ジム・ワット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジム・ワット
基本情報
本名 Jim Watt
階級 ライト級
身長 171cm
リーチ 180cm
国籍 イギリスの旗 イギリス
誕生日 (1948-07-18) 1948年7月18日(70歳)
出身地 スコットランドの旗 スコットランド
グラスゴー
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 46
勝ち 38
KO勝ち 27
敗け 8
引き分け 0
無効試合 0
テンプレートを表示

ジム・ワットJim Watt、男性、1948年7月18日 - )は、イギリススコットランドの元プロボクサーグラスゴー出身。元WBC世界ライト級王者。

来歴[編集]

1968年10月30日、プロデビュー。

1972年5月3日、16戦目でイギリスライト級王座を獲得。

1973年1月29日、ケン・ブキャナンに敗れて王座陥落。

1975年1月27日、イギリスライト級王座を再獲得。

1977年8月5日、欧州ライト級王座を獲得。以後、3度の防衛に成功する。

1979年4月17日、ロベルト・デュランの王座返上に伴い空位となったWBC王座を同級2位のアルフレド・ピタルアーと争い、12回KO勝ちで念願の世界王座を獲得した。以降、2年間の間に4度の防衛に成功。防衛の相手にはモントリオール五輪ライト級金メダリストのハワード・デービス・ジュニアや、後の世界王者ショーン・オグラディも含まれる。

1981年6月20日、リングの貴公子アレクシス・アルゲリョと対戦し、15回判定負けで王座陥落。この試合を最後に引退した。

獲得タイトル[編集]

  • 第15代WBC世界ライト級王座(防衛4度)

関連項目[編集]

空位
前タイトル保持者
ロベルト・デュラン
WBC世界ライト級王者

1979年4月17日 - 1981年6月20日

次王者
アレクシス・アルゲリョ