ジグソウ:ソウ・レガシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジグソウ:ソウ・レガシー
Jigsaw
監督 マイケル・スピエリッグ
ピーター・スピエリッグ
脚本 ジョシュ・ストールバーグ
ピーター・ゴールドフィンガー
原案 ジェームズ・ワン
リー・ワネル
ソウ』シリーズ
製作 グレッグ・ホフマン
マーク・バーグ
オーレン・クールズ
製作総指揮 ジェームズ・ワン
リー・ワネル
音楽 チャーリー・クラサー
撮影 ベン・ノット
編集 ケヴィン・グルタート
製作会社 ツイステッド・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 アスミック・エース
公開 アメリカ合衆国の旗 2017年10月27日
日本の旗 2017年11月10日
上映時間 92分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $10,000,000[1]
興行収入 $89,695,824[1] 世界の旗
$36,743,414[1] アメリカ合衆国の旗
1億8,000万円[2] 日本の旗
前作 ソウ ザ・ファイナル 3D
テンプレートを表示

ジグソウ:ソウ・レガシー』(原題:Jigsaw)は、2017年公開のアメリカ合衆国ホラー映画2010年に完結した『ソウ ザ・ファイナル 3D』以来7年ぶりとなる新生『ソウ』シリーズ1作目。

= ストーリー[編集]

2004年の第1作以来、世界中の人々を震え上がらせてきたホラー『ソウ』シリーズの新章。残酷なゲームを仕掛けてきた男ジグソウが死んで十数年後、何者かによる新たな惨劇が繰り広げられる。監督は『プリデスティネーション』などのマイケル、ピーター・スピエリッグ兄弟。ドラマシリーズ「ザ・グレイズ ~フロリダ殺人事件簿」などのマット・パスモア、『ブルーに生まれついて』などのカラム・キース・レニー、『スティール』などのクレ・ベネットらが出演する。

ある街で、おぞましい死体が次々と発見される。その常軌を逸した状態から、かつてジグソウという名で多くの人間を死に追いやったジョン・クレイマーの存在が警察の捜査で浮かび上がる。しかし、彼は十数年前にこの世を去っていた。ジグソウに後継者がいたのか、彼に心酔する者による犯行なのかと、さまざまな推測が飛び交うが……。

登場人物[編集]

※括弧内は日本語吹替[3]

ローガン・ネルソン
演 - マット・パスモア英語版三上哲
検視官。10年を経て出現した、ジグソウの犠牲者と思われる死体を調べる。
退役軍人で、かつて敵の捕虜となり拷問された過去を持つ。
ハロラン
演 - カラム・キース・レニー英語版広瀬彰勇
刑事。ジグソウの関連が疑われる事件の捜査を担当。
キース
演 - クレ・ベネット英語版(藤翔平)
刑事。ハロランと組んで捜査を担当。
エレノア
演 - ハンナ・エミリー・アンダーソン(阿部彬名
検視官。
アナ
演 - ローラ・ヴァンダーヴォート木下紗華
ゲーム参加者の女性。幼い子供を亡くしている。
ミッチ
演 - マンデラ・ヴァン・ピーブルズ英語版(岡本和浩)
ゲーム参加者の黒人男性。
ライアン
演 - ポール・ブラウンスタイン英語版山岸治雄
ゲーム参加者の中年男性。粗暴な性格。
カーリー
演 - ブリタニー・アレン英語版(野首南帆子)
ゲーム参加者の女性。
エドガー
演 - ジョサイア・ブラック(武井和歩)
「ゲームが始まる」と話し、ハロラン刑事との話を望んだ男。直後に警察に撃たれ、意識不明の重体となる。
ジグソウ / ジョン・クレイマー
演 - トビン・ベル銀河万丈
「ゲーム」と称した儀式を行う殺人鬼。10年前に死亡したはずだが、彼のゲームは再び始まる。

製作[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c Jigsaw (2017)” (英語). Box Office Mojo. 2017年11月10日閲覧。
  2. ^ キネマ旬報』2018年3月下旬 映画業界決算特別号 p.59
  3. ^ 日本語吹替声優に銀河万丈ら『ジグソウ:ソウ・レガシー』BD&DVD 6・13発売”. TVLIFE web (2018年4月11日). 2018年4月12日閲覧。