ジャクソン・マルティネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はマルティネス第二姓(母方の)はバレンシアです。
ジャクソン・マルティネス Football pictogram.svg
Jackson Martínez.jpg
ポルトでのジャクソン・マルティネス (2014年)
名前
本名 ジャクソン・アルレイ・マルティネス・バレンシア
Jackson Arley Martínez Valencia
愛称 Cha Cha Cha
Thriller
El Diablo
JM9
La Pantera
El Ticholo
ラテン文字 Jackson MARTINEZ
基本情報
国籍  コロンビア
生年月日 (1986-10-03) 1986年10月3日(32歳)
出身地 キブド
身長 185cm
体重 79kg
選手情報
在籍チーム ポルトガルの旗 ポルティモネンセSC
ポジション FW (CF)
背番号 9
利き足 右足
ユース
コロンビアの旗 インデペンディエンテ・メデジン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2009 コロンビアの旗 インデペンディエンテ・メデジン 136 (55)
2010-2012 メキシコの旗 チアパス 58 (28)
2012-2015 ポルトガルの旗 ポルト 90 (67)
2015-2016 スペインの旗 アトレティコ・マドリード 15 (2)
2016-2018 中華人民共和国の旗 広州恒大 10 (4)
2018- ポルトガルの旗 ポルティモネンセ
代表歴2
2009- コロンビアの旗 コロンビア 40 (10)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年1月8日現在。
2. 2016年6月7日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジャクソン・アルレイ・マルティネス・バレンシアスペイン語: Jackson Arley Martínez Valencia1986年10月3日 - )は、コロンビアキブド出身のサッカー選手。ポジションはセンターフォワード。単にジャクソン・アルレイ・マルティネス・バレンシア のみでも知られている。

ジャクソンは、ピッチ上でダンスのような動きをすることからCha Cha Chaとアダ名を付けられている[1]。コラムニストのティム・ヴィックリーは、両足を遜色なく使うことが出来る純粋な点取り屋と評している[2]

経歴[編集]

クラブ[編集]

インデペンディエンテ・メデジン[編集]

元サッカー選手の父オルランドの下で生まれたジャクソンは、メデジンを拠点とするアマチュアのDeportivo Coopebombas Encizoでキャリアを始め[3]、2004年にペドロ・エンリケ・サルミエントスペイン語版監督率いるインデペンディエンテ・メデジンへ入団した。

インデペンディエンテ・メデジンのトップチームに昇格を果たした2005年から2007年までの間は、散発的に得点を挙げることにとどまっていたが、2008年に11得点を挙げたことで注目を集めるようになった。2009後期リーグでは、アトレティコ・ウイラとの決勝戦で2試合共に得点を決め、クラブを5度目のリーグ優勝に導いた。個人としては、レイデル・プレシアードスペイン語版が持つシーズン最多得点記録を塗り替える18得点を叩きだし得点王となった[4]。さらに、エル・ティエンポ紙が選ぶ最優秀選手に選出され[5]コロンビア代表で代表初出場を飾り2試合連続得点を決めた。この活躍にクラブは、マルティネスは500万ドル以上の価値があると賞賛した[6]

同シーズン終了間際に韓国1部蔚山現代FCと暫定合意に達したとクラブのディレクターから発表された[7]が、契約条件が直前に変更されたことやジャクソン本人がアジアへ行くことを拒否したため、最終的に破談となった[8]

ハグアレス・デ・チアパス[編集]

シーズン終了後にアルゼンチン1部の強豪CAリーベル・プレートラシン・クラブが獲得の申し出を行っていた[9][10]ものの、最終的に同胞のルイス・フェルナンド・モスケラスペイン語版と共にメキシコ1部ハグアレス・デ・チアパスと契約した[11]

