チャド・マレーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
チャド・マレーン
メンバー チャド・マレーン
加藤貴博
結成年 1999年
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1999年 -
師匠 ぼんちおさむ(チャド)
出身 NSC大阪校19期(加藤)
NSC大阪校21期(チャド)
出会い NSC
旧コンビ名 モーニングコール
ジパング上陸作戦
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 漫才コント
現在の代表番組 えいごであそぼ with Orton
過去の代表番組 人志松本のすべらない話
しごとの基礎英語
ビットワールドなど
同期 キバ(極悪連合)、キッチン!(加藤)
レギュラー天津安達健太郎ボンざわーるど(チャド)
公式サイト チャドのHP
受賞歴
1999年 今宮子供えびすマンザイ新人コンクールこども大賞
2005年 第1回渋谷ロックウエスト杯エンタメグランプリ
2006年 R-1ぐらんぷり準決勝進出(チャド)
2010年 CBCラジオ "ハマグリ王" 優勝
2010年 MBS新世代漫才アワード決勝進出
2012年 第4回仙台お笑いコンテスト 優勝
テンプレートを表示

チャド・マレーンは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビ、および同コンビのメンバー(ボケ)。旧コンビ名はジパング上陸作戦(ジパングじょうりくさくせん)。2019年現在は、ルミネtheよしもとのバトルライブ「CHANGE」に出演している。

メンバー[編集]

大阪NSC19期生。O型。
大阪NSC21期生。大阪・東京を通じて初の外国人NSC生。芸人としての活動のほか映画の字幕翻訳家としても活動している。O型。

エピソード[編集]

コンビ[編集]

  • 「Manzaiに国境はない!」をキャッチフレーズに活動する、日本人とオーストラリア人のコンビ。大阪時代、なんばグランド花月近くの喫茶店で話していた時に、お互いに「話の分かる外人」と感じ取り、それをきっかけにコンビを結成した。結成当初のコンビ名は「モーニングコール」。
  • 一見すると“長身の外国人と小柄な日本人”コンビであるが、実際の身長は加藤が159cm、チャドが169cmと、それぞれの人種の平均からすると二人とも小柄な方である。そのため『ハロー!モーニング。』に出演した際、モーニング娘。田中れいなに「意外と小さい」と言われムッとしたことも。
  • 2009年9月1日、「チャド・マレーン」に改名した[1]。「コンビ名が長いためピンでの仕事にコンビ名がつかない」「高齢の方に印象が悪い」などが大きな理由。
  • 2019年現在、芸歴11年目以上の芸人を対象とする、ルミネtheよしもとのバトルライブ『CHANGE』に出演している[2]

加藤[編集]

  • コンビのポジションについて、「ビジュアル(服装がオシャレ)担当」を意識しているらしい。
  • 桃山学院大学の落研に在籍していたが、下戸のため酒の出てくる噺はやらせてもらえなかった。
  • テレビドラマ『』にはティ・カトウ名義でチャドとともにゲスト出演した。
  • 2008年以降、劇団漂流船の舞台に客演(主演もあり)として積極的に参加している。
  • NSC時代、大阪の有名オカマバー、ベティーのマヨネーズでアルバイトをしていた。

チャド[編集]

