ジャイルズ・ジャイルズ&フリップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャイルズ・ジャイルズ&フリップ
Giles, Giles and Fripp
出身地 イングランドの旗 イングランド ドーセット ボーンマス
ジャンル サイケデリック・ロックジャズ・ロック、サイケデリック・ポップ
活動期間 1967年 - 1968年
レーベル デラム
共同作業者 キング・クリムゾンマクドナルド・アンド・ジャイルズ
旧メンバー マイケル・ジャイルズ
ピーター・ジャイルズ
ロバート・フリップ
ジュディ・ダイブル
イアン・マクドナルド

ジャイルズ・ジャイルズ&フリップGiles, Giles and Fripp)は、1967年8月にドーセットボーンマスで結成されたイギリスのロック・グループ。ドラムとボーカルのマイケル・ジャイルズ、ベースとボーカルのピーター・ジャイルズという兄弟、そしてギターのロバート・フリップによって結成された。バンドの音楽はポップ・ミュージックサイケデリック・ロックフォークジャズ、そしてクラシック音楽の影響といったものを折衷的に混ぜ合わせたようなものだった。グループは最終的に先駆的なプログレッシブ・ロック・バンド、キング・クリムゾンへと進化した。

略歴[編集]

彼らの故郷であるボーンマス地域でグループが結成されたとき、ジャイルズ兄弟は新聞広告を通じて、歌えるキーボード奏者を探していた。それに応えて現れたのがギタリストのロバート・フリップで、キーボードに精通しておらず歌うことができなかったにもかかわらず採用されることとなった。1967年の終わりから1968年の終わり頃まで、グループの全員がロンドンのブロンデスベリー・ロードに住んでいた。家で過ごしている間、彼らは多くのデモ録音を行った。初期のデモはすぐにイギリスのデッカ・レコード内に新しく設立されたデラム・レコード部門とのレコーディング契約につながった。

1968年春、約3か月の楽曲制作を経てアルバム『チアフル・インサニティ・オブ・ジャイルズ・ジャイルズ&フリップ[1]』をレコーディングしたが、9月13日に発売されるとこの年のデラム最低の売り上げ枚数となった。1968年6月、サックス、フルート、クラリネットを演奏するイアン・マクドナルドと、元フェアポート・コンヴェンションのボーカリストであるジュディ・ダイブルが加入。イアン・マクドナルドのクラリネットのオーバー・ダビングが、「Thursday Morning」のシングル・バージョンに追加された。その後、デラムは「She Is Loaded」や「Under the Sky」などを含む秋のスタジオ・セッションからの音源を拒絶した。これらの録音は、後になってアルバムのCD再発時にボーナス・トラックとしてリリースされた。ちなみにダイブルは加入後わずかひと月で脱退しているため、どのデラムでのレコーディングにも登場していない。

1968年9月9日、BBCラジオは「My Kind of Folk」(フランシス・ライン・プロデュース)のエピソードを放送し、そこでジャイルズ・ジャイルズ&フリップはシンガーソングライター、アル・スチュワートのバック・バンドを務めた。イアン・マクドナルドは、このセッションでオルガンを演奏した。演奏された曲は、「You Should Have Listened to Al」「Manuscript」「Old Compton Street Blues」「Room of Roots」、そして「In Brooklyn」であった。このセッションの記録(合計21分)が存在している。

その後もグループはホーム・レコーディングを続けた。「Passages of Time」のメロディの一部は、後にキング・クリムゾンの2枚目のアルバム『ポセイドンのめざめ』の「平和/終章」に再利用された。ホーム・レコーディングをまとめたコレクションは、2001年に『ザ・ブロンデスベリー・テープス』としてリリースされた。デモはオーバー・ダビングを可能にするように作り直された高品質の2トラックRevoxレコーダーで制作された。完成したレコーディングはモノラルだが、当時のスタジオ・クオリティに近い優れたサウンドを持つものもあった[2]

1968年11月、BBCにおいて出演番組の試写を見た直後、ピーター・ジャイルズがグループを脱退した。マイケル・ジャイルズ、ロバート・フリップ、そしてイアン・マクドナルドは、同郷出身で知人のベーシスト兼ボーカリスト、グレッグ・レイクを招聘し、キング・クリムゾンの最初のラインナップを形づくることとなる。ピーター・ジャイルズは、1970年になって2枚目のクリムゾンのアルバム『ポセイドンのめざめ』に参加し、さらに最近では21stセンチュリー・スキッツォイド・バンドにもメンバーとして参加した。ダイブルはデュオのトレイダー・ホーンを結成する。1971年、マイケル・ジャイルズとイアン・マクドナルドは一緒にアルバム『マクドナルド・アンド・ジャイルズ』をリリースした。

ラインナップ[編集]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • 『チアフル・インサニティ・オブ・ジャイルズ・ジャイルズ&フリップ』 - The Cheerful Insanity of Giles, Giles and Fripp (1968年)

シングル[編集]

  • "One in a Million / Newly Weds" (1968年)
  • "Thursday Morning / Elephant Song" (1968年)

コンピレーション・アルバム[編集]

  • Metaphormosis (2001年)
  • 『ザ・ブロンデスベリー・テープス』 - The Brondesbury Tapes (2001年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本語訳は「ジャイルズ、ジャイルズとフリップの陽気な狂気」。
  2. ^ Elder, Bruce. “The Brondesbury Tapes (1968) > Overview (DLL)”. allmusic. 2009年11月20日閲覧。