ジャスティン・ウィルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャスティン・ウィルソン
Justin Wilson 2007.jpg
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランド
出身地 同・シェフィールド
生年月日 1978年7月31日
没年月日 (2015-08-24) 2015年8月24日(37歳没)
F1での経歴
活動時期 2003
所属チーム ミナルディ,ジャガー
出走回数 16
通算獲得ポイント 1
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 2003年日本GP
テンプレートを表示

ジャスティン・ウィルソン(Justin Wilson、1978年7月31日 - 2015年8月24日)はイギリス(イングランド)、シェフィールド出身のレーシングドライバー。身長191cm、体重88kg。

経歴[編集]

フォーミュラ・ヴォグゾールなどの下位カテゴリーを経て国際F3000に出走し、2001年にはチャンピオンを獲得した。同年にはジョーダン・グランプリのテストにも参加した。

2002年にはミナルディのテストドライバーとなり、翌2003年にはレギュラードライバーの座を得てF1に参戦した。しかし彼は191cmという長身であったため、ミナルディは大きなモノコックを製作する必要があった。

2003年のドイツグランプリ以降は、アントニオ・ピッツォニアの解雇によりジャガー・レーシングに移籍した。同年のアメリカグランプリでは8位に入賞し、初の選手権ポイントを獲得した。

2004年以降は活動の場をアメリカに移し、チャンプカーに参戦。2005年トロントで初勝利し、通算4勝の実績を残す。

2008年からはチャンプカーのインディカーとの統合に伴いインディカーにニューマン・ハース・レーシングから参戦。第16戦デトロイトで初勝利を挙げた。年間ポイントランキングでは11位に入り、ルーキーの中では武藤英紀に次いで2位であった。

2009年はニューマン・ハース・レーシングのシートを失ったが、デイル・コイン・レーシングのシートを獲得し引き続きインディカーに参戦。開幕戦のセント・ピーターズバーグではチームにとって共に最上位である予選2位・決勝3位のリザルトを残すと、第9戦ワトキンス・グレンでは予選2位から逆転で優勝を飾り、チームに旧インディーカー時代から通算で参戦23年目での初優勝をもたらした。年間ポイントランキングでは9位に入った。また、この年の2強チームであったペンスキーチップ・ガナッシ以外で勝利を挙げた唯一のドライバーであった。

2010年はドレイヤー&レインボールド・レーシングからインディカーに参戦。第2戦のセント・ピーターズバーグと第4戦のロングビーチで2位表彰台を獲得した。また、第10戦のトロントでは自身初のポールポジションを獲得すると、決勝でも優勝争いを展開し最多リードラップを記録したもののレース終盤にスピンをして遅れたこともあり7位フィニッシュにとどまった。結局この年は勝利をあげることは出来ず、年間ポイントランキングは11位だった。

2011年も前年に引き続きドレイヤー&レインボールド・レーシングからインディカーに参戦している。

2012年には古巣デイル・コイン・レーシングに移籍、テキサスでオーバル初優勝を記録した。

2015年シーズンから、アンドレッティ・オートスポーツに移籍。第14戦ミッドオハイオでは、予選14番手から巻き返し、グレアム・レイホールとのバトルに敗れながらも、2位表彰台も獲得した。

2015年8月23日に行われた、第15戦ポコノでのレース中、単独スピンでウォールにクラッシュしたセージ・カラムのマシンから飛散したやや大きめのパーツ片がヘルメットを直撃。意識を失ったウィルソンのマシンは惰性でイン側のウォールに接触し停止した。直ちにセーフティークルーによってマシンから救出されたウィルソンは、ドクターヘリでアレンタウン (ペンシルベニア州)リーハイバレーシーダークレスト病院に搬送されたが、当日深夜、ウィルソンが意識不明の危篤状態であることがインディーカーより発表された[1]。ドライバー仲間や、モータースポーツ界からも回復を祈る声が寄せられたが[2]、翌8月24日、意識が戻ることがないまま、同病院にて死去した。37歳没[3]。ウィルソンの事故の1ヶ月前には、かつて参戦していたF1でもレース中の事故で頭部に大怪我を負ったジュール・ビアンキが亡くなったばかりであったためこの事故はF1界にも大きな衝撃を与え、頭部保護デバイスの導入の議論が過熱することとなり、F1ではHalo(ヘイロー)と呼ばれる頭部保護デバイスが導入されることとなった他、インディカーでも頭部保護の一環としてエアロスクリーンが導入されることとなった。