加入1年目となる2010後期リーグでは、得点王まで後一歩及ばなかったものの得点ランク4位となる9得点(得点王はハビエル・エルナンデスホアン・ファノスペイン語版ハーキュリーズ・ゴメスの10得点)を挙げ、コパ・リベルタドーレス2011英語版の方でも主力の1人として活躍し、クラブ史上初出場ながらも準決勝進出に貢献した。また、12月28日から30日までの間に行われたメキシコ、グアテマラエルサルバドルに所属する4チームからなるコパ・メソアメリカーナ2011スペイン語版では、初戦のコムニカシオネスFC相手に2得点を決める[12]と、決勝のADイシドロ・メタパン相手にハットトリックを達成し、得点王となる5得点を挙げる活躍でチームを記念すべき第1回大会優勝に導いた[13]

チームに加入してから通算30得点近くを挙げ、さらに2012後期リーグ開幕時に主将に任命される等、クラブでの充実した生活を送るのみにとどまらず、代表でも安定したパフォーマンスを披露していたことから欧州トップリーグであるイングランド1部リヴァプールFCマンチェスター・シティFC、程なくして契約することになるポルトガル1部FCポルトから関心を寄せられた。

ポルト[編集]

2012-13

2012年7月7日に移籍金880万ユーロFCポルトと4年契約を締結。違約金は4000万ユーロ(約39億円)に設定された[14]。初公式戦となった8月11日のアカデミカ・コインブラとのスーペルタッサ・カンディド・デ・オリベイラで90分に初得点及び決勝点を挙げ、タイトルを獲得[15]。また、同試合の最優秀選手に選出された。

8月25日のヴィトーリア・ギマランイス戦 (4-0) で80分にペナルティーキックによりリーグ戦初得点を記録。9月1日のSCオリャネンセ戦 (3-2) で2得点目、次のSCベイラ・マル戦 (4-0) では同胞のハメス・ロドリゲスのパスからオーバーヘッドキックにより先制点にして自身3得点目を挙げた[16]。第5節のリオ・アヴェFC戦(アウェイ2-2)では、1点を追いかける中で89分に得点を挙げチームを救った。ライバルのスポルティングCP戦 (2-0) でバックヒールボレーにより得点を記録[17]UEFAチャンピオンズリーグ 2012-13 グループリーグFCディナモ・キエフ戦 (3-2) で同胞のハメス・ロドリゲスのパスから欧州カップ戦初得点を決め、さらにルチョ・ゴンサレスのクロスから2得点目となる決勝点を挙げて勝利に貢献[18]GDエストリル・プライア戦 (2-1) で1得点1アシストを記録[19]

加入して12試合で11得点と、近年クラブで活躍したリサンドロ・ロペスフッキ、そして同胞のラダメル・ファルカオを抜く得点率を記録[20]し、その活躍からディアリオ・デ・ノティシアス紙のジョアン・ルエラ記者から"Jackshow Martínez"と愛称を付けられた[21]CSマリティモ戦 (2-0) での2得点[22]活躍から、同日のポルトガル全紙のスポーツ関連の見出しを飾った。これらの活躍から10月と11月の2ヶ月連続でリーグの月間最優秀選手に選出[23][24]されやことから、12月にはリヴァプール、チェルシーFCFCバルセロナといったクラブから関心を寄せられた[25]

チャンピオンズリーグのグループリーグ最終節パリ・サンジェルマンFC戦で得点を挙げる。チームは1-2で敗北したものの、グループ2位により決勝トーナメント進出が決定。モレイレンセFC戦 (1-0) でハメス・ロドリゲスからのパスから得点を挙げた。

後半戦初戦のCDナシオナル戦 (1-0) で頭により得点、SLベンフィカとのオ・クラシコ (2-2) でも引き続き得点した。ヴィトーリア・セトゥーバル戦でPKを含む2得点、次のジル・ヴィセンテFC (5-0) 戦で90分に得点、ヴィトーリア・ギマランイス戦で2度の頭による得点を含めたハットトリックを達成[26]。これで17試合18得点とし、オリャネンセ戦 (1-1) で連続得点記録を更新、次のベイラ・マル戦でも得点、リオ・アヴェ戦ではPKとハメス・ロドリゲスのクロスからのボレーで2得点を挙げる活躍から2013年2月度の月間最優秀選手に選出された[27]

