ジオ・サーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジオ・サーチ株式会社
GEO SEARCH CO.,LTD.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 GS、ジオ
本社所在地 日本の旗 日本
144-0051
東京都大田区西蒲田8-15-12
設立 1988年11月22日
業種 サービス業
法人番号 3010801005185
事業内容 陥没予防調査、埋設管調査、RC構造物内部診断など
代表者 代表取締役社長 冨田洋
資本金 3000万円(2011年10月末現在)
売上高 非公表
従業員数 170名(2013年9月末現在)
主要株主 冨田洋、セコム株式会社、従業員持株会
外部リンク http://www.geosearch.co.jp
テンプレートを表示

ジオ・サーチ株式会社(GEO SEARCH CO.,LTD.)は、東京都大田区西蒲田に本社を置く、インフラ調査会社。

概要[編集]

道路、港湾、空港施設などの路面下に発生した空洞、埋設物の位置情報、橋梁などのコンクリート構造物内部の劣化・危険箇所の探知を主たる業務とする。

沿革[編集]

  • 1989年1月1日 - 東京都世田谷区にジオ・サーチ株式会社を創業。
  • 1990年11月 - 建設省の開発委託を請け、「路面下空洞探査システム」を開発・実用化。
  • 1995年1月 - 米国ナショナルアカデミー主催 T・R・B(Transportation Research Board)優秀論文に選ばれる。
  • 1997年1月 - 対人地雷をビジュアルに探知できる「マイン アイ」を完成。
  • 2001年6月 - 岡山市に岡山事務所を開設。
  • 2002年6月 - 大阪市に大阪事務所を開設。
  • 2004年11月 NHKプロジェクトX[1]で紹介される。
  • 2005年2月 - 「埋設管マッピングシステム」[2]が、国土交通省新技術情報提供システム(NETIS:New Technology Information System)」へ登録される(登録番号:No.CG-040028-V)。
  • 2007年4月 - 福岡市に福岡事務所を開設。
  • 2010年
    • 1月 - 「橋梁床版内部診断サービス」[3]が、国土交通省「新技術情報提供システム(NETIS:New Technology Information System)」へ登録される(登録番号:No.CG-090019-V)。
    • 11月 - 橋梁床版や道路の内部を時速60kmで探査する「SKELE-Car(スケルカー)」が完成。
  • 2011年6月 - 仙台市に東北事務所を設置。札幌市に北海道事務所を設置。
  • 2012年6月 - 名古屋市に中部事務所を開設。
  • 2013年10月 - 研究開発センターを開設。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ プロジェクトX全放送作品リスト 第158回 「日本技術陣 1億の地雷に挑む」
  2. ^ 埋設管マッピングシステム
  3. ^ 橋梁床版内部診断サービス