ウィルソンは自らのレース活動を支えるための企業であるJustin Wilson plcを設立し、この企業への出資を募ることでレース参戦資金を確保している。これは、多くの新人ドライバーが少数の企業や資産家から直接資金援助を受けていることに対して、独特な手法である。

レース戦績[編集]

フォーミュラ[編集]

国際F3000選手権[編集]

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 順位 ポイント
1999年 チーム・アストロメガ ローラ・B99/50 ザイテック IMO
6
MON
Ret
CAT
6
MAG
10
SIL
Ret
A1R
Ret
HOC
Ret
HUN
7
SPA
Ret
NÜR
Ret
20位 2
2000年 ノルディック・レーシング IMO
8
SIL
3
CAT
5
NÜR
Ret
MON
7
MAG
9
A1R
2
HOC
Ret
HUN
5
SPA
5
5位 16
2001年 コカコーラ・ノルディック・レーシング INT
1
IMO
6
CAT
3
A1R
1
MON
2
NÜR
Ret
MAG
2
SIL
2
HOC
2
HUN
1
SPA
2
MNZ
2
1位 71

ワールドシリーズ・バイ・ニッサン[編集]

エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 順位 ポイント
2002年 レーシング・エンジニアリング VAL
1

Ret
VAL
2

Ret
JAR
1

3
JAR
2

Ret
ALB
1

4
ALB
2

9
MNZ
1

3
MNZ
2

4
MAG
1

4
MAG
2

5
CAT
1

3
CAT
2

5
VAL
1

3
VAL
2

1
CUR
1

3
CUR
2

4
INT
1

2
INT
2

1
4位 171

F1世界選手権[編集]

チーム シャーシ エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
2003年 ミナルディ PS03 コスワース・CR3 3.0L V10 AUS
Ret
MAL
Ret
BRA
Ret
SMR
Ret
ESP
11
AUT
13
MON
Ret
CAN
Ret
EUR
13
FRA
14
GBR
16
20位 1
ジャガー R4 コスワース・CR5 3.0L V10 GER
Ret
HUN
Ret
ITA
Ret
USA
8
JPN
13

(key)

フォーミュラE[編集]

チーム シャシー パワートレイン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
2014-15年 アンドレッティ・オートスポーツ スパーク・ルノー・SRT 01E SRT01-e BEI PUT PDE
BUE
MIA
LBH
MCO
BER
MSC
10
LON
LON
25位 1

(key)

アメリカン・オープンホイール[編集]

チャンプカー・ワールド・シリーズ[編集]

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 順位 ポイント
2004年 コンクエスト・レーシング ローラ・B02/00 コスワース LBH
6
MTY
6
POR
5
CLE
18
TOR
12
VAN
14
ROA
7
DEN
7
MTL
14
LS
18
LVG
8
SRF
8
MXC
4
11位 188
レイナード・02i MIL
11
2005年 ルー・スポート ローラ・B02/00 LBH
4
MTY
4
MIL
4
POR
17
CLE
7
TOR
1
EDM
4
SJO
4
DEN
17
MTL
3
LVG
11
SRF
7
MXC
1
3位 265
2006年 LBH
2
HOU
5
MTY
2
MIL
2
POR
2
CLE
13
TOR
4
EDM
1
SJO
3
DEN
8
MTL
14
ROA
5
SRF
Wth
MXC
2
2位 298
2007年 パノス・DP01 LVG
Ret
LBH
4
HOU
10
POR
2
CLE
4
MTT
5
TOR
3
EDM
2
SJO
13
ROA
8
ZOL
5
ASN
1
SRF
2
MXC
10
2位 281