タッサ・ダ・リーガ初出場となった準決勝のリオ・アヴェ戦 (4-0) で快勝するも無得点に終わってしまったが、すぐさまモレイレンセとのリーグ戦で2得点を挙げている。リーグ最終節のFCパソス・デ・フェレイラ戦 (2-0) でも得点を挙げた。加入1季目、そして欧州初上陸ながらも、スーペルタッサ・カンディド・デ・オリベイラスーペル・リーガ優勝を経験したのみならず、個人として30試合26得点により得点王になるなど、ジャクソンにとって成功したシーズンだった[28][29][30]。また、ESPNは2012-13シーズンの欧州で最高の契約の1つにジャクソンの名前を挙げた[31]

2013-14

エスタディオ・ムニシパル・デ・アヴェイロでのヴィトーリア・ギマランイスとのスーペルタッサ・カンディド・デ・オリベイラ (3-0) で得点を挙げて再度優勝に貢献[32]

ヴィトーリア・セトゥーバルとの開幕戦 (3-1) で得点、1週間後のマリティモ戦で再度得点、9月1日のパソス・フェレイラ戦(アウェイ1-0)で決勝点を記録。次のジル・ヴィセンテ戦で再度得点、9月22日のエストリル戦 (2-2) でルチョ・ゴンサレスのパスにより得点、FCアロウカ戦で2得点を挙げた。

2013-14シーズンのポルトはリーガで3位に終わったが、ジャクソン自身はリーガ最終節のSLベンフィカとの対戦でPKから決勝点を挙げ最終的にリーガでの得点数を20の大台に乗せ、2シーズン連続の得点王となった。

アトレティコ・マドリード[編集]

2014-15シーズン終了後、ACミランがジャクソンの獲得に動いたが、ユヴェントスに移籍したマリオ・マンジュキッチの代役としてアトレティコ・マドリードが獲得を決めた。2015年7月、ポルトはジャクソンのアトレティコ・マドリード移籍を発表。移籍金は3500万ユーロ。しかし、アトレティコでは15試合で2得点と本領を発揮できなかった・

広州恒大[編集]

2016年2月3日、移籍金4200万ユーロ(約54億9000万円)で中国スーパーリーグ広州恒大に4年契約(2019年12月31日まで)で完全移籍したことを発表した[33]。背番号は「9」に決まった。2016シーズンの広州恒大は国内三冠を制したが、マルティネスはリーグ戦10試合4得点で期待していたほどの活躍を見せることができなかった。

代表[編集]

2009年8月26日にエドゥアルド・ララスペイン語版監督の下で2010 FIFAワールドカップ・南米予選エクアドル戦とウルグアイ戦に向けてコロンビア代表に初招集され[34]、エクアドル戦 (2-0) で後半から初出場を飾ると、81分にジョヴァンニ・モレノのパスにより初得点を挙げた[35]。続くウルグアイ戦 (1-3) でも得点を記録した[36]

2011年6月7日にエルナン・ダリオ・ゴメス監督の下でコパ・アメリカ2011の一員に選出された[37]

2014年6月2日、2014 FIFAワールドカップ本戦に向けた最終メンバーに選出された[38]。 グループリーグ第一戦のギリシャ戦で後半31分から途中出場。第二戦のコートジボワール戦では出場機会が無かったが、第三戦の日本戦で先発出場すると2得点を挙げ勝利に貢献した[39]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
スペイン リーグ戦 国王杯オープン杯 期間通算
2015-16 アトレティコ・マドリード 11 プリメーラ・ディビシオン 15 2 3 0 - 18 2
中国 リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2016 広州恒大 9 超級 10 4 - 2 0 12 4
通算 スペイン プリメーラ・ディビシオン 15 2 3 0 - 18 2
中国 超級 10 4 - 2 0 12 4
総通算 25 6 3 0 2 0 30 6
国際大会個人成績 FIFA 期間通算
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
UEFA UEFA CL UEFA EL FCWC 期間通算
2015-16 アトレティコ・マドリード 11 4 1 - - 4 1
AFC AFC CL AFC CUP FCWC 期間通算
2016 広州恒大 9 4 0 - - 4 0
通算 UEFA 4 1 0 0 0 0 4 1
AFC 4 0 0 0 0 0 4 0
総通算 8 1 0 0 0 0 8 1

