ジェームズ・バトラー (第2代オーモンド公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第2代オーモンド公ジェームズ・バトラー

第2代オーモンド公ジェームズ・バトラー英語: James Butler, 2nd Duke of Ormonde, 1665年4月29日 - 1745年11月16日)は、イギリスアングロアイリッシュ系貴族、軍人。

生涯[編集]

1665年、初代オーモンド公ジェームズ・バトラーの長男のオソリ伯トマス・バトラーとエミリア・ファン・ナッサウの長男として生まれた。母方の祖父はオラニエ公マウリッツの庶子ローデウェイクで、庶出ながらオラニエ家と血縁関係があった。1680年に父が急死したためオソリ伯位を継承、オーモンド公位の後継者に選ばれた。

1683年に騎兵隊長に就任、1685年イングランドジェームズ2世の即位直後に起こったモンマス公ジェームズ・スコット反乱鎮圧に貢献した。1688年に父方の祖父が亡くなりオーモンド公位を継承、同年に名誉革命が勃発するとジェームズ2世を裏切ってウィリアム3世に寝返り、恩賞として翌1689年大司馬、近衛騎兵隊長に任命された。1690年ボイン川の戦いでジェームズ2世を迎撃した後は大陸に渡り大同盟戦争に従軍、1693年ネールウィンデンの戦いで捕らえられたが、ジェームズ2世の庶子ベリック公との捕虜交換で解放されている。

アン女王の治世になるとスペイン継承戦争にも参戦、ジョージ・ルーク指揮下の海軍に所属しカディスの戦いビーゴ湾の海戦で手柄を挙げ、1703年から1707年までアイルランド総督を務めた。1710年、イギリスの総選挙でトーリー党ホイッグ党に勝利すると1713年までアイルランド総督に再任、翌1711年、大陸のイギリス軍総司令官マールバラ公ジョン・チャーチルが失脚するとトーリー党指導者のロバート・ハーレーヘンリー・シンジョンの後押しで後任の司令官に就任、北フランス戦線でプリンツ・オイゲンと共にフランス軍と相対した。

しかし、マールバラ公の失脚はトーリー党とホイッグ党の政争が絡んだ事情からであり、政権を取った和平派のハーレーらトーリー党はオーモンドに積極的な戦闘を控えるように指示、オーモンドもフランスの将軍ヴィラールと内通したり軍を動かさず終始不戦の態度を取り、1712年にイギリスとフランスの単独講和が成立すると大陸からイギリス軍を引き上げさせ帰国した。イギリス軍のいなくなった同盟軍はフランス軍に敗北(ドゥナの戦い)、スペイン継承戦争の終結に繋がった。

ところが、トーリー党は王位継承問題で内部分裂を起こし、アン女王の死後即位した又従兄ジョージ1世と結びついたホイッグ党によってハーレー・シンジョンら主要党員が弾劾・罷免され、オーモンドもホイッグ党に弾劾され全ての官職と公位及び財産を没収され、ジャコバイトと結んで反乱を起こしたが失敗してフランスへ亡命した。その後1719年四国同盟戦争に従軍したりジャコバイトの再度の反乱に加わったが、イギリス上陸に失敗し友軍のスペイン軍もイギリス軍に敗北(グレン・シールの戦い)、イギリスへ戻れないまま1745年にアヴィニョンで80歳で死去。1682年にロチェスター伯ローレンス・ハイドの娘アンと結婚、1685年にボーフォート公ヘンリー・サマセットの娘メアリーと再婚したが、どちらの結婚でも子供が無かったため、イギリスに残った弟のチャールズアイルランド貴族としてのオーモンド公位を継承した。

参考文献[編集]

  • 友清理士『スペイン継承戦争 マールバラ公戦記とイギリス・ハノーヴァー朝誕生史彩流社、2007年。
公職
先代:
ロチェスター伯
アイルランド総督
1703年 - 1707年
次代:
ペンブルック伯
先代:
ウォートン伯
アイルランド総督
1710年 - 1713年
次代:
シュルーズベリー公
名誉職
先代:
ドーセット伯
五港長官
1712年 - 1715年
次代:
レスター伯
先代:
グラフトン公
大司馬
1689年
次代:
ベッドフォード公
先代:
カーマーゼン侯
デヴォンシャー伯
ドーセット伯
サマセット統監
1691年 - 1714年
次代:
オーラリー伯
先代:
タウンゼンド子爵
ノーフォーク統監
1713年 - 1714年
次代:
タウンゼンド子爵
イングランドの爵位
先代:
ジェームズ・バトラー
オーモンド公
1688年 - 1715年
次代:
消滅
アイルランドの爵位
先代:
ジェームズ・バトラー
オーモンド公
1688年 - 1745年
次代:
チャールズ・バトラー
先代:
トマス・バトラー
オソリ伯
1680年 - 1745年