インディカー・シリーズ[編集]

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 順位 ポイント
2008年 ニューマン・ハース・レーシング ダラーラ ホンダ HMS
15
STP
9
MOT1
KAN
9
INDY
27
MIL
7
TXS
27
IOW
12
RIR
7
WGL
25
NSH
18
MDO
11
EDM
3
KTY
19
SNM
9
DET
1
CHI
11
SRF2
12
11位 340
パノス・DP01 コスワース LBH1
19
2009年 デイル・コイン・レーシング ダラーラ ホンダ STP
3
LBH
22
KAN
14
INDY
23
MIL
15
TXS
15
IOW
18
RIR
14
WGL
1
TOR
5
EDM
8
KTY
21
MDO
13
SNM
7
CHI
10
MOT
12
HMS
10
9位 354
2010年 ドレイヤー&レインボールド・レーシング SAO
11
STP
2
ALA
7
LBH
2
KAN
18
INDY
7
TXS
19
IOW
24
WGL
10
TOR
7*
EDM
21
MDO
27
SNM
6
CHI
7
KTY
11
MOT
16
HMS
21
11位 361
2011年 STP
10
ALA
19
LBH
22
SAO
7
INDY
16
TXS1
17
TXS2
21
MIL
10
IOW
12
TOR
15
EDM
5
MDO
Wth
NHM SNM BAL MOT KTY LVS 24位 183
2012年 デイル・コイン・レーシング ダラーラ・DW12 STP
10
ALA
19
LBH
10
SAO
22
INDY
7
DET
22
TXS
1
MIL
23
IOW
10
TOR
21
EDM
9
MDO
18
SNM
11
BAL
17
FON
23
15位 278
2013年 STP
9
ALA
8
LBH
3
SAO
20
INDY
5
DET1
3
DET2
22
TXS
15
MIL
9
IOW
11
POC
7
TOR1
11
TOR2
8
MDO
8
SNM
2
BAL
4
HOU1
3
HOU2
4
FON
18
6位 472
2014年 STP
8
LBH
16
ALA
6
IMS
11
INDY
22
DET1
4
DET2
12
TXS
21
HOU1
10
HOU2
12
POC
14
IOW
13
TOR1
10
TOR2
10
MDO
15
MIL
17
SNM
9
FON
13
14位 395
2015年 アンドレッティ・オートスポーツ STP NLA LBH ALA IMS
24
INDY
21
DET1
DET2
TXS
TOR
FON
MIL
18
IOW
17
MDO
2
POC
15
SNM
24位 108

インディ500[編集]

シャシー エンジン スタート フィニッシュ チーム
2008年 ダラーラ ホンダ 16 27 ニューマン・ハース・レーシング
2009年 15 23 デイル・コイン・レーシング
2010年 11 7 ドレイヤー&レインボールド・レーシング
2011年 19 16
2012年 ダラーラ・DW12 21 7 デイル・コイン・レーシング
2013年 14 5
2014年 14 22
2015年 6 21 アンドレッティ・オートスポーツ

スポーツカー[編集]

ル・マン24時間レース[編集]

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回 総合順位 クラス順位
2004年 オランダの旗 レーシング・フォー・ホラント オランダの旗 トム・コロネル
アイルランドの旗 ラルフ・ファーマン
童夢・S101-ジャッド LMP1 313 DNF DNF

デイトナ24時間レース[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “ジャスティン・ウィルソン、頭部外傷で意識不明の重体 / インディカー”. F1-Gate.com. http://f1-gate.com/indycar/news_28224.html 2015年8月25日閲覧。 
  2. ^ “ジャスティン・ウィルソンにF1界からも回復を願うメッセージ”. F1-Gate.com. http://f1-gate.com/indycar/PrayersForJustin_28226.html 2015年8月25日閲覧。 このサイトも、通常newsと入るサイトアドレス部分にPrayersForJustinが含まれている。
  3. ^ “ジャスティン・ウィルソン、インディの事故で死去”. オートスポーツWeb. (2015年8月25日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=5&no=67524 2015年8月25日閲覧。 

リンク[編集]