ジム・ライトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジム・ライトル
Jim Lyttle
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州ハミルトン
生年月日 (1946-05-20) 1946年5月20日(71歳)
身長
体重
181 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1966年 MLBドラフト1巡目
初出場 MLB / 1969年5月17日
NPB / 1977年4月2日
最終出場 MLB / 1976年10月3日
NPB / 1983年10月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

ジム・ライトルJames Lawrence "Jim" Lyttle Jr., 1946年5月20日 - )は、アメリカ合衆国オハイオ州出身の元プロ野球選手外野手)。

経歴[編集]

フロリダ州立大学を経て、1966年MLBドラフト1巡目(全体の10番目)でニューヨーク・ヤンキースに指名され契約。1969年5月17日にメジャーデビュー。その後はシカゴ・ホワイトソックスモントリオール・エクスポズロサンゼルス・ドジャースと渡り歩く。

1977年広島東洋カープに入団し、来日。来日1年目から活躍を見せ、衣笠祥雄山本浩二らとクリーンナップを形成し、1979年から1980年の日本シリーズ連覇に貢献。1980年の日本シリーズではMVPを獲得。攻守共にバランスが良く、勝負強い打撃、守備では強肩を発揮して広島の黄金時代を支えた。1978年から4年連続でダイヤモンドグラブ賞を受賞し、山本浩二らと共に強固な外野守備陣を構成した。1981年には最多安打を獲得している。

1983年南海ホークスに移籍し、1シーズンプレー。その年、日本短波放送プロ野球オールスターゲーム中継に出演。帰国後は農場経営を務める傍ら、フロリダ・アトランティック大学でコーチを務めた[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]


















































O
P
S
1969 NYY 28 87 83 7 15 4 0 0 19 4 1 2 0 0 4 0 0 19 0 .181 .218 .229 .447
1970 87 140 126 20 39 7 1 3 57 14 3 6 2 2 10 1 0 26 2 .310 .355 .452 .807
1971 49 97 86 7 17 5 0 1 25 7 0 2 1 1 8 2 1 18 3 .198 .271 .291 .562
1972 CHW 44 84 82 8 19 5 2 0 28 5 0 1 1 0 1 0 0 28 0 .232 .241 .341 .582
1973 MON 49 130 116 12 30 5 1 4 49 19 0 2 2 3 9 2 0 14 3 .259 .305 .422 .727
1974 25 11 9 1 3 0 0 0 3 2 0 0 0 1 1 1 0 3 0 .333 .364 .333 .697
1975 44 70 55 7 15 4 0 0 19 6 0 1 1 1 13 3 0 6 0 .273 .406 .345 .751
1976 42 93 85 6 23 4 1 1 32 8 0 0 1 0 7 1 0 13 2 .271 .326 .376 .703
LAD 23 76 68 3 15 3 0 0 18 5 0 1 0 0 8 4 0 12 0 .221 .303 .265 .567
'76計 65 169 153 9 38 7 1 1 50 13 0 1 1 0 15 5 0 25 2 .248 .315 .327 .642
1977 広島 120 496 452 75 136 23 0 19 216 65 13 3 2 2 38 2 2 60 14 .301 .356 .478 .834
1978 130 578 524 85 155 30 1 33 286 108 2 8 2 7 36 4 9 77 12 .296 .347 .546 .893
1979 130 552 504 54 133 24 0 23 226 61 6 4 2 3 38 2 5 83 14 .264 .320 .448 .768
1980 130 545 507 68 142 25 1 23 238 82 5 7 0 6 28 1 4 74 11 .280 .319 .469 .789
1981 128 534 493 83 157 25 2 33 285 100 0 4 1 4 34 1 2 58 5 .318 .362 .578 .940
1982 126 520 482 54 130 19 1 24 223 75 1 1 1 8 25 3 4 60 10 .270 .306 .463 .769
1983 南海 112 380 357 36 92 5 3 11 136 38 3 2 1 1 19 2 2 57 2 .258 .298 .381 .679
MLB:8年 391 788 710 71 176 37 5 9 250 70 4 15 8 8 61 14 1 139 10 .248 .305 .352 .657
NPB:7年 876 3605 3319 455 945 151 8 166 1610 529 30 29 9 31 218 15 28 469 68 .285 .331 .485 .816
  • 各年度の太字はリーグ最高。

タイトル[編集]

NPB
  • 最多安打(当時連盟表彰なし):1回 (1981年) ※1994年より表彰

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

NPB初記録
NPB節目の記録
NPBその他の記録

背番号[編集]

  • 21 (1969年)
  • 27 (1970年 - 1971年)
  • 26 (1972年)
  • 2 (1973年 - 1974年)
  • 20 (1975年 - 1976年途中)
  • 41 (1976年途中 - 同年終了)
  • 6 (1977年 - 1982年)
  • 4 (1983年)

脚注[編集]

関連項目[編集]