ジャガー・Eペイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジャガー・EペイスJaguar E-Pace)は、イギリスの自動車メーカーであるジャガーが製造・販売するコンパクトSUVである。

初代 (2018年 -) X540[編集]

ジャガー・Eペイス
フロント
2018 Jaguar E-Pace R-Dynamic SE Diesel AWD 2.0 Front.jpg
リア
2018 Jaguar E-Pace R-Dynamic SE Diesel AWD 2.0 Rear.jpg
製造国  オーストリア グラーツ
販売期間 2017-
デザイン イアン・カラム
乗車定員 5名
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン 直4 2.0L D180ターボディーゼル
直4 2.0L P250ターボガソリン
直4 2.0L P300ターボガソリン
駆動方式 4WD
最高出力 180PS/4,000rpm
249PS/5,500rpm
300PS/5,500rpm
最大トルク 430Nm/1,750-2,500rpm
365Nm/1,300-4,500rpm
400Nm/1,500-2,000rpm
変速機 9速AT
全長 4,410 mm
全幅 1,900 mm
全高 1,650 mm
ホイールベース 2,680 mm
車両重量 1,920 kg
最高速度 205 km/h
230 km/h
243 km/h
トランク容量 577 L
-自動車のスペック表-

2017年6月21日、Eペイスが発表され[1]、同年7月13日ワールドプレミアされた[2]。エンジンは300psの2リッター直4ガソリンターボと、150psの2リッター直4ディーゼルターボが搭載された。

ジャガーのチーフデザイナーであるイアン・カラムによるデザインディレクションのもと、レンジローバイヴォークディスカバリースポーツに使われたJLA D8プラットフォームをベースに開発された[3]

日本での販売[編集]

2018年2月22日、日本での受注が開始された[4]。日本市場へはガソリンエンジンの「P250」「P300」およびディーゼルエンジンの「D180」が導入された。また、導入初年度限定グレード「ファーストエディション」が設定された。

2018年12月21日、2019年モデルが発表された[5]。200psの2リッター直4ガソリンターボモデルである「P200」が追加された。

2019年2月27日、Eペイスの国内デビュー1周年を記念した特別仕様車「コネクテッド」が発表された[6]

2019年7月29日、特別仕様車「KEI NISHIKORI EDITION」が発表された[7]。限定50台。

モデル・グレード一覧 (日本)[編集]

ジャガー・ジャパン (JAGUAR JAPAN) の公式ページによる[8]

モデル・グレード名 販売時期 エンジン 排気量 最高出力 最大トルク トランス
ミッション
駆動方式 最高速度
E-PACE 2018年2月- D180 ターボチャージドクリーンディーゼルエンジン 1,999 cc 180 PS

@4,000 rpm

430 Nm

@1,750 - 2,500 rpm

9速AT 4WD
(AWD)
205 km/h
S
SE
HSE
R-DYNAMIC
R-DYNAMIC S
R-DYNAMIC SE
R-DYNAMIC HSE
E-PACE 2018年12月- P200 ターボチャージドガソリンエンジン 1,995 cc 200 PS

@5,500 rpm

320 Nm

@1,500 rpm

S
SE
HSE
R-DYNAMIC
R-DYNAMIC S
R-DYNAMIC SE
R-DYNAMIC HSE
E-PACE 2018年2月- P250 ターボチャージドガソリンエンジン 249 PS

@5,500 rpm

365 Nm

@1,300 - 4,500 rpm

230 km/h
S
SE
HSE
R-DYNAMIC
R-DYNAMIC S
R-DYNAMIC SE
R-DYNAMIC HSE
S P300 ターボチャージドガソリンエンジン 300 PS

@5,500 rpm

400 Nm

@1,500 - 2,000 rpm

243 km/h
SE
HSE
R-DYNAMIC S
R-DYNAMIC SE
R-DYNAMIC HSE


脚注[編集]

関連項目[編集]