ジャスティス・リーグ VS. フェイタル・ファイブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ジャスティス・リーグVSフェイタルファイブ』(Justice League vs. the Fatal Five)は、DCアニメイテッド・ユニバースOVA作品でジャスティス・リーグ・アンリミテッドパラレルワールドのジャスティスリーグを描く。

概要[編集]

2019年に制作されたOVA作品。ジャスティスリーグアンリミテッドの本編、スーパーマンアニメシリーズに登場したブラックスーパーマンのいるパラレルワールド、そしてジャスティスローズのパラレルワールドとも違うパラレルワールドのジャステイスリーグアンリミテッドの活躍を描く。年齢指定はPG13指定だがOVAという作品媒体故にジャスティスリーグアンリミテッドで僅かに描かれた残虐描写がさらに過激化しており、大流血やフェイタルファイブによる一般人の虐殺、殺人事件を目撃し口封じに処刑スタイルで射殺されるジェシカの友人達など、残酷描写や暴力描写が過激である。

ストーリー[編集]

30世紀の地球、そこからヴィランチームのフェイタルファイブとそれに巻き込まれた未来のジャスティスリーグアンリミテッドのスーパーヒーローのスターボーイが現代へとやって来てしまう。エメラルド王女の復活を目論むフェイタルファイブ、ランタンリングに選ばれながらも苦悩するジェシカ、正規メンバー入りしていないミスマーシャン。ジャスティスリーグアンリミテッドは地球を救えるか?

登場人物[編集]

ジャスティスリーグアンリミテッド[編集]

ジャスティスリーグアンリミテッドのリーダーでグリーンランタンジェシカに次ぐ最強のスーパーヒーロー。ジャスティスローズのスーパーマン同様に気難しく攻撃的だが根底には優しさを持つ。主な武器はヒートビジョン、怪力、飛行、スーパーブレス。本編のスーパーマンと違い回避を重点に置いた戦法を基本とし敵に対して容赦無くヒートビジョンを連射し、またフラッシュと同様にスピードフォースを使用し加速攻撃を行う。
ジャスティスリーグアンリミテッドのサブリーダーで本編のワンダーウーマンと違い剣を武器にする。真実の投げ縄と腕輪、ティアラを武器とするが専ら素手での殴り合いを好む。本編と違いバットマンと絡むことは無くスーパーマンと交際している様子である。           
ゴッサム・シティの闇の騎士でパワードスーツのバットスーツを装着し人間の10倍の身体能力を発揮する。武器はバットラング、グラップルガン。        
  • グリーンランタン/ジェシカ・クルス:ダイアン・ゲレロ
グリーンランタンのリングに新たに選ばれたヒスパニック女子高生美少女。覚醒するとジャスティスリーグ最強のスーパーヒロインとなる。
本世界のジョン・ジョーンズの姪で火星人の美少女でジョーンズ同様に物質透過、あらゆる生物への変身、飛行など多彩な能力を持つ。

キャスト[編集]

  • ジョージ・ニューバーン:スーパーマン
  • スーザン・アイゼンバーグ:ワンダーウーマン
  • ケヴィン・コンロイ:バットマン

関連項目[編集]