ジャスティン・デフレイタス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャスティン・デフレイタス
Justin De Fratus
シアトル・マリナーズ (マイナー)
2012 09 27 Phillies 008 Justin De Fratus.JPG
フィリーズ時代(2012年9月27日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ロサンゼルス郡ウィッティア
生年月日 (1987-10-21) 1987年10月21日(31歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 MLBドラフト11巡目(全体353位)でフィラデルフィア・フィリーズから指名
初出場 2011年9月18日 セントルイス・カージナルス
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジャスティン・アンドリュー・デフレイタスJustin Andrew De Fratus, 1987年10月21日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス郡ウィッティア出身のプロ野球選手投手)。右投両打。MLBシアトル・マリナーズ傘下所属。

経歴[編集]

プロ入りとフィリーズ時代[編集]

2007年MLBドラフト11巡目(全体353位)でフィラデルフィア・フィリーズから指名され、6月9日に契約。契約後、傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・フィリーズでプロデビュー。10試合(先発8試合)に登板して2勝3敗・防御率4.30・34奪三振の成績を残した。

2008年はA-級ウィリアムズポート・クロスカッターズ英語版でプレーし、14試合に先発登板して6勝5敗、防御率3.67・74奪三振の成績を残した。

2009年はA級レイクウッド・ブルークロウズでプレーし、36試合(先発12試合)に登板し、5勝6敗3セーブ、防御率3.19・101奪三振の成績を残した。

2010年はまずA+級クリアウォーター・スレッシャーズ英語版でプレーし、29試合に登板して2勝0敗15セーブ・防御率1.79・43奪三振の成績を残した。7月にAA級レディング・フィリーズへ昇格。20試合に登板して1勝0敗6セーブ・防御率2.19・28奪三振の成績を残した。オフの11月19日にフィリーズとメジャー契約を結び[1]40人枠入りを果たした。

2011年3月12日にAA級レディングへ異動し、そのまま開幕を迎えた。開幕後はAA級レディングでプレーし、23試合に登板して4勝0敗8セーブ・防御率2.10・43奪三振の成績を残した。6月にAAA級リーハイバレー・アイアンピッグスへ昇格。28試合に登板して2勝3敗7セーブ・防御率3.73・56奪三振の成績を残した。9月16日にメジャーへ昇格し[2]、18日のセントルイス・カージナルス戦でメジャーデビュー。5点ビハインドの9回表から登板し、1回を無安打無失点に抑えた[3]。9月28日のアトランタ・ブレーブス戦では、同点の延長12回裏から登板し、1回を1安打無失点に抑え、直後の13回表にフィリーズが勝ち越したため、メジャー初勝利を挙げた[4]。この年メジャーでは5試合に登板して1勝0敗・防御率2.25・3奪三振の成績を残した。

2012年4月3日に右肘の故障で15日間の故障者リスト入りし[5]、5月11日に60日間の故障者リストへ異動した[6]。7月18日に故障者リストから外れ、AAA級リーハイバレーへ降格[7]。9月2日にメジャーへ昇格した[8]。この年は13試合に登板して0勝0敗・防御率3.38・26奪三振の成績を残した。

2013年3月17日にAAA級リーハイバレーへ異動し、そのまま開幕を迎えた。AAA級リーハイバレーでは13試合に登板して3勝0敗・防御率1.89・奪三振と好投。5月11日にメジャーへ昇格した[9]。この年は58試合に登板して3勝3敗・防御率3.86・42奪三振の成績を残した。

2014年は開幕ロースター入りし、4試合に登板したが、防御率7.20でブロウンセーブを記録するなど結果を残せず、4月13日にAAA級リーハイバレーへ降格した[10]。5月25日にメジャーへ再昇格した[11]。この年は54試合に登板して3勝1敗・防御率2.39・49奪三振の成績を残した。

2015年は61試合に登板して0勝2敗・防御率5.51・68奪三振の成績を残した。10月9日にFAとなった[12]

マリナーズ傘下時代[編集]

2015年12月2日にシアトル・マリナーズと1年契約を結んだ[13]

2016年スプリングトレーニングでは精彩を欠き、3月16日に自由契約となった[14]が、18日にマイナー契約に切り替えて再契約した[15]。開幕から傘下のAAA級タコマ・レイニアーズでプレーした。

レンジャーズ傘下時代[編集]

2016年6月11日、5月29日に行われたトレード後日発表選手としてテキサス・レンジャーズへ移籍した[16]。移籍後は傘下のAAA級ラウンドロック・エクスプレスでプレーしていたが、7月14日に自由契約となった[17]

ナショナルズ傘下時代[編集]

2016年7月22日にワシントン・ナショナルズとマイナー契約を結んだ。移籍後は傘下のAA級ハリスバーグ・セネターズとAAA級シラキュース・チーフスでプレーし、移籍前を含めて4球団合計で45試合に登板して5勝6敗1セーブ・防御率3.72・43奪三振の成績を残した。オフの11月7日にFAとなった[17]

独立リーグ時代[編集]

2017年2月28日にサンディエゴ・パドレスとマイナー契約を結んだ[17]が、3月下旬に自由契約となった[18]

