ジエゴ・アウヴェス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はアウヴェス第二姓(父方の)はカレイラです。
ジエゴ・アウヴェス Football pictogram.svg
20141118 AUTBRA 5025.jpg
ブラジル代表でのジエゴ・アウヴェス (2014年)
名前
本名 ジエゴ・アウヴェス・カレイラ
Diego Alves Carreira
ラテン文字 DIEGO ALVES
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1985-06-24) 1985年6月24日(33歳)
出身地 リオデジャネイロ
身長 187cm
体重 83kg
選手情報
在籍チーム ブラジルの旗 CRフラメンゴ
ポジション GK
背番号 1
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2007 ブラジルの旗 アトレチコ-MG 61 (0)
2007-2011 スペインの旗 アルメリア 125 (0)
2011-2017 スペインの旗 バレンシア 147 (0)
2017- ブラジルの旗 フラメンゴ
代表歴2
2008  ブラジル U-23 2 (0)
2011- ブラジルの旗 ブラジル 9 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年5月21日現在。
2. 2015年11月14日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジエゴ・アウベス・カレイラDiego Alves Carreira, 1985年6月24日 - )は、ブラジルリオデジャネイロ出身のサッカー選手CRフラメンゴ所属。ブラジル代表。ポジションはゴールキーパー

経歴[編集]

クラブ[編集]

アトレチコ・ミネイロでプロデビューし、2007年7月24日スペインUDアルメリアに移籍した。アルメリアは2006-07シーズンのセグンダ・ディビシオン(2部)で2位となり、プリメーラ・ディビシオン(1部)に初昇格していた。2007-08シーズン序盤は同じく新加入のダビド・コベーニョの控えだったが、その後はチームに不可欠な存在となり、667分連続無失点のリーグ新記録を打ち立てるなど活躍した。レアル・マドリード戦などでも特筆すべきパフォーマンスを見せ[1]、8位という好成績を収めたクラブの原動力となった。2008年8月にコベーニョがラーヨ・バジェカーノに移籍し、ディエゴ・アウベスは2008-09シーズンもレギュラーで起用された。シーズン終盤戦に負傷してエステバン・スアレスにポジションを譲ったが、2009-10シーズンの開幕までに怪我が完治し、ほぼすべての試合にフル出場した。2010年11月20日FCバルセロナ戦では0-8と大敗し、試合後にフアン・マヌエル・リージョ監督が解任された。2010-11シーズンは最下位でセグンダ・ディビシオン降格が決定した。

2011年6月4日、かつてアルメリアで指導を受けたウナイ・エメリ監督が率いるバレンシアCFに移籍金300万ユーロで移籍した[2]。移籍後はビセンテ・グアイタとポジションを争い、12試合に出場した。

2017年7月16日、CRフラメンゴに移籍した[3]

代表[編集]

2008年、北京オリンピックにおいて、U-23ブラジル代表の銅メダル獲得に貢献した。2011年11月10日ガボンとの親善試合でブラジルA代表デビューを飾った。

2015年5月23日に行われたリーガ・エスパニョーラ最終節のアルメリア戦で右ひざを負傷し、72分に負傷交代。検査の結果、右ひざ前十字じん帯と半月板の損傷と診断された。これによりCBF(ブラジルサッカー連盟)は、コパ・アメリカ2015のブラジル代表メンバーから、バレンシアに所属するGKジエゴ・アウヴェスが離脱し、予備登録メンバーからフィオレンティーナのGKネトを追加招集したことを発表した[4]

人物[編集]

PKストッパーとして知られる。2007-08シーズンから2010-11シーズン途中までの3年間に19本のPKを受けているが、そのうち10本をセーブし、さらに2本はキッカーが枠外に外しているため、この間のPKセーブ率は63%にも上る[5]クリスティアーノ・ロナウドがリーガ・エスパニョーラでPKを唯一外した際のキーパーはジエゴであるし、2011-12シーズンのコパ・デル・レイ準決勝FCバルセロナ戦ファーストレグではリオネル・メッシのキックを止めて引き分けに持ち込んだ[6]。自身のアイドルはブラジル代表の英雄クラウディオ・タファレルとスペイン代表の守護神イケル・カシージャスである。2014年10月5日のアトレティコ・マドリード戦で、リーガ・エスパニョーラの試合での通算PKセーブ数が13となり、アンドレス・パロップを抜き、歴代1位となった。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

クラブ シーズン リーグ カップ 国際大会 その他 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
アトレチコ・ミネイロ 2005 1 0 0 0 2 0 3 0
2006 24 0 0 0 0 0 24 0
2007 13 0 7 0 14 0 34 0
アルメリア 2007-08 22 0 0 0 22 0
2008-09 31 0 0 0 31 0
2009-10 37 0 0 0 37 0
2010-11 33 0 0 0 33 0
バレンシア 2011-12 12 0 6 0 12 0 30 0
2012-13 24 0 1 0 2 0 27 0
2013-14 27 0 1 0 7 0 35 0
2014-15 37 0 0 0 37 0

代表歴[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]