ジェームズ・マレー (第2代アソル公爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アラン・ラムゼイによる肖像画、1743年作。

第2代アソル公爵ジェームズ・マレー英語: James Murray, 2nd Duke of Atholl KT PC1690年9月28日1764年1月8日)は、スコットランドの貴族。1715年から1746年までタリバーディン侯爵儀礼称号を使用した。

生涯[編集]

初代アソル公爵ジョン・マレーと1人目の妻キャサリン・ハミルトン(Catherine Hamilton、1662年 – 1707年、ハミルトン公爵ウィリアム・ハミルトンの娘)の三男として、1690年9月28日にエディンバラで生まれた[1]。1712年に近衛歩兵第1連隊の擲弾兵中隊に入隊、その後はロイヤルスコッツ歩兵連隊英語版に転じた[1]

1715年、父ジョンが庶民院に働きかけて、自身の爵位の継承者を次男ウィリアム英語版ではなく(長男は1709年に没した)三男ジョンとするよう議決させた[1]同年の総選挙パースシャー選挙区英語版から出馬して当選した[2]。1724年11月14日に父が死去すると、ジョン・マレーは1715年の議決に基づきアソル公爵の爵位を継承[1]、以降はアイラ伯爵英語版の盟友になった[2]

兄ウィリアムは1716年2月17日に大逆罪で私権剥奪されたが、ジョンは1733年に庶民院に働きかけて、私権剥奪がウィリアムとその子孫にしか効力を及ぼさないよう議決させた[1]。同年6月にスコットランド王璽尚書英語版に任命され、9月21日にスコットランド貴族代表議員に選出された[3]。1734年1月31日に枢密顧問官に任命され、2月11日にシッスル勲章を授与された[1]。その後、1736年に第10代ダービー伯爵ジェームズ・スタンリーが死去すると、この1733年の議決に基づき、ウィリアムが存命中にもかかわらずアソル公爵がストレンジ男爵を継承した[1](第2代アソル公爵の父方の祖母は第7代ダービー伯爵ジェームズ・スタンリーの娘だった)。1737年3月14日、アソル公爵はスコットランド貴族代表議員とイングランド貴族のストレンジ男爵という2つの身分で貴族院に登院した(以降、1741年まで貴族代表議員を務めた)[1]

1745年ジャコバイト蜂起が勃発すると、アソル公爵は南へ逃亡し、兄ウィリアムにブレア城英語版を占領されるが、イングランドでカンバーランド公爵ウィリアム・オーガスタスの軍勢と合流、1746年1月30日にはエディンバラまで進軍した[3]

1763年4月6日にスコットランド国璽尚書英語版に任命されるが、1764年1月8日にダンケルド英語版で死去、弟ジョージ英語版の息子ジョンがアソル公爵の爵位を継承した[1]マン卿英語版の爵位もジョンが継承したが、ストレンジ男爵は娘シャーロット英語版が継承した[1]

家族[編集]

1726年4月28日、ジェーン・フレデリック(Jane Frederick、1748年6月13日没、サー・ジョン・フレデリックの娘)と結婚[1]、下記の子女を儲けた。

  • ジョン(1728年9月13日(洗礼日) – 1729年4月23日)
  • ジェーン(1730年頃 – 1747年)
  • シャーロット英語版(1731年 – 1805年) - 第8代ストレンジ女男爵、ジョン・マレー(後の第3代アソル公爵)と結婚、子供あり
  • ジェームズ(1735年3月28日 – 1736年2月12日)

1749年5月7日、エディンバラでジーン・ドラモンド(Jean Drummond、1795年2月22日没、第10代レノック領主ジョン・ドラモンド英語版の娘)と再婚したが、2人の間に子供はいなかった[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary, eds. (1910). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Ab-Adam to Basing) (in English). 1 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 317–319.
  2. ^ a b Simpson, J. M. (1970). "MURRAY, Lord James (1690-1764), of Garth, Perth.". In Sedgwick, Romney. The House of Commons 1715-1754 (in English). The History of Parliament Trust. Retrieved 25 July 2019.
  3. ^ a b Henderson, Thomas Finlayson (1894). "Murray, James (1690-1764)" . In Lee, Sidney. Dictionary of National Biography (in English). 39. London: Smith, Elder & Co. pp. 371–372.
グレートブリテン議会英語版
先代:
ジェームズ・マレー卿英語版
庶民院議員(パースシャー選挙区英語版選出)
1715年 – 1724年
次代:
デイヴィッド・グラーム英語版
公職
先代:
アイラ伯爵英語版
スコットランド王璽尚書英語版
1733年 – 1763年
次代:
ジェームズ・ステュアート=マッケンジー英語版
先代:
クイーンズベリー公爵
スコットランド国璽尚書英語版
1763年 – 1764年
次代:
マーチモント伯爵
スコットランドの爵位
先代:
ジョン・マレー
アソル公爵
1724年 – 1764年
次代:
ジョン・マレー
イングランドの爵位
先代:
ジェームズ・スタンリー
ストレンジ男爵
1736年 – 1764年
次代:
シャーロット・マレー英語版
マン島の爵位
先代:
ジェームズ・スタンリー
マン卿英語版
1736年 – 1764年
次代:
ジョン・マレー