ジグザグブルース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジグザグブルース
ジャンル テレビドラマ
放送時間 火曜日20:00~20:54(54分)
放送期間 1977年4月19日~7月26日(13回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日東映
演出 小山幹夫、松島稔、永野靖忠
吉川一義
脚本 ジェームス三木ほか
プロデューサー 福富哲、桑原秀郎
出演者 西郷輝彦
坂口良子
松山英太郎
なべおさみ
三浦リカ
金子信雄
ハナ肇ほか
オープニング 西郷輝彦「ジグザグブルース」
エンディング 「ジグザグのテーマ」
テンプレートを表示

ジグザグブルース』は、1977年4月19日から同年7月26日まで、毎週火曜日20:00~20:54にテレビ朝日系列で放送されたドラマ。

内容[編集]

人捜しを業務とする会社・平和商会。その社長である元刑事・草壁が捜索活動の中で起こる事件や人間模様を描く。

概要[編集]

この直前の1977年3月まで『どてらい男』(関西テレビ制作、フジテレビ系放映)で主演を務めた西郷輝彦を主演に起用した。

本作は視聴率的に苦戦し、13話で終了した(全13話中、視聴率が2桁に届いた回は一度も無かった)。

後番組『新幹線公安官』のキャストにも、西郷と坂口良子と山村聰がレギュラーで続投している。

主な出演者[編集]

  • 草壁史郎 - 西郷輝彦
    人捜しのスペシャリストと言われる熱血漢。警視庁時代は敏腕刑事だったが、上司と衝突したのが元で退職。
  • 北林房子 - 坂口良子
    北海道のパルプ会社社長の娘。突然行方が分からなくなった婚約者を捜して上京、その中で史郎と知り合う。最終話で結婚するも式当日に相手が行方不明となってしまう。
  • 久野宏 - 松山英太郎
    史郎の高校時代の友人。新聞社でカメラマンをしていたが落ちぶれた状態。よく物を十分に考え、物知りな所があることから、史郎の参謀格として働く。
  • 竹之内三平 - なべおさみ
    元チンピラで三枚目的キャラクター。史郎には刑事時代に面倒をよく掛けたこともあり、尊敬の念を持っている。
  • 森島マキ - 三浦リカ
  • 森島英之介 - 金子信雄
    不動産金融業者。多くの持ちビルがある金持ちだがかなりのケチ。史郎の人捜し業を企業化して運営しようと考える。
  • 塚田雄次郎 - 藤岡重慶
  • 草壁君江 - 風見章子
  • 深沢巡査部長 - ハナ肇
    刑事時代からの史郎の理解者で、その後も陰ながら協力している。
  • 坂崎七重 - 江波杏子
  • 朝比奈署長 - 山村聰
(出典:[1]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • オープニング(※最終回ではエンディングで使用)「ジグザグブルース」作詞:ジェームス三木、作曲:渡辺岳夫、編曲:青木望、唄:西郷輝彦
  • エンディング(※最終回ではオープニングで使用)「ジグザグのテーマ」(インストゥルメンタル)作曲:西郷輝彦、編曲:青木望

放映リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト
1 1977年

4月19日

婚約者を捜して! ジェームス三木 小山幹夫 左とん平

真山譲二

藤田漸

2 4月26日 女房を捜して! 左時枝

樋浦勉

手塚茂夫

3 5月3日 由紀夫を捜して! 松島稔 犬塚弘

加茂さくら

川代家継

4 5月24日 オーナーを捜して! 永野靖忠 今井健二

黒沢洋子、

桜たまこ

5 5月31日 娘を捜して! 小山幹夫 小山幹夫 高杉哲平

麻田ルミ

楠トシエ

6 6月7日 女形涙の晴れ舞台 ジェームス三木 立花直樹

佐山俊二葦原邦子

7 6月14日 四十年前の青春 宮川一郎 松島稔 田辺靖雄

嵯峨善兵

松木聖

8 6月21日 浮気の証明 左右田一平

紅理子

9 6月28日 父親らしく胸をはれ 多村映美 永野靖忠 高原駿雄

藤江喜幸

10 7月5日 女の覆歴書 小山幹夫 小山幹夫 高津住男

宮本信子

中田博久

11 7月12日 凶悪犯が泣くときは・・・ 武末勝 吉川一義 田口計

工藤堅太郎

12 7月19日 星空のめぐり逢い ジェームス三木 小山幹夫 金沢碧

林ゆたか

三木敏彦

13 7月26日 二人の誓い 太田博之

エバ

白鳥みずえ

テレビ朝日 火曜20:00枠
前番組 番組名 次番組
新・二人の事件簿 暁に駆ける
(ここまでABCの制作枠)
ANB・HTBKHBNBNKSB
UHTKBCと共同制作
ジグザグブルース
新幹線公安官(第1シリーズ)

脚注[編集]

  1. ^ 週刊テレビ番組(東京ポスト)1977年4月22日号 p.51〜「特選テレビ劇場 ジグザグブルース」