ジェームズ・ピーブルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Philip James Edwin Peebles
ジェームズ・ピーブルス
OM FRS
Jim Peebles.jpg
生誕 Phillip James Edwin Peebles
(1935-04-25) 1935年4月25日(84歳)
カナダの旗 カナダ マニトバ州ウィニペグ
国籍 カナダの旗 カナダ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 理論物理学
現代宇宙論
研究機関 プリンストン大学
出身校 マニトバ大学
プリンストン大学
主な業績 宇宙マイクロ波背景放射
主な受賞歴 ノーベル物理学賞 (2019年)
エディントン・メダル (1981年)
ハイネマン賞天体物理学部門 (1982年)
ブルース・メダル (1995年)
王立天文学会ゴールドメダル (1998年)
グルーバー賞 (2000年)
ハーヴェイ賞 (2001年)
ショウ賞 (2004年)
クラフォード賞 (2005年)
ディラック・メダル (2013年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2019年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:現代宇宙論における数々の理論的発見

フィリップ・ジェームズ・エドウィン・ピーブルス(Phillip James "Jim" Edwin Peebles, 1935年4月25日 - )は、カナダ系アメリカ人理論物理学者であり、プリンストン大学アルバート・アインシュタイン名誉教授を務める宇宙論研究者である[1][2]。1970年以来、彼は世界を代表する理論宇宙論学者であると広く認められており、宇宙初期におけるビッグバン元素合成ダークマター宇宙マイクロ波背景放射宇宙の大規模構造形成の理解に貢献した。彼の宇宙論研究への貢献に対し、2019年のノーベル物理学賞を受賞することが発表された[3]

研究歴[編集]

ピーブルスは、1935年4月25日にカナダマニトバ州ウィニペグで生まれ、マニトバ大学を卒業した。1958年秋に彼はマニトバを去り、プリンストン大学に入学した。彼はここでロバート・H・ディッケに師事し、博士号を取得した[4]。この後、彼は変わらずプリンストン大学に在籍している。

ピーブルスは、ビッグバン宇宙論に多くの重要な貢献を果たした。ディッケやその他の先駆者(ジョージ・ガモフラルフ・アルファロバート・ハーマン英語版らに遅れること約20年)らと共に、ピーブルスは宇宙マイクロ波背景放射の存在を予言した。ピーブルスは、ビッグバン元素合成、ダークマター、ダークエネルギー研究への貢献だけでなく、1970年代から宇宙の大規模構造の研究で世界の先頭を走っていた。ショウ賞の受賞にあたっては、「彼は、理論的にも観察的にも宇宙論におけるほとんどすべての現代的研究の基礎を築き、高度に観念的な分野を精密な科学へと変化させた」ことが授賞理由とされた[5]

彼の3冊の教科書 (Physical Cosmology, 1971; Large Scale Structure of the Universe, 1980; Principles of Physical Cosmology, 1993) は、この分野の標準的な参考文献となっている。

ピーブルスは多くの基礎的かつ斬新な概念を導入し、これらは後の世代の研究者によって盛んに研究されている。例えば、1987年にピーブルスは初期宇宙の進化についてΛ-CDMモデルのようにエキゾチックな暗黒物質を必要としないprimordial isocurvature baryon modelを提唱した[6]。1970年代には、ダークマター研究の基礎を作ることに貢献した[7]。また、エレミア・オストライカーとともに、銀河形成の安定性に関するOstriker-Peebles criterionを提唱した。

受賞など[編集]

受賞
名前にちなむもの

脚注[編集]

  1. ^ Princeton University Physics Department”. 2011年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月8日閲覧。
  2. ^ Princeton University News” (2000年8月21日). 2016年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月8日閲覧。
  3. ^ The Nobel Prize in Physics 2019”. 2019年10月8日閲覧。
  4. ^ Peebles, P.J.E. (2012). “Seeing Cosmology Grow”. Annual Review of Astronomy and Astrophysics 50 (1): 1-28. doi:10.1146/annurev-astro-081811-125526. ISSN 0066-4146. 
  5. ^ Announcement-The Shaw Laureate in Astronomy 2004”. Shaw Foundation. 2019年10月8日閲覧。
  6. ^ Hu 1994.
  7. ^ de Swart, J. G. et al. (2017). “How dark matter came to matter”. Nature Astronomy 1 (3). arXiv:1703.00013. Bibcode2017NatAs...1E..59D. doi:10.1038/s41550-017-0059. ISSN 2397-3366. 
  8. ^ Phillip Peebles biography”. 王立協会. 2019年10月8日閲覧。

参考文献[編集]

伝記[編集]