タイトル[編集]

クラブ[編集]

インデペンディエンテ・メデジン
ハグアレス・デ・チアパス
  • コパ・メソアメリカーナ (Copa Mesoamericana) : 2011
FCポルト
広州恒大

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "Jackson Martínez, l’autre buteur colombien"
  2. ^ "Neymar a match for Messi on Day of the Goal"
  3. ^ "O mundo de Jackson: «cha cha cha», em nome do pai"
  4. ^ "Con 18 tantos, Jackson Martínez fue el goleador del torneo Finalización"
  5. ^ "Jackson Martínez, distinguido"
  6. ^ "Jackson Martínez vale más de US$5 millones"
  7. ^ "Jackson Martinez jugará en el Ulsan Hyunday de Corea"
  8. ^ "Jackson Martínez ya no iría al Ulsan Corea"
  9. ^ "Se acerca Jackson Martínez"
  10. ^ "Racing: Siguen intentando por Jackson Martínez"
  11. ^ "Jackson Martínez y Mosquera, nuevos Jaguares"
  12. ^ "Jaguares Derrota 3-1 al Comunicaciones" Archived 2012年4月26日, at the Wayback Machine.
  13. ^ "Jaguares, Campeón de Copa Mesoamericana tras vencer al Metapán"
  14. ^ "ポルト、コロンビア代表ストライカーを獲得"
  15. ^ "Dragões conquistam Supertaça com golo de Jackson Martínez"
  16. ^ "Eu show James Rodríguez (4x0)"
  17. ^ "Jackson e o calcanhar: «É emocionante marcar um golo e vê-lo em todo o mundo»"
  18. ^ "ポルト、粘るディナモを退け全勝キープ"
  19. ^ "Segunda parte de sabor diferente para Vítor Pereira e Marco Silva"
  20. ^ "Jackson supera Falcão" Archived 2012年11月25日, at the Wayback Machine.
  21. ^ "'Jackshow' Martínez e James arrasam em festival portista"
  22. ^ "Vítor Pereira fala em «jogo fantástico», Pedro Martins assume a responsabilidade"
  23. ^ "Jackson Martínez vence prémio de melhor do mês"
  24. ^ "Jackson Martínez fue elegido el mejor jugador de Portugal"
  25. ^ "Porto striker Jackson Martinez insists he is not being turned by speculation over his future"
  26. ^ "Vítor Pereira diz que «podiam ter sido mais, Rui Vitória sem «drama»"
  27. ^ "Jackson Martínez eleito o melhor jogador de fevereiro"
  28. ^ "A jornada: FC Porto chega ao tri" Archived 2014年4月16日, at the Wayback Machine.
  29. ^ "Unbeaten Porto wrap up 27th league title"
  30. ^ "Porto claim Portuguese title, Benfica win"
  31. ^ "Europe's worst and best transfers of 2012-13" espnfc.com
  32. ^ "Supertaça pintada de azul e branco pela vigésima vez"
  33. ^ 広州恒大が正式発表…55億円でJ・マルティネス獲得、4年契約soccerking 2015年2月3日
  34. ^ "Giovanni Moreno, principal novedad de la nueva convocatoria de Lara"
  35. ^ "Colombia vs Ecuador"
  36. ^ "Colombia cae ante Uruguay 3-1 y se aleja del Mundial"
  37. ^ "Falcão e Guarín na Copa América"
  38. ^ ファルカオ不在…コロンビア代表メンバー発表 Goal.com 2014年6月3日
  39. ^ 日本、力及ばず コロンビアに4失点大敗でW杯を終える Goal.com 2014年6月25日
  40. ^ "João Moutinho e mais dez craques"