ジャスティン・アンダーソン (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャスティン・アンダーソン
Justin Anderson
ロサンゼルス・エンゼルス #38
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ヒューストン
生年月日 (1992-09-28) 1992年9月28日(26歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2014年 MLBドラフト14巡目
初出場 2018年4月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジャスティン・チャールズ・アンダーソンJustin Charles Anderson, 1992年9月28日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身のプロ野球選手投手)。右投左打。MLBロサンゼルス・エンゼルス所属。愛称はアンドゥーAndo[1]

経歴[編集]

2014年MLBドラフト14巡目(全体419位)でロサンゼルス・エンゼルスから指名され、プロ入り。契約後、傘下のルーキー級アリゾナリーグ・エンゼルスでプロデビュー。パイオニアリーグのルーキー級オレム・オウルズ英語版でもプレーし、2球団合計で13試合(先発7試合)に登板して1勝4敗、防御率8.07、19奪三振を記録した。

2015年はA級バーリントン・ビーズ英語版でプレーし、28試合(先発22試合)に登板して9勝9敗、防御率3.41、112奪三振を記録した。

2016年はA+級インランド・エンパイア・シックスティシクサーズ英語版でプレーし、28試合(先発27試合)に登板して8勝12敗、防御率5.70、107奪三振を記録した。オフにはアリゾナ・フォールリーグに参加し、メサ・ソーラーソックスに所属した。

2017年はA+級インランド・エンパイアとAA級モービル・ベイベアーズでプレーし、2球団合計で46試合に登板して3勝2敗2セーブ、防御率5.06、42奪三振を記録した。

2018年はAA級モービルで開幕を迎えた。AAA級ソルトレイク・ビーズを経て4月23日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[2]。同日、故郷ヒューストンのミニッツメイド・パークでのヒューストン・アストロズ戦でメジャーデビュー[3]。そのまま降格することなくブルペン陣の一員となり、この年メジャーでは57試合に登板して3勝3敗4セーブ、防御率4.07、67奪三振、22ホールドを記録した。

投球スタイル[編集]

スライダーフォーシームという2球種のコンビネーションで組み立てる。他にツーシームカーブも持つが、投げる割合は1%にも満たないようにかなり低い[4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2018 LAA 57 0 0 0 0 3 3 4 22 .500 241 55.1 42 3 40 3 4 67 9 1 25 25 4.07 1.48
MLB:1年 57 0 0 0 0 3 3 4 22 .500 241 55.1 42 3 40 3 4 67 9 1 25 25 4.07 1.48
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 38(2018年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Angels' nicknames for Players' Weekend” (英語). MLB.com (2018年8月9日). 2018年12月29日閲覧。
  2. ^ Cody McCrary (2018年4月23日). “Former UTSA standout Justin Anderson called up by Angels” (英語). mysanantonio.com. 2018年12月29日閲覧。
  3. ^ Los Angeles Angels at Houston Astros Box Score, April 23, 2018” (英語). Baseball-Reference.com. 2018年12月29日閲覧。
  4. ^ Justin Anderson Pitching Stat Details”. Baseball Cube. 2018年12月29日閲覧。

関連項目[編集]