  • オーストラリア生まれオーストラリア育ち。両親もオーストラリア人でハーフではない。元々は兵庫に留学生として来日した。
  • ぼんちおさむの四番弟子である。
  • レイザーラモンHGとは何かと縁がある。2002年某日、baseよしもとのステージで一緒にダンスを繰り拡げていたところ、その姿をケンドーコバヤシに「お前はハードゲイか!」とツッコまれ、それがきっかけで住谷のレイザーラモンHGのキャラクターが生み出された[要出典]
  • オーストラリア出身なのに大阪弁がペラペラのため、松本人志に「大阪ラリア人」と言われている。また、松本との海外旅行中に先輩たちに気を使うがあまりに、周りにイライラして無意識に舌打ち(海外では頻繁に使われる)してしまい、普段腰が低く明るいチャドとは違う一面に松本が驚いたという。
  • 自分のビザについてトークで話していたことがある。
    • 銭形金太郎』にビンボーさんとして出演した際、「日本の伝統芸能の漫才を学ぶ目的でビザをもらっているので、副業やバイトが出来ない」と言っていた。
    • さんまのSUPERからくりTV』出演時には、「ビザの都合で、コンビを解散して国に帰らなければいけないかも知れない」と語った。
    • 年収200万円以下では興行ビザ更新が困難になるため、伝統的に歩合制である吉本興業にあって、2007年現在唯一の給料芸人となった。仕事量にかかわらず給与が一定のため、ピン(一人)での仕事が急に増え、休みがほとんど無いと言われる。
  • 2005年11月からヨシモトファンダンゴTVの看板番組「ヨシモト∞」で、英語の同時通訳を担当。2006年5月4日からは同時通訳を含む副音声(「裏∞」)として放送されている。
  • ヒデペナルティ)の家に居候している。『アメトーーク!』のプレゼン大会でのヒデのプレゼンでは毎回名前が上がる。
  • 人志松本のすべらない話』ではお笑いのために日本語や関西弁を必死に勉強したが「来日したての日本語が片言だったころのほうがうけていた」というすべらない話を披露した。また、番組は「ひいひいひいおじいちゃんが羊泥棒だった」で締められた。
  • 2008年1月25日放送の『痛快!エブリデイ』では、一連の反捕鯨運動(シーシェパードによる妨害活動)に関する報道がされていることに捕鯨賛成派である桂南光に「キミは鯨を食べたことは?!」と聞かれ、「食べたことあります。」「鯨ベーコンが特においしかったです。」と答えていた。

芸風[編集]

つかみのネタはチャドがボケる「僕はラリア出身で…」。「ラリア」はオーストラリアのこと。もしくは加藤の「相方の名前がコンビ名という屈辱を受けて頑張ってますけれども…」という自虐ネタ。上陸作戦時代は、チャド「上陸しました~」加藤「上陸されちゃいました~」といったやり取りをする。

ものまね[編集]

ひとつを除いてチャドが外国人であることを活かしたものばかりである。

賞レースでの戦績[編集]

Ⅿ-1グランプリ[編集]

2002年 - 2009年の8年連続で準決勝に進出しており、いずれも敗者復活戦で敗退している。Ⅿ-1グランプリDVDの大会の「国籍問わず」という説明の部分で予選での様子が写った。

  • Ⅿ-1グランプリ2001 3回戦進出
  • Ⅿ-1グランプリ2002 準決勝進出
  • Ⅿ-1グランプリ2003 準決勝進出
  • Ⅿ-1グランプリ2004 準決勝進出
  • Ⅿ-1グランプリ2005 準決勝進出
  • Ⅿ-1グランプリ2006 準決勝進出
  • Ⅿ-1グランプリ2007 準決勝進出
  • Ⅿ-1グランプリ2008 準決勝進出
  • Ⅿ-1グランプリ2009 準決勝進出(コンビ結成10年)

その他[編集]

主な出演[編集]

テレビ番組[編集]

過去のレギュラー番組

加藤のみ
チャドのみ

ナレーション[編集]

テレビドラマ[編集]

チャドのみ

映画[編集]

チャドのみ

アニメ映画[編集]

舞台[編集]

チャドのみ
  • ティーチャー(2013年7月19日 - 28日、東京・シアターグリーンBIG TREE THEATER)[7]
  • LEAD HOT CHILI Pistols(2015年2月14日 - 15日、東京・神保町花月)[8]
  • 舞台版『残響のテロル』(2016年3月2日 - 6日、Zeppブルーシアター六本木)- クラレンス 役 [9]

CM[編集]

MV[編集]

連載[編集]

  • The Japan Times Alpha「How Do You Say That!」(ジャパンタイムズ)(2018年7月-)[13]
  • The Japan Times ST「よしもと芸人チャドのオモロー!人物録」(ジャパンタイムズ)(2017年-2018年)
  • The Japan Times ST「Chad's Thoughts」(ジャパンタイムズ)(2015年-2017年)
  • 流行通信「チャドの"モテる" 英会話レッスン」(INFASパブリケーションズ)(2007年-2008年)
  • マーガレット「チャドのマーガレット上陸大作戦」(集英社)(2007年-2008年)
  • 実践ビジネス英語「Growing Up In Australia」(NHK出版)(2011年-2014年)
  • 実践ビジネス英語「The English Triangle」(NHK出版)(2009年-2010年)
  • 新3か月トピック英会話「チャドの日豪GO!」(NHK出版)(2009年)
  • 新3か月トピック英会話「チャドった話」(NHK出版)(2008年)
  • きょうから英会話「チャドチャドしい失敗録」(NHK出版)(2007年-2008年)
  • きょうから英会話「チャドのボディーランゲージ講座」(NHK出版)(2007年)

