ジェームズ・L・エリオット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジェームズ・L・エリオット(James Ludlow Elliot、1943年6月19日-2011年3月3日)は、アメリカ合衆国天文学者である。天王星の環を発見したことで知られる[1]。また、海王星最大の衛星トリトン温暖化の観測にも参加している[2][3]

エリオットは1943年オハイオ州コロンバス生まれ、1965年にマサチューセッツ工科大学で理学士号を取得し、1972年にハーバード大学で博士号を取得した。その後、2011年に死去するまでマサチューセッツ工科大学の物理学と地球科学の教授、George R. Wallace, Jr. Astrophysical Observatoryの所長を務めた[4]

エリオットらが天王星の環を発見したのか、それともウィリアム・ハーシェルが1797年に観測していたのかには議論がある[5]。しかし、学会の合意では、エリオットが発見者であることが支持されている[6]

出典[編集]

  1. ^ Elliot, J.L.; E. Dunham, D. Mink (1977). “The Rings of Uranus”. Nature 267 (5609): 328–330. doi:10.1038/267328a0. 
  2. ^ HubbleSite - NewsCenter - Hubble Space Telescope Helps Find Evidence that Neptune's Largest Moon Is Warming Up (06/24/1998) - Release Text
  3. ^ Elliot, J. L., H. B. Hammel, L. H. Wasserman, O. G. Franz, S. W. McDonald, M. J. Person, C. B. Olkin, E. W. Dunham, J. R. Spencer, J. A. Stansberry, M. W. Buie, J. M. Pasachoff, B. A. Babcock, T. H. McConnochie, Global warming on Triton, Nature, 393, 765-767, 1998
  4. ^ MIT EAPS is diminished by the loss of Prof. James L. Elliot
  5. ^ Rincon, Paul (2007年4月18日). “Uranus rings 'were seen in 1700s'”. BBC News. http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/6569849.stm 
  6. ^ Did William Herschel Discover The Rings Of Uranus In The 18th Century?”. Physorg.com (2007年). 2007年6月20日閲覧。