン
James Callaghan
James Callaghan.JPG
生年月日 1912年3月27日
出生地 イギリスの旗 イギリスポーツマス
没年月日 (2005-03-26) 2005年3月26日(92歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリスイースト・サセックス
所属政党 労働党
配偶者 オードリー・キャラハン

内閣 キャラハン内閣
在任期間 1976年4月5日 - 1979年5月4日
女王 エリザベス2世

内閣 ウィルソン内閣
在任期間 1974年3月5日 - 1976年4月5日

内閣 ウィルソン内閣
在任期間 1967年11月30日 - 1970年6月19日

内閣 ウィルソン内閣
在任期間 1964年10月16日 - 1967年11月30日
テンプレートを表示

カーディフのキャラハン男爵レナード・ジェームズ・キャラハン(Leonard James Callaghan, Baron Callaghan of Cardiff, KG, PC1912年3月27日 - 2005年3月26日)は、イギリス政治家。1976年から1979年まで、首相として労働党政権を率いた。労働党の「巨人」と称されたほか、「サニー・ジム」「ビッグ・ジム」の愛称があった。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

1912年イングランド南部のポーツマス生まれ。父親を早くに亡くしたため、中学校を卒業後、16歳で税務署職員として働き始める。すぐに組合活動を始め、24歳で全国税務職員組合の副書記長となる。その後、1946年に労働党から下院議員に立候補し、当選した。運輸政務次官時代は、鉄道国有化に関わる。

ウィルソン政権時代[編集]

1963年、労働党党首のヒュー・ゲイツケルが急死すると、右派の一部の支持を得て党首選挙に立候補する。結果は最下位に終わったが、1964年ウィルソン内閣が発足すると、大蔵大臣として閣僚入りした。ここでキャラハンは国際収支赤字に苦しむポンドの防衛に対応することとなるが、これに失敗、ポンド売りが殺到してしまう。

内務大臣を経て、1974年には外務大臣に就任する。ここでイギリスの欧州共同体(EEC)残留問題に対応する。閣内は残留賛成派と反対派で真っ二つに割れたが、キャラハンやウィルソン首相は残留賛成派であった。結果的にこの問題は、下院投票、国民投票を経てEEC残留が決定する。ウィルソン首相は1976年3月16日、突然辞任を発表する。

なお、首相就任前にGreat Offices of State と呼ばれる3ポスト(蔵相・内相・外相)を経験したのは、20世紀ではキャラハンが初めてであった。

首相就任[編集]

ウィルソン辞任後の党首選挙には、キャラハンを含め6人が立候補する乱戦となったが、第2回投票、決選投票を経て4月5日、キャラハンが新しい首相に任命された。

首相在任中は、いわゆる「英国病」により、イギリス経済は不振を極めストライキや、インフレーションにより社会不安が増大した。また、労働党は党内抗争により左右両派が激しく対立し、キャラハンは、行政サービスの低下に対して、有効な対策を打ち出すことができなかった(不満の冬も参照)。

1979年3月28日、野党がキャラハンに対する不信任案を提出するが、これが311対310の1票差で可決してしまう[1]。労働党は5月3日の総選挙に大敗を喫し、「鉄の女」マーガレット・サッチャーが率いる保守党との政権交代を余儀なくされた。以後、労働党は1997年トニー・ブレア政権成立まで長らく政権から離れることとなる。

退任後[編集]

1987年一代貴族として「南グラモーガン州カーディフ市のカーディフのキャラハン男爵」に叙せられた[2]。晩年は、各国の元首脳らによる「OBサミット」に参加、核廃絶活動などに参加した。2005年3月15日に夫人を亡くし、11日後の3月26日、イングランド南部イースト・サセックスの自宅で死去した。92歳没。

家族[編集]

1938年にオードリー・モールトン英語版と結婚して、一男二女をもうけた[3][4]

