ジャイル・スティール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャイル・スティール
Gile Steele
生年月日 (1908-09-24) 1908年9月24日
没年月日 (1952-01-16) 1952年1月16日(43歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オハイオ州クリーブランド
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州カルバーシティ
職業 衣裳デザイナー

ジャイル・スティールGile Steele, 1908年9月24日 - 1952年1月16日)は、アメリカ合衆国の衣裳デザイナーである。

キャリア[編集]

1938年にメトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)でキャリアを始め、初期作品にはノーマ・シアラー主演の『マリー・アントアネットの生涯』などがあった。彼はMGMで『高慢と偏見』(1940年)、『ブーム・タウン』(1940年)、『塵に咲く花』(1941年)、『ジキル博士とハイド氏』(1941年)、『ミニヴァー夫人』(1942年)、『キュリー夫人』(1943年)などの著名な映画に参加した。1948年の『皇帝円舞曲』により、第21回アカデミー賞で新たに設置された衣裳デザイン賞の候補者となった。その後、『女相続人』と『サムソンとデリラ』で受賞を果たした。43歳の時に心臓発作で亡くなった。

受賞とノミネート[編集]

部門 作品名 結果
アカデミー賞 1948[1] 衣裳デザイン賞 (カラー) 皇帝円舞曲 ノミネート
1949[2] 衣裳デザイン賞 (白黒) 女相続人 受賞
1950[3] 衣裳デザイン賞 (カラー) サムソンとデリラ 受賞
1951[4] 衣裳デザイン賞 (白黒) Kind Lady ノミネート (死後)
衣裳デザイン賞 (カラー) 歌劇王カルーソ ノミネート (死後)
1952[5] メリー・ウィドウ英語版 ノミネート (死後)

参考文献[編集]

  1. ^ THE 21ST ACADEMY AWARDS”. oscars.org. 2018年3月15日閲覧。
  2. ^ THE 22ND ACADEMY AWARDS”. oscars.org. 2018年3月15日閲覧。
  3. ^ THE 23RD ACADEMY AWARDS”. oscars.org. 2018年3月15日閲覧。
  4. ^ THE 24TH ACADEMY AWARDS”. oscars.org. 2018年3月15日閲覧。
  5. ^ THE 25TH ACADEMY AWARDS”. oscars.org. 2018年3月15日閲覧。