ジモン・グリュックリッヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジモン・グリュックリッヒ
Simon Glücklich Reigen 1.jpg

ジモン・グリュックリッヒSimon Glücklich1863年3月27日ビェルスコ=ビャワ - 1943年3月29日ミュンヘン)は、ドイツ画家

生涯と活動[編集]

装飾画家レオ・グリュックリッヒの息子ジモンは、1880年から1890年にかけてウィーン美術アカデミーに所属し、1885年から1890年の間に風俗画風景画の画家レオポルト・カール・ミュラー(1834年 - 1892年)に学んだ。

彼は1890年に北イタリアを訪れ、1920年にはバルト海を旅した。1917年まで、ジモン・グリュックリッヒはウィーンで主に活動していた。その後、彼はミュンヘンに移り、生涯そこで生活した。初期は風俗画を中心に描き、後には神話的な場面や風景画や静物画を描いた。グリュックリッヒの作品の多くは、人間と風景が幸福感のある調和をした、アール・ヌーヴォー的な様式化された彩り豊かな自然を描いているが、徐々に彼は社会慣習画、ヌード画、特に貴族と上流階級の肖像画において熟達した画家となった。

功績[編集]

1890年、フランツ・ヨーゼフ1世は、ウィーン・キュンストラーハウスドイツ語版の展示会で絵画『子供のカルテット』と、1898年には『花束』を入手した。出身地ビャワで、彼の作品は大規模に展示された。1905年、グリュックリッヒはミュンヘン万国博覧会の金賞を受賞した。ジモン・グリュックリッヒの作品は、ドイツの主たる美術館に所蔵されている。彼の作品は国際的に需要が高まり、作品は最大4万ユーロの価格が付いた。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • Saur Allgemeines Künstlerlexikon Band 27
  • Bruckmanns Lexikon der Münchner Kunst - Münchner Maler im 19. Jahrhundert Band 2
  • Thieme-Becker-Künstlerlexikon
  • Thomas Just und Irmgard Pangerl: Kaiser Franz Joseph und die Erste Ausstellung der Secessionisten 1898, [1] (PDF; 957 kB) abgerufen am 20. November 2013
  • Die Gemälde des 19. Jahrhunderts in der Hamburger Kunsthalle (Katalog, 1993)
  • Deutsche Künstler von Marées bis Slevogt, Bayerische Staatsgemäldesammlungen Neue Pinakothek (Bestandskatalog, 2003)
  • A. Häusler: Biografisches Gedenkbuch der Münchner Juden (1933 – 1945)

ウィキメディア・コモンズには、ジモン・グリュックリッヒに関するカテゴリがあります。