その後、4月6日に独立リーグアトランティックリーグサザンメリーランド・ブルークラブスと契約。4試合に先発登板して3勝1敗・防御率1.40・22奪三振の成績を残した。

マリナーズ傘下復帰[編集]

2017年5月9日にマリナーズとマイナー契約を結んだと報じられ[19]、11日に球団から正式発表された[17]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2011 PHI 5 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 17 4.0 1 0 3 1 1 3 1 0 2 1 2.25 1.00
2012 13 0 0 0 0 0 0 0 5 ---- 44 10.2 7 0 5 1 0 8 1 0 5 4 3.38 1.13
2013 58 0 0 0 0 3 3 0 9 .500 208 46.2 45 3 25 3 5 42 6 0 21 20 3.86 1.50
2014 54 0 0 0 0 3 1 0 5 .750 219 52.2 45 4 12 4 3 49 2 0 19 14 2.39 1.08
2015 61 0 0 0 0 0 2 0 1 .000 362 80.0 92 9 32 2 5 68 7 0 52 49 5.51 1.55
通算:5年 286 0 0 0 0 7 6 0 20 .538 850 194.0 190 16 77 11 14 170 17 0 99 89 4.08 1.38
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 37(2011年)
  • 79(2012年 - 2013年)
  • 30(2014年 - 2015年)

脚注[編集]

  1. ^ “Five players added to Phillies 40-man roster” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Philadelphia Phillies), (2010年11月19日), http://philadelphia.phillies.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20101119&content_id=16160558&vkey=pr_phi&fext=.jsp&c_id=phi 2015年12月2日閲覧。 
  2. ^ “Phillies recall Brown and DeFratus, select Kratz, Savery and Moss from Triple-A” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Philadelphia Phillies), (2011年9月16日), http://philadelphia.phillies.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20110916&content_id=24797196&vkey=pr_phi&fext=.jsp&c_id=phi 2015年12月4日閲覧。 
  3. ^ Scores for Sep 18, 2011” (英語). ESPN (2011年9月18日). 2015年12月4日閲覧。
  4. ^ Scores for Sep 28, 2011” (英語). ESPN (2011年9月28日). 2015年12月4日閲覧。
  5. ^ “Phillies finalize Opening Day roster” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Philadelphia Phillies), (2012年4月3日), http://m.phillies.mlb.com/news/article/27892134 2015年12月4日閲覧。 
  6. ^ “Phillies announce roster moves” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Philadelphia Phillies), (2012年5月11日), http://m.phillies.mlb.com/news/article/30964070 2015年12月4日閲覧。 
  7. ^ Todd Zolecki (2012年7月18日). “De Fratus activated from DL, sent to Triple-A” (英語). MLB.com. 2015年12月4日閲覧。
  8. ^ Todd Zolecki (2012年9月2日). “Callups De Fratus, Diekman bolster bullpen” (英語). MLB.com. 2015年12月4日閲覧。
  9. ^ Barry M. Bloom (2013年5月11日). “Phillies option Cloyd, call up De Fratus for bullpen” (英語). MLB.com. 2015年12月4日閲覧。
  10. ^ Todd Zolecki (2014年4月13日). “De Fratus optioned as Phils call up fresh bullpen arm” (英語). MLB.com. 2015年12月4日閲覧。
  11. ^ Todd Zolecki (2014年5月25日). “Ailing hamstring puts Asche on 15-day DL” (英語). MLB.com. 2015年12月4日閲覧。
  12. ^ Chuck Hixson (2015年10月8日). “The Phillies outrighted Justin De Fratus and six other players” (英語). Scout. http://www.scout.com/mlb/phillies/story/1597047-de-fratus-six-others-cut-by-phillies 2015年10月13日閲覧。 
  13. ^ Greg Johns (2015年12月2日). “Mariners ink De Fratus to one-year deal” (英語). MLB.com. 2015年12月4日閲覧。
  14. ^ Greg Johns (2016年3月16日). “Reliever De Fratus released by Mariners” (英語). MLB.com. 2016年3月17日閲覧。
  15. ^ “Justin De Fratus: Signs minor league deal with Mariners” (英語). CBS Sports FANTASY. RotoWire Staff (CBS Interactive). (2016年3月18日). http://www.cbssports.com/fantasy/baseball/news/justin-de-fratus-signs-minor-league-deal-with-mariners/ 2016年3月19日閲覧。 
  16. ^ Johns, Greg (2016年6月11日). “Reliever De Fratus dealt to Rangers”. Major League Baseball. 2017年3月2日閲覧。
  17. ^ a b c d MLB公式プロフィール参照。2017年5月12日閲覧。
  18. ^ Matt Eddy (2017年3月29日). “MINOR LEAGUE TRANSACTIONS: MARCH 18-24”. Baseball America. 2017年5月12日閲覧。
  19. ^ “Justin De Fratus' Contract Purchased by Mariners” (英語). Atlantic League.com. (2017年5月9日). http://www.atlanticleague.com/about/press-releases/?article_id=770 2017年5月12日閲覧。 

関連項目[編集]