ジミー・パラデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ジミー・パレデス
  • ジミー・パレイデス
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はパラデス第二姓(母方の)はテレーロです。
ジミー・パラデス
Jimmy Paredes
サマセット・ペイトリオッツ
170624 Jimmy Paredes.jpg
千葉ロッテマリーンズ時代
(2017年6月24日、ほっともっとフィールド神戸にて)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サン・クリストバル州バホス・デ・ハイナ英語版
生年月日 (1988-11-25) 1988年11月25日(30歳)
身長
体重
191 cm
91 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 外野手三塁手二塁手
プロ入り 2006年 アマチュア・フリーエージェントとしてニューヨーク・ヤンキースと契約
初出場 MLB / 2011年8月1日
NPB / 2017年3月31日
KBO/ 2018年3月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジミー・サンティアゴ・パレーディス・テレーロJimmy Santiago Paredes Terrero, 1988年11月25日 - )は、ドミニカ共和国サン・クリストバル州バホス・デ・ハイナ英語版出身のプロ野球選手。右投両打。

経歴[編集]

プロ入りとヤンキース傘下時代[編集]

2006年ニューヨーク・ヤンキースと契約してプロ入り。

2007年にルーキー級ドミニカン・サマーリーグ・ヤンキースでプロデビュー。

2009年からレギュラー二塁手として起用されることが増えた。

アストロズ時代[編集]

2010年7月末のトレード期限直前にランス・バークマンとのトレードで、マーク・マランソンと共にヒューストン・アストロズへ移籍。この年は2球団で合計50盗塁をマークした。

2011年8月1日のシンシナティ・レッズ戦でメジャーデビュー。メジャー初打席でタイムリー三塁打を放ったが、これはアストロズ球団史上初の出来事だった。三塁のレギュラーであるクリス・ジョンソンの不振もあって終盤は先発出場も増え、最終的に46試合に出場して打率.286・2本塁打・18打点の成績を残した。

2012年は打撃不振により途中でマイナー落ちして、24試合の出場に留まった。

2013年は自己最多の48試合に出場したが、マイナーで過ごすことが多かった。

ロイヤルズ時代[編集]

2013年11月5日にウェイバー公示を経てマイアミ・マーリンズへ移籍した[1]2014年は開幕までの間、目まぐるしく移籍を繰り返し、2月7日にマーリンズをDFAとなった後15日にボルチモア・オリオールズ[2]、17日にカンザスシティ・ロイヤルズへそれぞれウェイバー公示を経て移籍した[3]。開幕をAAA級オマハ・ストームチェイサーズで迎え、ロイヤルズでは2度の昇格で9試合に出場して打率.200・本塁打・打点なし・2盗塁の成績だった。7月16日にジェイソン・フレイザーをトレードで獲得したことに伴い、DFAとなった[4]

オリオールズ時代[編集]

オリオールズ時代(2015年5月15日)

2014年7月24日にウェイバー公示を経て再びオリオールズに移籍し[5]、8月28日にメジャー昇格。9月12日のヤンキース戦のダブルヘッダー第1戦では自身初のサヨナラ安打(二塁打)を放った。

2015年指名打者のレギュラー格で起用され、104試合に出場して打率.275・10本塁打・42打点という打撃成績を残した。また、19四球に対して出場試合数を超える111三振を記録している。

ブルージェイズ時代[編集]

2016年5月16日にウェイバー公示を経てトロント・ブルージェイズへ移籍した[6]。5月30日にDFAとなった[7]

フィリーズ時代[編集]

2016年6月1日に金銭トレードで、フィラデルフィア・フィリーズへ移籍した[8]。この年は2球団合計で83試合に出場して打率.222・5本塁打・19打点の成績を残した。10月7日に40人枠外となり、10日にFAとなった[9]

ロッテ時代[編集]

2017年1月5日に千葉ロッテマリーンズへの入団が発表された[10]。背番号は42

オープン戦では.304と安定した打率を残し、開幕戦の対ソフトバンク戦では4番・指名打者で来日初出場を果たしたが、4月21日に登録を抹消。5月14日に再登録された後は、5月18日に来日初本塁打を放ち、6月14日の第3打席から6月15日第2打席にかけて3打席連続で本塁打を記録した。オールスター終了後最初の試合である7月17日のオリックス・バファローズ戦の第1打席から7月30日の埼玉西武ライオンズ戦の第3打席まで30打数(2四死球挟む。計32打席)ノーヒットと極度の不振に陥り、7月31日に登録を抹消された。8月30日に一軍に登録されると、復帰2打席目にホームラン、伊東監督最後となった本拠地・ZOZOマリンの最終戦で逆転のスリーランを放った。11月28日に球団は正式に退団を発表。12月2日に自由契約となった[11]

斗山時代[編集]

2017年12月1日にKBOリーグ斗山ベアーズがパラデスと契約を結んだ[12]。 登録名は「パレディス(파레디스)」であった。背番号は44。だが、2018年シーズンは斗山では一軍通算21試合に出場、1本塁打、4打点の成績だったため2018年6月1日にウェーバー公示された。

ランカスター・バーンストーマーズ時代[編集]

2018年7月23日にアトランティックリーグランカスター・バーンストーマーズと契約した。

サマセット・ペイトリオッツ時代[編集]

2019年3月19日にサマセット・ペイトリオッツと契約。

選手としての特徴[編集]

打撃[編集]

スイッチヒッターであるが、パラデスは「左打席のほうがパワーがある」とコメントしている[13]。落ちる球に弱く、変化球のボール球に手を出すことが多かった。

守備[編集]