書籍[編集]

  • 世にも奇妙なニッポンのお笑い(2017年、NHK出版、ISBN 4140885394)

主な翻訳作品[編集]

字幕翻訳[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

その他映像作品[編集]

  • HITOSI MATSUMOTO VISUALBUM (2003年)
  • 刑事ボギー(2006年)
  • EP FILMS (2010年)
  • 松本人志のコント MHK (NHK、2010年)
  • MAX THE MOVIE (2016年)[15]

英語字幕付き公演[編集]

絵本[編集]

全編英語公演[編集]

アプリ[編集]

  • 松本人志の俺の覚えたい外国語100~英語編~[17]

脚注[編集]

  1. ^ お笑いナタリー - ジパング上陸作戦が「チャド・マレーン」に改名
  2. ^ 芸歴11年目以上の戦い「CHANGE」でダイスが頂点に!激しく喜び腕がつる”. お笑いナタリー (2018年6月28日). 2019年3月11日閲覧。
  3. ^ Inc, Natasha. “木村祐一、映画「ジャッジ!」舞台挨拶でチャドのサポート” (日本語). お笑いナタリー. 2019年4月5日閲覧。
  4. ^ Inc, Natasha. “超特急、初主演映画「サイドライン」でチアに挑戦!劇中写真公開” (日本語). 音楽ナタリー. 2019年4月5日閲覧。
  5. ^ ウエンツ瑛士 日系アメリカ人の禅僧役も…兄役チャド・マレーン「あそこまで英語ができないとは…」”. www.sponichi.co.jp. 2019年4月5日閲覧。
  6. ^ Inc, Natasha. “ふかわ、バカリ、チャドが映画「紙兎ロぺ」で声優に挑戦” (日本語). お笑いナタリー. 2019年4月5日閲覧。
  7. ^ Inc, Natasha. “チャド出演、保木本真也脚本演出「ティーチャー」今日から” (日本語). お笑いナタリー. 2019年4月5日閲覧。
  8. ^ Inc, Natasha. “馬と魚も出演、来年のザ・プラン9最新作は3年ぶり覚王山が脚本” (日本語). お笑いナタリー. 2019年4月5日閲覧。
  9. ^ Inc, Natasha. “チャド「残響のテロル」舞台版でクラレンス役、潘めぐみ演じるハイヴと捜査” (日本語). お笑いナタリー. 2019年4月5日閲覧。
  10. ^ Inc, Natasha. “チャドが観月の着物姿をベタ褒め、日本和装の新CM登場” (日本語). お笑いナタリー. 2019年4月5日閲覧。
  11. ^ Inc, Natasha. “着物美人を応援、チャドが観月ありさとCMで共演” (日本語). お笑いナタリー. 2019年4月5日閲覧。
  12. ^ お笑い芸人のチャド、100s「そりゃそうだ」のビデオでダンシング” (日本語). BARKS. 2019年4月5日閲覧。
  13. ^ 6月15日開催「チャドしかできない!話題のフレーズを一発翻訳」週刊英語学習紙『The Japan Times ST』リニューアル記念無料セミナー第5弾|株式会社ジャパンタイムズのニュースリリース” (日本語). News2u.net. 2019年4月5日閲覧。
  14. ^ NETFLLIXドラマ『火花』の翻訳を担当した芸人チャド・マレーンが苦労を語る 「又吉以上に悩んだ」” (英語). AOL News JP. 2019年4月5日閲覧。
  15. ^ Inc, Natasha. “チャドが翻訳、マックスむらい主演映画“ダイナミック英語版”公開” (日本語). お笑いナタリー. 2019年4月5日閲覧。
  16. ^ 陣内智則、ラスベガス公演へ向けて「日本人おもろいやんって思わせたい」と意気込み! (2014年5月16日)” (日本語). エキサイトニュース. 2019年4月5日閲覧。
  17. ^ ただの学習アプリじゃない! 松本人志の覚えたい英語がちょっとどうかしている件 | ガジェット通信 GetNews” (日本語). ガジェット通信 GetNews (2015年2月3日). 2019年4月5日閲覧。