ジャスティン・ウェルビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャスティン・ウェルビー
第105代カンタベリー大主教
Justin Welby at Seoul Cathedral.jpg
着座 2013年
前任 ローワン・ウィリアムズ
個人情報
出生 1956年1月6日
イギリスの旗 イギリスロンドン
両親 父:ギャヴィン・ブラムホール・ウェルビー
母:ジェーン・ウェルビー
出身校 ケンブリッジ大学
紋章 ジャスティン・ウェルビーの紋章

ジャスティン・ポータル・ウェルビー英語: Justin Portal Welby, 1956年1月6日 - )は、イギリスイングランド国教会聖職者、政治家。現在、カンタベリー大主教を務めており(在職2013年 - )、その地位に基づき貴族院議員でもある。

アウグスティヌスから数えて105代目のカンタベリー大主教である。

経歴[編集]

1956年1月6日、ウィスキー販売業のギャヴィン・ブラムホール・ウェルビーとその妻でチャーチル首相秘書(1951-1955、第2次チャーチル政権)などを務めたジェーンの長男としてロンドンに生まれる[1][2]。祖父はユダヤ系ドイツ人だったが、ナチス政権の反ユダヤ主義政策から逃れるため、イギリスへ移民した[3][2]。1955年、両親は駆け落ち同様にアメリカに渡り、その後すぐにロンドンに戻ってジャスティンを出産した。「両親のアルコール依存症により、子供の頃はごたごたしていた」と語っている。

2016年3月、デイリー・テレグラフ紙の取材の過程でウェルビー大主教も合意したDNA型鑑定が行われ、結果として”(生物学上の)父親”すなわち実父は母親と同時期にウィンストン・チャーチル首相の秘書官を勤めたサー・アンソニー・モンタギュー・ブラウン(Montague Browne。故人)にほぼ間違いないと判明した。これに関して大主教は「全く動揺していない」、「私が誰であるか、それはイエス・キリストを通して見つけるものであり、遺伝を通して見るものではないため、イエスを通じて見出す自分のアイデンティティーは、決して変わらない。」とイングランド国教会(ランベス宮)を通して語っている。 [4] [5]

教育はイートン・カレッジを経てケンブリッジ大学へ進学し、 [1][2][6] 1978年に歴史学専攻で学士号を得て卒業した。その後11年間石油産業に従事し、その内の5年間はパリに拠点を置くフランスの石油会社エルフ・アキテーヌに勤務してフランスとイギリスで働いた。1984年からはエンタープライズ・オイル・グループ( Enterprise Oil PLC)のグループ財務担当として西アフリカ北海油田でのプロジェクトに携わり、1989年召命を受けたとして同社を辞任した[7]

製油業界に従事した期間、ウェルビーはアルファ・コース(Alpha Course)の発信地としても有名で福音的な、ロンドン・ブロンプトンの聖三一教会(Holy Trinity Bromptonイングランド国教会ロンドン教区ケンジントン地区)の信徒であった。

1983年、当時7ヶ月の娘を交通事故で失った。これがのちの転身のきっかけの一つとなったとされている。。

神学校へ進むに当たって、ケンジントン地区主教からは「イングランド国教会にはあなたの居場所はない。」といわれたが、当時のブロンプトン聖三一教会司祭(後にセント・ポール大聖堂の司祭)のとりなしを経て、1989年からダラム大学のセント・ジョンズ・カレッジ(神学部)で学び、1992年に神学専攻の学士号とDipMin(Diploma of Ministry)を受けた。いくつかの聖職を経て2007年リヴァプール主任司祭英語版2011年ダーラム主教英語版となった[1][6][8]。ダーラム主教として2012年1月12日貴族院で紹介を受け、貴族院議員となった[9][10]

2012年11月9日にイギリス首相官邸はウェルビー主教が次期カンタベリー大主教として選ばれたことを発表し[6]2013年1月10日カンタベリー大聖堂での儀式により正式に大主教として聖別された。同年2月26日からカンタベリー大主教として貴族院議員にもなった[8]

主要観点[編集]

  • ジャスティン・ウェルビーは女性主教の任命については、強い支持者だった。2012年の総会でこの問題が否決された時も、「暗い日だった、特に女性司祭たちとその支持者にとって。」といっている。2014年7月には女性主教の任命が可決され、11月には実施可能になっている。
  • セックス同性結婚について。婚外セックスは間違いである。同性結婚を認めないイギリス国教会の規定を支持しているが、過度のホモフォビアになることは戒めている。

家族と趣味[編集]

ジャスティン・ウエルビーはキャロライン(旧姓イートン)と結婚していて、6人の子供がある。1983年にフランスでの交通事故で、7か月の子供を亡くしている。

自分自身は優遇された教育を受けていると感じているが、子供たちは普通の学校に通わせている。

フランスで働いた経験からフランス語を話し、親仏であると自認している。新ダーラム主教の紹介では趣味は「フランスの物ほぼすべて、セーリング」であるとしている。 [11] [12]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c Lundy, Darryl. “Rt. Rev. Justin Portal Welby” (英語). thepeerage.com. 2014年6月8日閲覧。
  2. ^ a b c Biography Justin Welby”. Archbishop of Canterbury.org (2012年11月9日). 2014年6月8日閲覧。
  3. ^ Lewis, Jason (2012年12月2日). “Jews who fled the Nazis: secrets of Justin Welby's family tree”. The Daily Telegraph (London). http://www.telegraph.co.uk/news/religion/9716357/Jews-who-fled-the-Nazis-secrets-of-Justin-Welbys-family-tree.html 2014年6月8日閲覧。 
  4. ^ 英国教会大主教、父親はチャーチル元首相の秘書だった…DNA型鑑定で判明 英紙報道、母も生前認める
  5. ^ 「"I know that I find who I am in Jesus Christ, not in genetics, and my identity in him never changes."」の訳。出典: DNA型鑑定で分かった後も、この発見で煩わされてはいない (英語)
  6. ^ a b c Justin Welby appointed 105th Archbishop of Canterbury”. Prime Minister's Office (2012年11月9日). 2014年6月8日閲覧。
  7. ^ Colchester, Max (2012年9月30日). “British Banks Face Heat From on High”. The Wall Street Journal. http://online.wsj.com/article/SB10000872396390444752504578024833471492280.html?mod=WSJ_hp_EditorsPicks 2014年6月8日閲覧。 
  8. ^ a b Archbishop of Canterbury”. www.parliament.uk. 2014年6月8日閲覧。
  9. ^ “Bishop Justin's Maiden Speech in the House of Lords”. Diocese of Durham. (2012年5月17日). http://www.durham.anglican.org/news-and-events/news-article.aspx?id=272 2013年11月17日閲覧。 
  10. ^ “Bishop of Durham Introduced To House of Lords”. Aegies Associates. (2012年1月12日). http://www.aegies-associates.com/news-blog/bishop-of-durham-introduced-to-house-of-lords.html 2013年11月17日閲覧。 
  11. ^ The new Archbishop of Canterbury: 10 lesser-known things (BBC Magazine)
  12. ^ New Bishop of Durham left oil industry after daughter's death
イングランド国教会の称号
先代:
ルパート・ホーア英語版
リヴァプール主任司祭英語版
2007年 - 2011年
次代:
ピート・ウィルコックス英語版
先代:
トム・ライト
ダーラム主教英語版
2011年 - 2013年
次代:
ポール・バトラー英語版
先代:
ローワン・ウィリアムズ
カンタベリー大主教
2013年 – 現在
現職