前述の通り、パラデスはプロ入り当初は二塁手、三塁手であったが、2012年頃より外野手としての出場が多くなっている。 千葉ロッテ入団後は開幕当初はDHとしての出場が多かった。その後,シーズン途中加入したウィリー・モー・ペーニャがDHとして起用されることになったのもあり、パラデスはメジャー、マイナー時代に経験のない一塁手として起用された。[14][15][16]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2011 HOU 46 179 168 16 48 8 2 2 66 18 5 4 1 1 9 0 0 47 3 .286 .320 .393 .713
2012 24 82 74 7 14 1 1 0 17 3 2 1 0 2 6 0 0 21 0 .189 .244 .230 .474
2013 48 135 125 8 24 4 0 1 31 10 4 4 1 2 6 0 1 44 1 .192 .231 .248 .479
2014 KC 9 10 10 3 2 0 0 0 2 0 2 0 0 0 0 0 0 3 0 .200 .200 .200 .400
BAL 18 55 53 9 16 4 0 2 26 8 2 0 0 0 2 0 0 13 1 .302 .327 .491 .818
'14計 27 65 63 12 18 4 0 2 28 8 4 0 0 0 2 0 0 16 1 .286 .308 .444 .752
2015 104 384 363 46 100 17 2 10 151 42 4 4 0 2 19 0 0 111 8 .275 .310 .416 .726
2016 TOR 7 17 15 2 4 1 0 1 8 2 0 0 0 0 2 0 0 8 0 .267 .353 .533 .886
PHI 76 150 143 13 31 7 0 4 50 17 0 1 1 1 5 0 0 50 0 .217 .242 .350 .591
'16計 83 167 158 15 35 8 0 5 58 19 0 1 1 1 7 0 0 58 0 .222 .253 .367 .620
2017 ロッテ 89 289 269 31 59 9 0 10 98 26 1 0 0 1 16 0 3 97 5 .219 .270 .364 .634
MLB:6年 332 1012 951 104 239 42 5 20 351 100 19 14 3 8 49 0 1 287 13 .251 .286 .369 .656
NPB:1年 89 289 269 31 59 9 0 10 98 26 1 0 0 1 16 0 3 97 5 .219 .270 .364 .634
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 38(2011年 - 2013年、2014年途中 - 2015年)
  • 32(2014年 - 同年途中)
  • 37(2016年 - 同年途中)
  • 41(2016年途中 - 同年終了)
  • 42(2017年)
  • 44(2018年3-6月)
  • 20(2018年7月 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Juan C. Rodriguez (2013年11月4日). “Miami Marlins claim Astros infielder Jimmy Paredes off waivers” (英語). Sun Sentinel. 2016年6月2日閲覧。
  2. ^ Adam Berry (2014年2月15日). “O's claim utility man Paredes off waivers” (英語). MLB.com. 2016年6月2日閲覧。
  3. ^ “Royals claim outfielder Jimmy Paredes off waivers from Baltimore” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Kansas City Royals), (2014年2月17日), http://m.royals.mlb.com/news/article/67858630 2016年6月2日閲覧。 
  4. ^ “Royals acquire RHP Jason Frasor from Rangers”. Associated Press. ESPN. (2014年7月16日). http://sports.espn.go.com/espn/wire?section=mlb&id=11223328 2014年9月17日閲覧。 
  5. ^ Alejandro Zuniga (2014年7月24日). “Orioles acquire Royals utility man Jimmy Paredes” (英語). Baltimore Sun. http://www.baltimoresun.com/sports/orioles/blog/bal-orioles-claim-royals-utility-man-jimmy-paredes-off-waivers-20140724,0,7102873.story 2014年9月17日閲覧。 
  6. ^ Ben Nicholson-Smith (2016年5月16日). “Blue Jays claim utility player Jimmy Paredes from Orioles” (英語). Sportsnet. Rogers Media. 2016年5月17日閲覧。
  7. ^ Blue Jays recall RHP Ryan Tepera, designate INF Jimmy Paredes for assignment” (英語). Sportsnet. Rogers Media (2016年5月30日). 2016年6月2日閲覧。
  8. ^ Evan Webeck (2016年6月1日). “Phillies add utility piece in Paredes” (英語). MLB.com. 2016年6月2日閲覧。
  9. ^ MLB公式プロフィール参照。2017年5月12日閲覧。
  10. ^ ジミー・パラデス選手の獲得について”. 千葉ロッテマリーンズ・オフィシャルサイト. 2017年1月5日閲覧。
  11. ^ 自由契約選手 | 2017年度公示”. 日本野球機構 (2017年12月2日). 2017年12月6日閲覧。
  12. ^ “ロッテ退団のパラデスが韓国・斗山と契約 契約金10万ドル、年俸は70万ドル” (プレスリリース), デイリースポーツ online, (2017年12月1日), https://www.daily.co.jp/baseball/2017/12/01/0010780317.shtml 2017年12月6日閲覧。 
  13. ^ ロッテ 新外国人の両打ちパラデス「左の方がパワーがあるかな」” (2017年2月2日). 2017年6月27日閲覧。
  14. ^ Jimmy Paredes Stats”. MLB.com. 2017年12月11日閲覧。
  15. ^ Jimmy Paredes Stats”. MLB.com. 2017年12月11日閲覧。
  16. ^ 2017年度 公式戦成績 | 千葉ロッテマリーンズ 個人守備成績”. 日本野球機構. 2017年12月11日閲覧。

関連項目[編集]