ジェームズ・バークリー (第6代バークリー子爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第6代バークリー子爵ジェームズ・バークリー英語: James Bulkeley, 6th Viscount Bulkeley1717年2月17日1752年4月23日)は、イギリスの貴族、政治家。トーリー党に所属し、1739年から1752年まで庶民院議員を務めた。

生涯[編集]

第4代バークリー子爵リチャード・バークリー英語版とブリジット・バーティー(Bridget Bertie、1753年6月13日没、初代アビンドン伯爵ジェームズ・バーティー英語版の娘)の息子として、1717年2月17日に生まれ、3月2日にビューマリス英語版で洗礼を受けた[1]。1725年よりウェストミンスター・スクールで教育を受けた後[2]、1735年4月30日にオックスフォード大学オリオル・カレッジに入学した[3]。1739年3月15日に兄リチャードが死去すると、バークリー子爵の爵位を継承した[1]

1739年から1752年に死去するまで北ウェールズ会計係英語版Chamberlain of North Wales)を務めた[2]

1739年4月20日にビューマリス選挙区英語版庶民院議員に当選、以降1752年まで務めた[2]

1745年ジャコバイト蜂起に向けたイングランドのジャコバイトとフランスの交渉において、第3代準男爵サー・ワトキン・ウィリアムズ=ウィンの部下としてウェールズで蜂起を指揮することを約束した[2]

1752年4月23日に死去、8か月後に生まれた息子トマス・ジェームズ英語版が爵位を継承した[1]

家族[編集]

1749年8月5日、エンマ・ローランズ(Emma Rowlands、1770年8月18日没、トマス・ローランズの娘)と結婚[1]、1男2女を儲けた[2]

  • ブリジット(1749年 – 1766年7月13日)
  • エレノア・マリア(1750年 – ?) - 夭折
  • トマス・ジェームズ英語版(1752年 – 1822年) - 父の死後に生まれ、第7代バークリー子爵を継承した。子供なし

出典[編集]

  1. ^ a b c d Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary, eds. (1912). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Bass to Canning) (in English). 2 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 412–413.
  2. ^ a b c d e Cruickshanks, Eveline (1970). "BULKELEY, James, 6th Visct. Bulkeley [I] (1717-52), of Baron Hill, Anglesey.". In Sedgwick, Romney. The House of Commons 1715-1754 (in English). The History of Parliament Trust. Retrieved 5 August 2019.
  3. ^ Foster, Joseph, ed. (1891). Bulkeley, James. Alumni Oxonienses 1715-1886 (in English). Oxford: University of Oxford. p. 186.
グレートブリテン議会英語版
先代:
バークリー子爵
庶民院議員(ビューマリス選挙区英語版選出)
1739年 – 1752年
次代:
ジョン・オーウェン英語版
アイルランドの爵位
先代:
リチャード・バークリー
バークリー子爵
1739年 – 1752年
次代:
トマス・ジェームズ・バークリー英語版