ジェームズ・ベイトマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェームズ・ベイトマン

ジェームズ・ベイトマン(James Bateman、1811年7月18日 - 1897年11月27日)は、イギリスの地主であり、園芸家である。ラン科の植物の収集家であり、ランに関する豪華本を刊行した。

生涯[編集]

スタフォードシャー州のベリーの近くRedva​​lesで生まれた。オクスフォード大学のリンカーン・カレッジ、モードリン・カレッジ英語版で学んだ。1833年に、人を雇ってギアナへ派遣し、ランの収集を行った。60種のランが持ち帰られ、その3分の1が新種であった。グアテマラの知人からグアテマラのラン科の植物を送ってもらい、イギリスの最大のグアテマラのランの収集家になった。1845年に27インチ×15インチの大きさの豪華本『メキシコとグアテマラのラン』("Orchidaceae of Mexico and Guatemala")を刊行した。サラ・ドレークらによる40枚の図版がつけられた。125冊だけが刊行された。 他にウォルター・フィッチの図版がつけられた『オドントグロッサム属の研究』("A Monograph of Odontoglossum")がある。1833年にロンドン・リンネ協会フェロー、1838年に王立協会のフェローに選ばれた。

著書の図版[編集]

Batemanは、植物の学名命名者を示す場合にジェームズ・ベイトマンを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

著作[編集]

  • "The Orchidaceae of Mexico and Guatemala"
  • "A Second Century of Orchidaceous Plants"(1867)
  • "A monograph of Odontoglossum by James Bateman" London: L. Reeve & Co.,(1874)