  • 第1子(長女)マーガレット・アン英語版(1939年11月18日 - )労働党の政治家として王璽尚書貴族院院内副総務等を歴任。
  • 第2子(次女)ジュリア・エリザベス(1942年 - )
  • 第3子(長男)マイケル・ジェームズ(1945年 - )

栄典[編集]

キャラハン家の紋章

爵位[編集]

1987年に以下の一代貴族爵位を新規に叙された[4]

  • 南グラモーガン州カーディフ市のカーディフのキャラハン男爵
    (Baron Callaghan of Cardiff, of the City of Cardiff in the County of South Glamorgan)
    (1987年11月5日の勅許状による連合王国一代貴族爵位)

勲章[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ James Callaghan”. Number10.gov.uk. 2009年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月2日閲覧。
  2. ^ "No. 51118". The London Gazette. 12 November 1987. p. 13941. 2020年7月3日閲覧
  3. ^ Julia Langdon (2005年3月17日). “Audrey Callaghan”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/print/0,3858,5149827-103684,00.html 2010年4月30日閲覧。 
  4. ^ a b c d e Lundy, Darryl. “Leonard James Callaghan, Baron Callaghan of Cardiff” (英語). thepeerage.com. 2020年7月3日閲覧。
グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会
先代:
アーサー・エヴァンズ英語版
庶民院議員
南カーディフ選挙区英語版選出

19451950年
選挙区廃止
新設 庶民院議員
カーディフ・サウスイースト選挙区英語版選出

1950–1983
選挙区廃止
新設 庶民院議員
南カーディフ=ペナース選挙区英語版選出

1983–1987年
次代:
アラン・マイケル英語版
先代:
ジョン・パーカー英語版
議会の父英語版
1983–1987
次代:
バーナード・ブレイン英語版
公職
先代:
ジョージ・ストロース英語版
運輸政務次官英語版
1947–1950
次代:
ジョージ・ルーカス英語版
先代:
ジョン・ダグデール英語版
海軍財政政務次官英語版
1950–1951
次代:
アラン・ノーブル英語版
先代:
ハロルド・ウィルソン
影の財務大臣英語版
1961–1964
次代:
レジナルド・モールディング英語版
先代:
レジナルド・モールディング英語版
財務大臣
1964–1967
次代:
ロイ・ジェンキンス
先代:
ロイ・ジェンキンス
内務大臣
1967–1970
次代:
レジナルド・モールディング英語版
先代:
クィンティン・ホッグ
影の内務大臣英語版
1970–1971
次代:
シャーリー・ウィリアムズ
先代:
バーバラ・キャッスル英語版
影の雇用大臣英語版
1971–1972
次代:
デニス・ヒーリー
先代:
デニス・ヒーリー
影の外務大臣英語版
1972–1974
次代:
ジョフリー・リポン英語版
先代:
アレック・ダグラス=ヒューム
外務・英連邦大臣
1974–1976
次代:
アンソニー・クロスランド英語版
先代:
ハロルド・ウィルソン
首相
1976–1979
次代:
マーガレット・サッチャー
第一大蔵卿
1976–1979
国家公務員担当大臣
1976–1979
先代:
ヨープ・デン・アイル英語版
欧州理事会議長
1977
次代:
ジャック・リンチ英語版
先代:
マーガレット・サッチャー
野党党首英語版
1979–1980
次代:
マイケル・フット
党職
先代:
ダイ・デイヴィース英語版
労働党会計委員長英語版
1967–1976
次代:
ノーマン・アトキンソン英語版
先代:
ウィリマウ・シンプソン英語版
労働党執行委員会委員長英語版
1973–1974
次代:
フレッド・マリー英語版
先代:
ハロルド・ウィルソン
労働党党首
1976-1980
次代:
マイケル・フット
外交職
先代:
ジェラルド・フォード
主要国首脳会議議長
1977
次代:
ヘルムート・シュミット
記録
先代:
アレック・ダグラス=ヒューム
最年長の英国首相英語版
1995–2005
次代:
エドワード・ヒース